札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

学生の活動

学生の活動

誰もが一緒に楽しむことができる遊びワークショップを開催しました!(北海道アール・ブリュット2016 in 岩見沢)

「北海道アール・ブリュット2016 in 岩見沢」企画の1つとして、デザイン学部講師 小宮加容子と学生サークルあそびlab!オヘソが遊びワークショップを実施しました。会場であるいわなびの全面ガラスで区切られた2つの部屋を使い、「けいとでおえかき」と「とうめいおえかき」の2つの遊び場を設けました。「けいとでおえかき」はネットの壁でできた空間に、自由に好きな色の毛糸を張り巡らせていく遊びです。「とうめいおえかき」は透明アクリル板の壁に専用のクレヨンでおえかきをする遊びです。どちらの遊びも、誰かがが作った作品に他の人が手を加えることで、さらに大きな作品になっていく遊びです。ひとりで集中して作品を作る参加者や、誰かと協力しながら作り上げる参加者など様々な楽しみ方が見られました。作品づくりを多くの方と一緒に行うことができ、とても貴重な時間をもつことができました。
この2つの遊びは、「ユニバーサルな参加・蓄積型の遊びワークショップ」として、2016年度キッズデザイン賞を受賞しました。

●期間:2016年11月12日~13日
●参加学生(全てデザイン学部):
森瑞紀さん(2年)
瓜生愛里さん、桑田奈々さん(3年)
石岡葉子さん、尾田ほの香さん、水石公基さん、松尾友絵さん、吉田傑さん(4年)