札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

学生関連

地域貢献活動

ACUまなびシェア「北海道150年」キッズワークショップ2018 に参加しました!

ACUまなびシェア「北海道150年」キッズワークショップに本学の看護学部准教授・三上智子、デザイン学部講師・小宮加容子、学生団体「あそびlab!オヘソ」の学生が参加しました。

 

○小児看護師の仕事にチャレンジ!

  • ・赤ちゃんのオムツをとりかえてみよう。
  • ・もし赤ちゃんがウンチをしていたら!ここを観察してください。
  • ・ウンチから発見できるこんな病気・あんな病気。

おむつ交換の留意点や便から発見できる病気等についてスライドを使って説明し、その後、1人1回のオムツ交換を実践しました。子どもたちは集中して真剣に取り組んでおり、特に、オムツ交換では模擬便を使用したため、実際に便をした赤ちゃんのオムツ交換をするように慎重にお尻を拭いたり身体を横に向けたりしていました。

  • ◎担当:看護学部准教授・三上智子
  • ◎参加者数:23組(小学生23名、幼児1名、保護者26名の計50名)

 

○「北海道」をイメージしながらマーブル模様を描き、うちわ作り
「北海道150年」にちなみ、北海道の名産品や名所、北海道をイメージしたオリジナルうちわづくりを行いました。うちわの色付けには、水の上に絵の具を浮かべて模様を作るマーブリング技法を用いました。当日は多くの子どもたちやその家族が参加し、それぞれの「北海道」をイメージしながらマーブル模様を描き、うちわ作りを楽しみました。学生にとっても多くの子ども達と交流する、とてもよい機会となりました。

  • ◎担当:デザイン学部講師・小宮加容子、学生団体「あそびlab!オヘソ」の学生7名
  • ◎本学参加学生:
      デザイン学部3年:佐竹希里さん
      デザイン学部2年:木村はるなさん、佐藤花映さん、園部唯さん、猪股祐衣さん、大山ひとみさん、小林万莉果さん
  • ◎参加者数:小学生34名