札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

教員の活動

教員の活動

道立総合研究所「中央水産試験場」視察について

札幌市立大学×道立総合研究機構との連携事業の一環として、北海道の水産加工を担って研究している「道立総合研究所 中央水産試験場」の視察に行きました。現在、中央水産試験場で取り組んでいるマーケティング及び本学大学とのレトルト加工技術「骨まで食べられるニシン」のネーミング・ロゴマーク開発プロジェクトについてお話しいただき、ヒラメ、ニシンなど北海道の食産業と加工技術、その他、ムール貝の養殖技術開発、実験棟で加工試験室など研究開発の現場を紹介いただきました。また、食品開発、商品化販売、ブランディングなどのデザイン、食育、病院食など食、健康、看護に係る意見交換を実施しました。今後の共同研究や研究のヒントに繋がることを期待しています。

  • ・日時:2018月9月18日(火)8:40~16:30
  • ・参加者:札幌市立大学教職員14名(デザイン学部4名、看護学部6名、事務職員4名)、道総研連携推進本部職員3名