札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

学生の活動

学生の活動

「ACU/アキュまなびシェアキッズワークショップ2017」に参加しました。

今年で3回目の開催となる「ACU まなびシェア キッズワークショップ2017」に、今回も本学看護学部教員と院生が下記のとおり参加しました。本学は、ワークショップ「小児看護師の仕事にチャレンジ!」とし、看護師の体験を行いました。今回は1コマあたり参加費500円を集めさせていただき、その回収金を子供を対象とする支援先に寄付を行うチャリティーイベントとして地域貢献を目指したイベントになりました。

   記

  • 開催日時:2017年11月23日(祝・木)
  • 開催場所:ACU(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45)
  • 開催内容:こども(小学校l年生から6年生)対象のワークショップ・イベントの実施「小児看護師の仕事にチャレンジ!」
    • 1.切り傷や打ち身の手当て
    • 2.けがをした人を安全にはこぶ方法
  • ・担当:本学看護学部 小児看護学領域教員 教授・松浦和代、講師・三上智子
        本学大学院看護学研究科生 石塚直子
  • ・内容:親子1組とし、参加者は1限目7組、2限目11組、3限目10組、4限目8組の合計36組の方にご参加いただきました。参加者の皆さんは授業に集中して真剣に取り組んでおり、「切り傷や打ち身の手当て」では、まず子どもに赤いテープを好きな場所に貼ってもらい、それをキズに見立てて、保護者と一緒に手当てを実施してもらいました。また、「けがをした人を安全にはこぶ方法」では、2~4名でモデル人形や子どもを移送した。息の合ったチームワークが予想以上に大きな力を生むことを体験しました。多くのこどもたちの笑顔を見ることができました。道内のこどもたちに向けて、本州に負けない小児看護師の仕事について、知的体験・経験知を向上するというコンセプトのもと、学びの知的体験・経験の場を提供できました。