札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

松永 康佑の顔写真

松永 康佑マツナガ コウスケ

所属
デザイン学部
職位
講師
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

1978年横浜生まれ、九州芸術工科大学卒
2013年九州大学大学院芸術工学研究科芸術工学専攻博士後期課程修了、博士(芸術工学)
2006年から2013年まで九州大学テクニカルスタッフ、学術研究員を経て、2014年より現職。

教育活動担当科目
コンピュータ基礎実習2A、デザイン総合実習2、コンピュータグラフィックス、コンテンツデザイン論、学部連携演習、卒業研究
研究活動
口頭発表
  • ・位置センサを用いた多人数参加型パズルゲーム「Masstang」(2014.3)

主要論文
  • ・Physical Modeling of Breast Movement Based on Motion Data.
     Simulation of Woman's Breast Moving Using mass-spring Model.(2011)

所属学会
  • ・デザイン学会、ADADA学会
  • ・ACM SIGGRAPH

受賞歴
  • ・アジアデジタルアート大賞優秀賞(H.13)
  • ・エンターブレインゲームコンテスト入賞(H.13)
  • ・Docomo九州iαppliコンテスト優秀賞(H.16)
  • ・学生CGコンテスト優秀賞(H.11 / H.12 / H.13 / H.15)

競争的資金
  • ・科研費「バネモデルによるしなやかさをもった魅力ある仮想身体モデル生成についての研究」
    A study of virtual human soft body based on mass-spring model
    研究課題番号:20700092、若手研究(B)、2008年度~2009年度
  • ・科研費「正方小型紙マーカを用いた高精細な人体表皮運動の計測に関する研究」
    A Study on Measurement of human body movement using small square oner markers
    研究課題番号:22700102、若手研究(B)、2010年度~2011年度
  • ・科研費「仮想身体における筋肉の隆起と揺れ表現のための全身筋電計開発に関する研究」
    研究課題番号:25330435、基盤研究(C)、2013年度~2015年度
専門分野キーワード
コンピュータグラフィックス、仮想身体、インタラクティブアート、ゲーム
将来計画
先端的な技術を使いこなし、プログラミングなどの論理的な思考に基づいた芸術的表現手法についての教育を行います。また、物理シミュレーションモデルによる身体表現を追求し、より自然な動きをする身体表現モデルを提案します。

Profile

Kosuke MATSUNAGA's photograph of face

Kosuke MATSUNAGA

School
School of Design
Status
Senior Assistant Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Degree
2013 Doctor (Institute of Design) Kyushu University

Research Specific Key Words
Computer Graphics,Virtual Human Body, Interactive Art, Game