札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

シンボルマーク

雪の結晶、自然の循環をモチーフにして作成されたシンボルマークのご紹介です。

札幌市立大学ロゴイメージ画

本学のロゴは、英国のクリエイティブグループとして著名なtomatoのメンバーであるジョン・ワーウィッカー(John Warwicker) 氏によってデザインされました。 札幌の雪の結晶をモチーフに、自然の循環が育む豊かな教育環境が、雪、水、空、大地の循環と連動して表現されています。本ロゴは、固定化したシンボルではなく、多様な媒体の特性によって、動的に変化する柔軟なロゴとなります。

雪は水となり、そして水は大地に豊かな恵みをもたらします。この持続可能な環境が、教育環境と重なり、可能性のエネルギーとしての札幌の自然、教育環境の素晴らしさを明示します。雪片に始まり、水と豊かな大地、優れた教育環境、学び育つ学生、そしてその成果としての学生たち「結実」という循環を表現しています。

札幌という地域に育まれ、地域に貢献する循環の意味、そうした願いも込められています。