札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

矢部 和夫の顔写真

矢部 和夫ヤベ カズオ

所属
デザイン学部(空間デザイン)
職位
教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

北海道大学大学院、環境科学研究科博士課程修了(1988)
道立高校教員を経て1996年より札幌市立高等専門学校へ

教育活動担当科目
学部:「デザイン研究法(人間空間)」「人間空間デザイン論」「環境を考える」「エコロジーデザイン論」「環境計画論」「総合実習」「博物館概論」「博物館実習」「学部連携演習」、大学院:「人間空間デザイン研究法」「デザイン研究法」「地域環境評価特論」「横断型連携特別演習」
研究活動
  • 生物多様性の保全(湿原の構造と機能およびその保全、ビオトープ創出)
  • (1)Factors controlling changes in the aquatic macrophyte communities from 1984 to 2009 in a pond in the cool-temperate zone of Japan、Sakurai Y, Yabe K and Katagiri K, Limnology 18: 153-166, 2017.
  • (2) 湿地とは. 矢部和夫.「湿地への招待 ~ウエットランド北海道」(北海道ラムサールネットワーク 編), 10-23, 北海道新聞社, 2014年9月.
  • (3) ビオトープの造成と管理. 矢部和夫, 「まちづくりのための 北のガーデニングボランティア ハンドブック」(公益財団法人 札幌市公園緑化協会編), 152-155, 北海道大学出版会, 2014年6月.
  • (4) 札幌市市街地の2つの分断林における草本種の絶滅と移入の過程. 松田岳士, 矢部和夫 札幌市立大学研究論文集, 8: 81-92, 2014.
  • (5) Phytometric assessment of alder seedling establishment in fen and bog: implications for forest expansion mechanisms in mire ecosystems, Nakamura T, Uemura S, Yabe K, Yamada H, Plant Soil, 369, 365-375, 2013.
  • (6) Effects of snow load and shading by vascular plants on the vertical growth of hummocks formed by Sphagnum papillosum in a mire of northern Japan. Yazaki T, Yabe K, Plant Ecology, 213: 1055-1067, 2012.
  • (7) 水位及び,表層水の酸性度と電気伝導度の季節変動を考慮したフェンの分布に対する影響の評価, 永井雄基・矢部和夫・矢崎友嗣, 札幌市立大学研究論文集,6: 71-79, 2012.
  • (8)Variations in the nitrogen isotope abundance of foliage in a tropical evergreen species (Combretocarpus rotundatus) relative to leaf position and habitat,Takatoshi Nakamura T.,Yabe K, Matsubara T, Osaki M, TROPICS, 21: 119-126, 2012.
  • (9) 寒冷気候が育んだ植生. 矢部和夫,「北海道の気象と農業」(日本農業気象学会北海道支部編著), 100-105, 北海道新聞社, 2012年11月

所属学会
日本生態学会、日本造園学会、応用生態工学会、日本陸水学会、日本湿地学会、北海道自然保護協会

受賞
第6回尾瀬賞受賞 (2002)
専門分野キーワード
生物多様性保全、湿原再生、ビオトープ、山野草、緑化
地域貢献・社会活動
  • 下流幌向地区自然再生ワークショップ座長 札幌開発建設部
  • 環境省自然環境保全基礎調査の植生調査検討委員 環境省 
  • 千歳川遊水地の利活用に関する勉強会委員 国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部
  • タンチョウも住めるまちづくり検討協議会 生息環境専門部会メンバー 札幌開発建設部
  • 美々川・ウトナイ湖自然再生ワーキング委員 北海道
  • 円山動物園の森協議会委員 札幌市円山動物園
  • 平岡公園はらっぱ会議委員 札幌市緑化推進部他
  • 成東・東金食虫植物群落検討委員会作業部会委員 山武市教育委員会
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
農地からの養分・塩類負荷がボッグのミズゴケ類の生育に及ぼす影響の解析 科学研究費 基盤研究C(2016-2018) 研究代表者
主要な講演演題市民向、学術的等
幌向再生(石狩川下流幌向地区自然再生)事業の進捗と展望 宮島沼研究発表会2016
将来計画
北海道の湿原の地理的変異とその成立機構の解明を行い、地域ごとの自然環境の保全活動に生かしていく。

Profile

Kazuo YABE's photograph of face

Kazuo YABE

School
School of Design
Graduate School of Design
Status
Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

1987 received a Ph.D. from the Hokkaido University.
1996-2006 lecturer and, then,
associate professor at the Sapporo School of the Arts
2006 Associate Professor of Sapporo City University
2007 Professor of the university

Research Activities
Main Research Feld
  • 1) Study for management and conservation of plant communities in wetlands.
  • 2) Re-creation of wild flower‘s habitats in parks of cities.

Papers
  • Katagiri K., Yabe K., Nakamura F. and Sakurai Y. 2011. Factors controlling the distribution of aquatic macrophyte communities with special reference to the rapid expansion of a semi-emergent Phalaris arundinacea L. in Bibi River, Hokkaido, northern Japan. Limnology, 12 :175-185.
  • Yabe K. and Nakamura T. 2010. Assessment of flora, plant communities and hydrochemical conditions for adaptive management of a small artificial wetland made in a park of a cool-temperate city.. Landscape and Ecological Engineering,6:201-210
  • Yazaki T., Urano S. and Yabe K. 2010. Fog deposition measurement in a wetland developed at a flat terrain in the Pacific coast of eastern Hokkaido, northern Japan. Journal of Agricultural Meteorology, 66 (1): 57-61

Society Activities
Ecological Society of Japan, Japanese Institute of Landscape Architecture, Ecology and Civil Engineering Society, The Japanese Society of LIMNOLOGY,  Japan Wetlands Society

Award
Mechanism of community establishment in mires and conservation of their communities
Oze Prise (6th) 2002. The Oze Preservation Foundation.
Research Specific Key Words
Biotope, Conservation, Ecology and Civil Engineering, Landscape Design, Wetland Ecology,