札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

産学連携事業活動報告

新着情報

「北洋銀行ものづくりテクノフェア 2018」に出展しました!

2018年7月26日(木)、札幌市白石区の「アクセスサッポロ」で開催された「北洋銀行ものづくりテクノフェア2018」に出展しました。
このイベントは優れた技術的・製品を有する企業、大学、支援機関等が一堂に会し、販路拡大や企業間連携の促進、情報交換、技術交流を通じて、 “北海道のものづくり産業の振興”をより一層推進することを目的に開催されるものです。今回は道内外から238社・団体が出展し、約4,800名の来場があり、情報交換等が活発に行われました(出展・来場ともに過去最多)。
本学からは、デザイン学部・矢久保助教の指導のもと、デザイン学部学生・上山朝史さん(4年生)、高橋清伽さん(4年生)、田島奈々さん(2年生)が、小樽の老舗ゴム長靴メーカー(株)ミツウマと連携して、ゴム製品観光土産の開発プロジェクト「おじさんハンコ」を提案しました。これは北海道のマイナー地域で活躍する名物おじさんの顔写真をゴムスタンプにした「おじさんハンコ」を制作し、商品化によって地域活性化を図るものです。

主催/北洋銀行
http://hokuyo-monotec.jp/
(札幌市立大学公式サイト外にリンクします)

学生の活動

株式会社AIRDO 就航20周年ステッカー第2弾の配布がはじまります!

今年就航20周年を迎える株式会社AIRDOから依頼を受け、本学デザイン学部生とAIRDO社員が協働してデザイン制作をした“「叶える翼」ステッカー”の第2弾の配布が8月からはじまります。
ステッカーデザインの企画を提案したAIRDO社員とともに「叶える翼」に込めた思いからデザイン学部の学生8名がデザイン制作をしました。提案されたデザイン案の中から四季にそって4点が選ばれ、“「叶える翼」ステッカー”として6月から順次機内等で配布されています。
8月からその第2弾としてデザイン学部3年 宮浦  志穂さんがデザイン制作をしたステッカーが、AIRDOの機内等で配布されます。

  • 8月、9月配布のデザイン制作 デザイン学部3年;宮浦 志穂さん
  • 10月、11月配布のデザイン制作 デザイン学部4年;和根崎 海さん
  • 12月、1月配布のデザイン制作 デザイン研究科博士前期課程2年;倉持 歩さん
  • 指導教員:デザイン学部教授・若林 尚樹、同教授・安齋 利典

・株式会社AIRDO 「叶える翼」ステッカーデザイン制作進行中!
https://www.airdo.jp/information/20th_anniversary/index.html
(札幌市立大学サイト外にリンクします。)

学生の活動

札幌市の公用車(燃料電池自動車)のラッピングデザインに採用されました!

FCVや水素に関する普及啓発を行うために導入される、札幌市の公用車(燃料電池自動車)のラッピングデザインに本学学生の案が採用されました。デザイン学部の学生10名から12作品の提案があり、デザイン研究科の神守 優二さん、デザイン学部4年の山本 麗さん、本田 友希さんの3案が優秀賞を受賞。実車への塗装には神守さん、山本さんのデザインが採用されました。

参加学生:
  • デザイン研究科 船山 哲郎さん、神守 優二さん、坂本 文さん、河口 紘亮さん、田邊 和音さん
  • デザイン学部4年 本田 友希さん、簑島 福子さん、山本 麗さん、横山 萌さん、原 雅司さん

 

 優秀賞作品 ※画像をクリックすると拡大します

 

学生の活動

株式会社AIRDO 就航20周年ステッカーをデザインしました!

今年就航20周年を迎える株式会社AIRDO社から依頼を受け、本学デザイン学部生とAIRDO社員が協働して “「叶える翼」ステッカー”のデザイン制作を行いました。
参加を希望した学生の中から選抜された8名が、ステッカーデザインの企画を提案。AIRDO社員とともにデザインワークショップを行い、「叶える翼」に込めた思いや社員の方々の機材に対する思いからコンセプトをまとめ、それらをもとに学生がデザイン制作を行いました。提案されたデザイン案の中から四季にそって4点が選ばれ、“「叶える翼」ステッカー”として6月から順次機内等で配布される予定です。

  • 最優秀賞:デザイン学部4年・和根崎 海さん
  • 優秀賞:デザイン研究科博士前期課程2年・倉持 歩さん、デザイン学部4年・山岡 美紗希さん、同3年・宮浦 志穂さん

  • 指導教員:デザイン学部教授・若林 尚樹、同教授・安齋 利典

●株式会社AIRDO 「叶える翼」ステッカーデザイン制作進行中!
https://www.airdo.jp/information/20th_anniversary/index.html
(札幌市立大学サイト外にリンクします。)

学生の活動

三吉神社例大祭を上遠野ゼミと地域プロジェクトチームが盛り上げました!

三吉神社例大祭は札幌大通まちづくり株式会社が「地域の魅力再発見プロジェクト」の一環として企画した地域活性化事業で、本学は今年で9回目の参加でした。学生がデザインした「三吉くん」キャラクターによる展開や渡御の一員としても活動を行いました。

●指導教員:
デザイン学部教授・上遠野 敏、同助教・田島 悠史
●参加学生(16名):
  • 許栄蓉さん、徐敏さん(デザイン研究科2年)、郭鄢遠さん(研究生)
  • 秋山りなさん、村上菜緒さん、八柳友梨さん、中島未森さん(デザイン学部4年生)
  • 荒谷祐衣さん、佐々木のぞみさん、松ヶ平詩織さん、吉岡優さん、(同3年生)
  • 青山美里さん、川村冴さん、高野友夏さん、畠中彩さん、二瓶春奈さん(同1年生)

(1&3年生の参加は「地域プロジェクト」の授業の一環)

●活動内容:
お祭りガイド冊子と缶バッチデザインと配布/お子様向け三吉くんお面デザイン制作と配布/お子様向け三吉くんポストカードデザイン制作と配布/三吉くんどら焼き絵柄デザインと販売/ベロタクシーの装飾デザインと制作/協賛店のクーポン制作と配布など会場のポップや準備、清掃など

 

学生の活動

株式会社AIRDOのCIマニュアル改定に協力しました。

株式会社AIRDOより依頼を受けて、デザイン学部生及びデザイン研究科生が同社CIマニュアルの改定に協力しました。内部コミュニケーション強化のため、同社社員数名と学生のワークショップを通してAIRDO設立当時の思いをイラスト化した物語の本を制作。ロゴの生い立ちも社員と学生のワークショップから物語化し、CIマニュアルの冒頭の文書としました。また、既存マニュアルの利用状況調査を基に、設立当時のCIコンセプトを意識し、マニュアルを改定しました。

指導教員:
安齋 利典 教授、若林 尚樹 教授
参加学生:
  • 倉持 歩さん(デザイン研究科博士前期課程2年)
  • 松島 史さん、 仁藤 紘子さん、 山岡 美紗希さん(デザイン学部4年)
  • 宮浦 志穂さん(同3年)
  • 田島 奈々さん(同2年)
3つのAIRDO物語-表紙 A5版(横)
AIRDOmanual-表紙 A4版(縦)
学生の活動

デザイン学部生がユニバーサル製品開発コンペに参加しました。

一般社団法人旭川ウェルビーイング・コンソーシアムのユニバーサル製品開発支援事業に、デザイン学部生が参加しました。2~3年生8名が8デザインを提案し、コンペ形式で3名が最優秀賞、優秀賞、特別賞を受賞しました。8案全てが試作の対象となっています。

指導教員:
安齋 利典 教授、小宮 加容子 講師
参加学生:
佐々木 のぞみさん、佐竹 希里さん(3年生)
猪股 祐衣さん、江口 怜南さん、木村 はるなさん、佐藤 花映さん、園部 唯さん、田島 奈々さん(2年生)
学生の活動

「OTO TO TABI 2018」で子ども向け遊び「オトノイエ」を実施しました!

2018年3月3日(土)芸術の森で開催された「OTO TO TABI 2018」のキッズスペースとして、本学学生団体「あそびlab!オヘソ」が子ども向けの遊び「オトノイエ」を実施しました。
遊び場には2つのビニール製のドームを設け、その中には様々な異なる音、色、大きさ、素材の風船やボールをたくさん入れました。当日は約100人の子どもやその保護者が参加してくれました。ドームの中では手で風船をはじいて高く飛ばしてみたり、ボールを振って音を楽しんでみたりなど、様々な遊び方をしている様子が見られました。
さらに、遊びの中で気づいたことを楽しそうに学生スタッフに教えてくれる子どもたちも多く、改めて地域のみなさんとの交流の重要性を実感しました。

  • ●参加学生(デザイン学部)
  • 1年:猪股 祐衣さん、江口 怜南さん、木村 はるなさん、佐藤 花映さん、園部 唯さん
  • 2年:佐竹 希里さん、宮浦 志穂さん
学生の活動

株式会社イチムラによるアクティブラーニング用什器開発コンペに参加しました。

株式会社イチムラより、 本学にアクティブラーニング用什器の開発依頼が寄せられ、学生10名(9グループ)が参加しました。
選考の結果、 4作品が優秀賞、 1作品が特別賞として選出されました。

  • ●参加学生:(○が優秀賞、☆が特別賞)
  • 3年 鳥井 祐希さん、和根崎 海さん、☆藤山 秋桜さん、○ 阿部 嵐さん
  • 2年 上田 紘人さん、○ 奥山 悦司さん、斎藤 有美佳さん + 中村 詩織さん(グループ)
  • 1年 ○村中 隆誓さん、○原田 望来さん
学生の活動

3町合同 流域特産品の開発に学生が参加しました。

むかわ町、日高町、平取町の3町が合同で企画する流域特産品開発業務について、本学デザイン学部人間空間デザインコースの荒谷祐衣さん、佐々木のぞみさん、松ヶ平詩織さんの学生3名が参加協力しました。地元の方との打合せに参加して意見交換を行い、3町の特産物を活かした開発商品のパッケージデザイン、ロゴ、キャッチコピーについて提案を行いました。

    調味料パッケージ
     ロゴマーク
新着情報

2017年度SCU産学官金研究交流会を開催しました!

人間重視と地域社会への貢献を理念に掲げている札幌市立大学では、デザインと看護の分野の特色を活かした研究成果を生み出しています。
産学官金の連携強化のみならず、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングをすることを目的として、産学官金研究交流会を開催しました。
7回目を迎える今年のテーマは「ウェルネス」、「まちづくり」、「社会貢献」。学内のみならず学外からも発表者を招き、双方向の交流を目指し、今年度もポスター・展示発表を実施し、情報交換会も開催しました。多くの方にご参加いただき大変有意義な研究交流会となりました。

  • 日時:2017年11月29日(水)15:00~18:10 研究交流会(口頭発表・ポスター発表・セッション)
          〃      18:15~19:30 情報交換会
  • 会場:研究交流会 ACU大研修室1606・1605
       情報交換会 ACU多目的ラウンジ1612
      (札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16階)
  • 対象:産学官金連携に関心がある企業・行政等の関係者、技術者、研究者など
  • 発表概要:
    • 1)口頭発表
       口頭発表会場(1606)で、口頭発表のテーマを「ウェルネス」×3件(各10分)、「まちづくり」×3件(各10分)、「社会貢献」×2件(各8分)に分けて実施した。[15:10~17:00]
    • 2)ポスター・パネル等展示発表
       ポスター・展示発表会場(1605)でポスター・展示発表を行なった。[17:05~18:05(30分×2班)]
       (札幌市立大学15件・道立総合研究機構5件・中小企業家同友会4件・北洋銀行1件・札幌市南区地域振興課1件・知財NW3件:計29件)
  • 主催:SCU産学官金研究交流会実行委員会(事務局:札幌市立大学地域連携課)
  • 後援:北海道立総合研究機構、北海道中小企業家同友会、北洋銀行、北海道経済産業局、札幌市
新着情報

デザイン学部生が、株式会社メルシーとデイサービスのロゴを作成しました。

起業を予定している「株式会社メルシー」及びデイサービス「みんなの家」のロゴを、デザイン学部2年生の小熊凛さんが作成しました。この会社の起業については、本学看護学部の卒業生が参加しており、作成したロゴを活用して、富山型デイサービス・地域共生ホームの事業を始める予定です。
※富山型デイサービスとは、ひとつ屋根の下で高齢者や障がいのある方、子どもなど年齢問わず利用できる複合施設のことです。

担当教員:看護学部 村松真澄

学生の活動

もいわ地区センターにおいてロボット講習会を実施しました。

もいわ地区センターからの依頼を受け、車型ロボットのプログラミング講習会を実施し、近隣の小学校から11名の参加がありました。参加者は、初めてのプログラミングに戸惑いつつも、当日スタッフの手助けを得て、ライントレースの課題を達成しました。当日スタッフには,梅澤無線電機のご担当者様2名、本学デザイン学部人間情報デザインコース2年の川口伽耶さんのほか、近隣の中学生や高校生がボランティアとして多数ご協力いただきました。参加者は、和気あいあいと楽しく講習会にご参加いただきました。
 ※ライントレースとは、床に描いた線をロボットのセンサが読み取り、線に沿って走行することです。

学生の活動

デザイン学部生が視覚科学技術コンソーシアム10周年記念イベント用のオープニング映像を作成しました。

視覚科学技術コンソーシアム(Vision Science & Technology: VSAT)の10周年記念イベント(講演会)の開会式で使用する、オープニングムービー作成の依頼があり、デザイン学部メディアコース4年の布施晴香さんが作成した映像が、上映されました。

学生の活動

北海道遺産をPRする学生制作サイネージ番組が、道内のセイコーマート全店で放映されます

デザイン学部3年生の学生2名が、北海道遺産の取り組みをPRするサイネージ番組を制作しました。 北海道遺産は、地域の人々が誇りを持って活用・伝承していこうとする「北海道の宝物」を認定する制度です。学生たちは、北海道遺産の取り組みのユニークさに触れ、認定された遺産の多様性や意外性に着目し、主体的にサイネージ番組の制作に取り組みました。 2017年12月25日より1週間、道内のセイコーマート全店のデジタルサイネージで定期的に放映されます。是非、ご覧になってください。

制作
デザイン学部3年生 メディアデザインコース 秋山倫瑠、製品デザインコース 松岡弥生

NPO法人北海道遺産協議会様より、デザイン学部 須之内研究室に協力依頼を頂き実現しました。

その他

札幌市立大学・道総研 研究活動展『体験型知(ち)活(いき)ゼミナール』を開催しました。

札幌市立大学と道総研が連携し、地域と一緒に知(ち)を活(い)かす共同イベント「体験型 知活ゼミナール」を開催しました。今回は、様々な研究や技術支援の成果の一部を、見て触って体験できる展示等で紹介し、1,687名の方の目に触れました。

  • ○主催:地方独立行政法人北海道立総合研究機構、札幌市立大学
  • ○日時:10月28日(土)14:00~16:00
  • ○場所:紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン(札幌市中央区北5条西5丁目)

 

◇展示内容
<建築内外装材・家具>
  道総研が開発した製造技術を活用したフローリングや家具

  • ・トドマツ圧縮材フローリング
  • ・ペット共生型フローリング
  • ・シラカンバ材家具

  道総研が企業と共同で開発した建築材料

  • ・ホタテ貝殻利用外装モルタル

<木工製品>
  市立大(デザイン提案)、道総研(技術協力)、当麻かたるべの森(生産・販売)の連携により製品化した作品

  • ・しろいたねくろいたね
  • ・じゃがの芽
  • ・plugs
  • ・おかえりドア
  • ・こるくの木

<手話学習を誘引させるゲーム> 
  市立大の学生らが開発した、画面と音に合わせて手の形を作ることで健聴者が手話を学べるゲーム「サイニズム」

<インタラクティブ作品>
  市立大職員の開発した、空気入れを使用したインタラクティブ(相互作用)作品「Heart☆Full」

<観察>
  道総研が農水林産業の分野の研究で扱っている虫、プランクトン、木材を顕微鏡で観察

道総研報告リンク
http://www.hro.or.jp/info_headquarters/event/lts/scusemi2017.html
(札幌市立大学サイト外へリンクします。)

○開催予告記事 http://www.scu.ac.jp/news/33083/

協力依頼、受託研究など

道立総合研究所 林業試験場及びアルテピアッツァ美唄へ視察に行きました。

札幌市立大学×道立総合研究機構との連携事業の一環として、地域の特性に応じたみどり環境の充実を研究している「道立総合研究所  林業試験場」へ視察に行きました。
併せて地域活性化に取り組んでいる「アルテピアッツァ美唄」も視察しました。

「林業試験場」は、北海道の森林づくり並びに林業及び木材関連産業の発展に資するものとし、様々な研究活動を行っており、UAV(ドローン)を活用した森林資源情報取得技術の高度化、機能性、商品性が高い芳香性を有する樹木の香りの効果やさまざまな活用法、クローン増殖技術の開発についてなど、最新の研究をご紹介いただきました。

また、「アルテピアッツァ美唄」では、彫刻家・安田侃(かん)が今もなお創り続けている良質な施設・環境・彫刻作品をより有効に利・活用するための運営を行うとともに、地域住民が主体的に参加し、各機関と連携しながら地域の芸術文化活動の振興を図る事業や、芸術文化活動や社会教育の拠点として活用する事業をご紹介いただきました。

今後の共同研究や研究のヒントに繋がることを期待しています。

協力依頼、受託研究など

2017年度学内研究交流会を開催しました。

本学では「人間重視を根幹とした人材の育成」及び「地域社会への積極的な貢献」という教育研究上の理念のもと、「デザインと看護の連携」を目指しています。その連携を促進するためには、お互いの研究内容を理解する必要があるため、お互いの研究について情報交換をする機会を設けることにより、その交流を促進し、「地域社会への積極的な貢献」となりうる共同研究の萌芽を期待し、2017年度学内交流会を実施しました。

2017年度は、研究交流会の開催に当たり、その導入としてオープニングトークを行い、研究交流会の開催セレモニーとしました。

また、全教員がポスター・作品発表の形式で、ポスターセッションにより、意見交換の活性化を趣旨として自由に研究交流ができ活発な交流をはかることができました。

 

協力依頼、受託研究など

「北洋銀行ものづくりテクノフェア 2017」に出展しました。

7月20日(木)、札幌市白石区の「アクセスサッポロ」で開催された「北洋銀行ものづくりテクノフェア2017」に出展しました。
このイベントは“北海道のものづくり産業の振興”をより一層推進することを目的に開催され、道内外から228社・団体が出展し、約4,800名の来場され情報交換等が活発に行われました。
本学からは、デザイン学部准教授・張浦華が「配食サービスのための食器の提案」として、本格的高齢者社会の到来に備え、国として地域高齢者等の食生活を支援する手段の一つとして検討されている配色サービスについて、うつわやビュッフェなどのスタイルを提案しました。

主催/北洋銀行
http://hokuyo-monotec.jp/ (札幌市立大学公式サイト外にリンクします)

新着情報

公開講座:札幌市立大学・道総研 研究活動展『体験型 知活ゼミナール 2017』について

今年度も札幌市立大学と道総研が連携して、地域と一緒に知(ち)を活(い)かす研究活動展「体験型 知活ゼミナール2017」を開催します。ぜひご参加ください。
今年は、様々な研究や技術支援の成果の一部を、見て触って体験できる展示等で紹介します。

  • 日時:10月28日(土)14:00~16:00
  • 場所:紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン
    (札幌市中央区北5条西5丁目 sapporo55 ビル)
  • 内容:
    • 【建築内外装材・家具】
      道総研が開発した製造技術を活用したフローリングや家具、企業と共同で開発した建築材料
      ・トドマツ圧縮材フローリング・ペット共生型フローリング・シラカンバ材家具
      ・ホタテ貝殻利用外装モルタル
    • 【木工製品】
      市立大(デザイン提案)、道総研(技術協力)、当麻かたるべの森(生産・販売)の連携により製品化した作品
      ・しろいたねくろいたね・じゃがの芽・plugs など
    • 【手話学習を誘因させるゲーム】
      市立大の学生らが開発した、画面と音に合わせて手の形を作ることで健聴者が手話を学べるゲーム「サイニズム」
    • 【インタラクティブ作品】
      市立大職員の開発した、空気入れを使用したインタラクティブ(相互作用)作品「Heart☆Full」
    • 【観察】
      道総研が農水林産業の分野の研究で扱っているものを顕微鏡で観察
  • 参加費等:参加無料、事前申込み不要です。
  • 主催:北海道立総合研究機構、札幌市立大学

 

【チラシPDF:630KB】

知活ゼミナール 2017チラシ

道総研のHPセミナー関係:http://www.hro.or.jp/info_headquarters/event/lts/index.html#chiiki

地域貢献活動

けんこうフェスタ2017 inちゅうおうに参加しました。

地域連携研究センター地域連携部門では9月18日に「けんこうフェスタ2017 inちゅうおう」の開催に協力し、「妊婦体験コーナー」を出展しました。当日は台風のため、予定していたボランティアの学生が参加できないこととなり、大変残念でした。しかし、雨の中幅広い年齢層の方々に胎児モデルや新生児モデル、妊婦ジャケットなどを体験していただきました。多くの方々に妊娠・出産・育児に関心を持っていただいたと思います。

新着情報

札幌市のスポーツ関連施設で使用するフッターイラストを学生が作成しました!

札幌市の健康・スポーツ・国際交流に関する施設を管理・運営する「さっぽろ健康スポーツ財団」で使用する公式書類の下(フッター)に掲載される、スポーツ・季節・施設に関するイラスト8種類を、デザイン学部コンテンツデザインコース4年生の柴野未郷さんが作成しました。

今後、さっぽろ健康スポーツ財団で作成する公式書類などに使用される予定です。

作成されたイラスト(象徴的な札幌のオブジェクトを背景に動物達が運動している様子のイラスト)

学生の活動

誰もが一緒に楽しめる遊びワークショップを開催しました!

昨年度に引き続き、「北海道アール・ブリュット2017 in 岩見沢」にて、「あそびlab!オヘソ」が遊びワークショップを実施しました。
今回は2つの部屋を使い、「暗い部屋でのお絵かき」と「明るい部屋でのお絵かき」の遊び場を設けました。「暗い部屋でのお絵かき」では、ブラックライトで照らした暗室の中で、参加者は天井から吊るした複数の的に向けて紙テープを投げたり、紙吹雪を撒いたりします。「明るい部屋でのお絵かき」では、ガラス窓や床に、様々な色や模様のマスキングテープを自由に貼っていきます。どちらの遊びも、ひとりひとりの関わりが蓄積され、大きな作品になっていく遊びです。
多くの方と一緒に楽しむことができ、とても貴重な時間をもつことができました。

  • 実施日:2017年9月9日~10日
  • 会 場:岩見沢市民会館・文化センター「まなみーる」
  • 参加学生(デザイン学部):
  • 木村はるなさん(1年)
  • 佐竹希里さん、高橋真由さん、宮浦志穂さん(2年)
新着情報

常盤地区町内会(スマイルクラブ)の健康づくりを応援してきました!

健康づくりと介護予防を目的に町内会の主催で開催された企画に「COCまちの健康応援室」も協力しました。学生も骨密度と体組成の測定を担当し、地域の多くの皆さんの健康づくりを応援することができました。

参加学生:安田衣吹さん、和田希来里さん(看護学部1年)

学生の活動

オレンジカフェ(認知症カフェ)に学生が参加しました。

特別養護老人ホーム サン・グレイスが主催する「認知症カフェ」に看護学部4年生2名と看護学部准教授・村松が参加しました。絵手紙体験コーナーでは、利用者さんと楽しく作品を制作しました。利用者さんや地域の方、職員の皆様がおいしそうにコーヒーを飲みながら談笑していました。ボランティアを通じて沢山の方々と関わり、こちらがパワーをいただき、素敵な体験をさせていただきました。

参加学生:看護学部4年 中林朋子、宮下恵梨菜

オレンジカフェのスイーツオレンジカフェの看板
学生の活動

さっぽろ駅前保育園エントランスのデザイン提案が採用されました!

本学デザイン学部の学生が、東急百貨店札幌店内の保育園施設さっぽろ駅前保育園のエントランスにおけるデザイン画制作及び描画を行いました。テーマパークのように明るくポップな色合いと「まる」「さんかく」「しかく」のシンプルな形を基調にデザインし、子どもだけでなく、大人までも遊園地に来たようなワクワク感を楽しめるような空間を提案しました。

 ●参加学生
デザイン研究科:船山哲郎さん、神守優二さん
デザイン学部卒業生:金山小桃さん

 

学生の活動

手造通(てあるとおり)プロジェクトに協力しました!

本学デザイン学部の学生が、発寒商店街を中心に木工クラフトとデザインで地域のにぎわいを創出する「手造通プロジェクト」の拠点となる「手造通ショールーム」のインテリアデザイン及び、シンボルマークの提案を行いました。ショールームの内装はデザイン研究科の神守優二さんの案が採用され、企画・運営を行なったグランドオープンイベントには、多くの地域住民の方もご参加いただきました。

●参加学生(所属は参加当時)

  • デザイン研究科:船山哲郎さん、畠山慎吾さん、佐々木賢吾朗さん、神守優二さん
  • デザイン学部:坂元文さん、田邉和音さん、河口紘亮さん、松島弘樹さん

 

学生の活動

市立札幌病院内の壁面のデザイン提案が採用されました!

市立札幌病院より依頼を受け、週1回程度の学内打ち合わせと、2カ月に1回程度の病院スタッフとの打ち合わせを繰り返しながら、院内の数カ所の壁を想定した統一感のあるデザイン提案を行いました。コンセプトとしては、目新しいテーマであること、院内には幅広い年齢の利用者がいることから、高齢の方々にもなじみがある「和」を採用し、縁起の良いモチーフ、親しみやすく温かみのあるデザインを目指しました。加えて病院側の要望や地元の患者に配慮し、「札幌らしさ」を検討しました。その結果、テーマである和と調和するように札幌の動植物や背景に用いる風景、札幌の景観色の使用を決定しました。
第一弾として、201612月に1つ目のデザインが外来付近(1階エレベータ前)の壁に施工されました。

●参加学生(デザイン学部)

  • 3年:京谷仁美さん
  • 4年:櫻井彩乃さん、高橋千織さん
  • 卒業生:山越双葉さん、坂元文さん、白石優里華さん、菅原佳奈さん
学生の活動

学生が提案した木工製品が北海道議会図書室に展示されました!

2015年度より、本学デザイン学部と北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場と社会福祉法人当麻かたるべの森の三者が連携をし、授業課題として、かたるべの森で制作・販売をする木工製品のデザイン提案の取り組みを行ってきました。今回、この活動で提案した9名の学生の作品が、北海道議会図書室に展示されました。
既に一部の商品は販売を開始し、2016年12月には「障がい者が生産できるデザイン性の高い木製品の開発」について評価を受け、2016年度ウッドデザイン賞奨励賞を受賞しました。

●参加学生(デザイン学部):

  • 3年生:松岡弥生さん、森瑞紀さん、山岡美紗希さん
  • 4年生:桑田奈々さん、吉田香織さん
  • 卒業生:石岡葉子さん、小田部剛さん、山越双葉さん、山代修平さん

展示ポスター