札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

公開講座報告

公開講座の実施結果をご報告します。

公開講座報告

中島秀之(札幌市立大学学長)の公開講座「最先端研究者が語る人工知能の現状」を札幌市立大学SCU-TVで公開いたしました。

7月3日(火)に開催した中島秀之(札幌市立大学学長)の公開講座「最先端研究者が語る人工知能の現状」を札幌市立大学SCU-TVで公開いたしました。

公開講座報告

中島新学長が公開講座「AI入門 –私たちの暮らしはどう変わるのだろう?-」を講演しました。

4月に着任した中島 秀之 新学長が、AI(人工知能)をテーマに、約60名の市民を前に講演しました。
講演の中では、AIには得意分野ばかりでなくできないことがあることや、ITとAIを活用することによって、従来では実現不可能であった効率のよい社会システムが実現できる可能性があること、そのためにも私たち人間の想像力が大事であるとの説明がありました。

7月3日(火)にも松原 仁 氏(公立はこだて未来大学 教授)及び松尾 豊 氏(東京大学 特任准教授)、中島学長の3名による人工知能をテーマとした鼎談を予定しています。

公開講座報告

市民と共につくる看護学教育―看護教育における模擬患者参加型演習―

9月21日(木)に、公開講座「市民と共につくる看護学教育―看護教育における模擬患者参加型演習―」を実施しました。
札幌市立大学サテライトキャンパスにて、札幌市立大学看護学部で取り入れている模擬患者参加型演習について、その効果と模擬患者さんの活動を報告し、新しい模擬患者さん候補を募集しました。10名の参加がありました。
講義内容は、「市民と共につくる看護学教育―看護教育における模擬患者参加型演習―」の他、実際の模擬患者さんからの活動状況についてお話がありました。

公開講座報告

公開講座子ども向け遊びイベント「わくわくひろがる 星の子たんけんたい」を実施しました。

札幌市立大学公開講座として、2017年7月30日(日)、エスタ11階プラニスホール及び屋上そらのガーデンにて、子ども向け遊びイベントを実施しました。
会場には「星」をテーマに、頭と心と体を連動させる数種類の遊びを用意しました。室内には、星に見立てた、たくさんの風船を入れたお星さまプールや、蛍光塗料で様々な模様をつけ暗闇で光りながら回る風車の遊び場などを設けました。屋外には、自分で作った流れ星を追ってガーデンを走りまわったり、キラキラした大きな袋に風を集めて大きな惑星を作ったりする遊び場を設けました。当日は大変お天気も良く、多くの子どもたちやその家族が遊びに来てくれました。一人で集中して繰り返し遊んだり、友達や学生スタッフと協力しながら遊んだりと、様々な楽しみ方が見られました。私たちにとっても参加者と交流するとてもよい機会となりました。

  • ◎対象者:3歳から小学生以下の子どもとその保護者
  • ◎参加者数:246名(子ども146名、保護者100名)
  • ◎参加学生
    •  デザイン研究科1年:吉田傑さん
    •  デザイン学部4年:瓜生愛里さん、横井麻似さん、横田千尋さん
    •  同3年:徳永萌さん、仁藤紘子さん、
    •  同2年:荒谷祐衣さん、小林絵里香さん、佐々木のぞみさん、佐竹希里さん、高橋真由さん、宮浦志穂さん、吉岡優さん
    •  同1年:猪股祐衣さん、瓜生航輝さん、江口怜南さん、木村はるなさん、近藤菜緒さん、佐藤あみかさん、佐藤花映さん、佐藤雄大さん、寺西健太さん、成田陽香さん、梁瀨えりかさん
    •  看護学部1年:中山亜美さん、長江侑美さん、播磨菜々穂さん