札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

研究・活動報告[その他]

本学の地域連携活動における研究活動報告をまとめました。

新着情報

デザイン学部教員が建築デザイン賞「WAN world architecture news AWARD」で最優秀賞受賞!

デザイン学部准教授・山田良がロンドンを拠点とする建築デザイン賞「WAN world architecture news AWARD」にて最優秀賞を受賞しました(Category : small space)。同賞は世界から現代建築作品を公募し授与されるもので、山田良の作品は日本から唯一選ばれました。

Air Garden / 空の枯山水の画像
学生の活動

子ども向けワークショップ「この耳、だれの耳?―動物バイザーを作ろう!」を開催します!

動物の顔をモチーフにしたサンバイザータイプの組み立てキット「動物バイザー」を制作する子ども向けワークショップを開催します。
動物バイザーの制作を通して、円山動物園の動物に興味を持ってもらうとともに、「科学の目」「学びの眼差し」としての観察の楽しさや観察による気づきや発見の面白さを体験してもらうことがねらいです。
本学デザイン学部教授・若林尚樹、同講師・福田大年の研究の一環でもあるほか、「地域プロジェクト」の科目を履修している学生も動物バイザーやポスターのデザイン制作、当日のスタッフなどで参加しています。
お時間のある方はぜひお越しください!

  • 日時:2月10日(土)
       第1回 11:00~12:30(受付は12:00まで)
       第2回 13:30~15:00(受付は14:30まで)
  • 場所:札幌市円山動物園 サル山展望レスト2階
  • 対象:小学校1年生~6年生
  • 定員:50名程度×2回
  • 備考:参加自由・参加費無料

ワークショップのポスター

新着情報

2017年度SCU産学官金研究交流会を開催しました!

人間重視と地域社会への貢献を理念に掲げている札幌市立大学では、デザインと看護の分野の特色を活かした研究成果を生み出しています。
産学官金の連携強化のみならず、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングをすることを目的として、産学官金研究交流会を開催しました。
7回目を迎える今年のテーマは「ウェルネス」、「まちづくり」、「社会貢献」。学内のみならず学外からも発表者を招き、双方向の交流を目指し、今年度もポスター・展示発表を実施し、情報交換会も開催しました。多くの方にご参加いただき大変有意義な研究交流会となりました。

  • 日時:2017年11月29日(水)15:00~18:10 研究交流会(口頭発表・ポスター発表・セッション)
          〃      18:15~19:30 情報交換会
  • 会場:研究交流会 ACU大研修室1606・1605
       情報交換会 ACU多目的ラウンジ1612
      (札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16階)
  • 対象:産学官金連携に関心がある企業・行政等の関係者、技術者、研究者など
  • 発表概要:
    • 1)口頭発表
       口頭発表会場(1606)で、口頭発表のテーマを「ウェルネス」×3件(各10分)、「まちづくり」×3件(各10分)、「社会貢献」×2件(各8分)に分けて実施した。[15:10~17:00]
    • 2)ポスター・パネル等展示発表
       ポスター・展示発表会場(1605)でポスター・展示発表を行なった。[17:05~18:05(30分×2班)]
       (札幌市立大学15件・道立総合研究機構5件・中小企業家同友会4件・北洋銀行1件・札幌市南区地域振興課1件・知財NW3件:計29件)
  • 主催:SCU産学官金研究交流会実行委員会(事務局:札幌市立大学地域連携課)
  • 後援:北海道立総合研究機構、北海道中小企業家同友会、北洋銀行、北海道経済産業局、札幌市
デザイン

「札幌市立大学のアイデア展」開催!

本学のデザイン学部と看護学部の教員は、それぞれの専門性を生かしながら、まちづくりに寄与する研究や人々の暮らしに役に立つ研究などを進めています。この度、教員による様々な研究成果について、パネルや映像等によりご紹介する展示会を開催します。
皆さまぜひお立ち寄りください。

  • 日時:1月19日(金)~25日(木)11:00~18:00
       ※最終日のみ11:00~15:00
  • 場所:北海道新聞社本社1階 道新プラザ DO-BOX
       (札幌市中央区大通西3丁目)
  • 備考:入場料無料

展示会のお知らせ

協力依頼、受託研究など

道立総合研究所 林業試験場及びアルテピアッツァ美唄へ視察に行きました。

札幌市立大学×道立総合研究機構との連携事業の一環として、地域の特性に応じたみどり環境の充実を研究している「道立総合研究所  林業試験場」へ視察に行きました。
併せて地域活性化に取り組んでいる「アルテピアッツァ美唄」も視察しました。

「林業試験場」は、北海道の森林づくり並びに林業及び木材関連産業の発展に資するものとし、様々な研究活動を行っており、UAV(ドローン)を活用した森林資源情報取得技術の高度化、機能性、商品性が高い芳香性を有する樹木の香りの効果やさまざまな活用法、クローン増殖技術の開発についてなど、最新の研究をご紹介いただきました。

また、「アルテピアッツァ美唄」では、彫刻家・安田侃(かん)が今もなお創り続けている良質な施設・環境・彫刻作品をより有効に利・活用するための運営を行うとともに、地域住民が主体的に参加し、各機関と連携しながら地域の芸術文化活動の振興を図る事業や、芸術文化活動や社会教育の拠点として活用する事業をご紹介いただきました。

今後の共同研究や研究のヒントに繋がることを期待しています。

協力依頼、受託研究など

2017年度学内研究交流会を開催しました。

本学では「人間重視を根幹とした人材の育成」及び「地域社会への積極的な貢献」という教育研究上の理念のもと、「デザインと看護の連携」を目指しています。その連携を促進するためには、お互いの研究内容を理解する必要があるため、お互いの研究について情報交換をする機会を設けることにより、その交流を促進し、「地域社会への積極的な貢献」となりうる共同研究の萌芽を期待し、2017年度学内交流会を実施しました。

2017年度は、研究交流会の開催に当たり、その導入としてオープニングトークを行い、研究交流会の開催セレモニーとしました。

また、全教員がポスター・作品発表の形式で、ポスターセッションにより、意見交換の活性化を趣旨として自由に研究交流ができ活発な交流をはかることができました。

 

国際交流

日本の看護技術をモンゴルへ!~先天性股関節脱臼に関する専門技術研修の開催~

2017年7月31日(月)~8月3日(木)の日程で、モンゴル国において、同国の看護師・助産師を対象とした育児指導研修を開催しました。モンゴルでは、布おむつの伝統的な装着方法として、「乳児の手足を伸展し身体全身をぐるぐる巻く」という方法が用いられています。しかし、このような装着方法は、『先天性股関節脱臼』の原因となることが知られています。

この研修は、日本で培われてきた知見や経験に基づき、おむつの装着を含む育児方法について指導し、先天性股関節脱臼の予防を広めることを目的として開催しているもので、毎年、日本とモンゴルにおいて交互に開催し、今回で4回目となります。

今年度は、本学の看護学部教授・松浦和代と市立札幌病院の看護師の計3名が指導員として同国を訪れ、ホブド県総合病院等の看護師・助産師約30名を対象に、4日間にわたって講義・実習、ワークショップなどを行いました。

本研修は、同国の保健・スポーツ省からも高く評価され、指導内容が2015年度に国家ガイドラインとして制定されるなど、同国の医療政策に大きく貢献しています。