札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

石井 雅博の顔写真

石井 雅博イシイ マサヒロ

所属
デザイン学部
職位
教授/デザイン研究科長 
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

1967年生。1995年東京工業大学大学院博士後期課程修了。York University, Centre for Vision Research, Postdoctoral Fellow、東京工業大学精密工学研究所・助手、富山大学大学院理工学研究部准教授などを経て、現職。博士(工学)。

教育活動担当科目
プログラミング、バーチャルリアリティ
研究活動
  • 立体視とキャストシャドーの提示がVR空間におけるPick-and-Place Taskに与える影響、光学、2008
  • 3自由度力覚ディスプレイのための面型ポインタの研究、電子情報通信学会論文誌、2008
  • Effect of a disparity pattern on the perception of direction: Non-retinal information masks retinal information, Masahiro Ishii, Vision Research, 2009
  • The effect of vertical angular subtense on perception of slant from horizontal size disparity, Masahiro Ishii, Optical Review, 2009
  • 画像の極値点情報に基づく誘目領域の推定、映像情報メディア学会誌、2010
  • 移動軌跡解析による動物体の有生性推定、2011
  • 移動物体の重心軌跡解析による生物・無生物判別、鈴木一輝、石井雅博、映像情報メディア学会年次大会(2009) 優秀発表賞
専門分野キーワード
デザイン心理学、視覚の心理物理学、3次元空間の認知、視覚色彩心理学、画像処理、バーチャルリアリティ、視覚と行動、眼球運動、インタラクション、コンピュータ・サイエンス、ニューラルネットワーク、立体視、脳計測、など

視覚心理学、人間情報処理、立体視、実験心理学
地域貢献・社会活動
  • 2002 2nd Asian Conference on Vision, Program Committee
  • 2002- 日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究会委員
  • 2007- 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会委員
  • 2007-2008 電子情報通信学会北陸支部委員
  • 2007-2009 日本学術振興会科学研究費委員会委員
  • 2009-2010 情報処理学会北陸支部役員
  • 2010 International Multisensory Research Forum 2011, Science Committee
  • 2010- 日本視覚学会世話人
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
  • 2003-2004身体動作に含まれるユーザの感情の推定に関する研究(科学研究費補助金)
  • 2005-2006動作の関節点群表現による人間-機械間エモーショナルコミュニケーションの実現(科学研究費補助金)
  • 2009- 知覚中心ヒューマンインターフェースの開発(科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業、研究分担)
主要な講演演題市民向、学術的等
「心理実験の方法」「人間の五感に関する話」「錯覚の話」「ヒューマンインターフェースの話」
将来計画
良いデザインを実現するには、受け手である人間のことを熟知する必要があります。これまでの研究経験を基礎として、脳における情報処理機構の解明に取り組み、さらにその応用として、デザインにおける科学的アプローチに取り組みたいと考えています。

Profile

Masahiro ISHII's photograph of face

Masahiro ISHII

School
School of Design
Graduate School of Design
Status
Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

  • Ph.D. Tokyo Institute of Technology, 1995
  • 1995-1997 Postdoctoral Fellow, York University
  • 1997-2000 Research Associate, Tokyo Institute of Technology
  • 2000-2012 Associate Professor, University of Toyama
  • 2012- Professor, Sapporo City University

Research Activities
  • 3D flash lag illusion, Vision Research, 2004.
  • Effect of a disparity pattern on the perception of direction: Non-retinal information masks retinal information, Vision Research, 2009.
  • The effect of vertical angular subtense on perception of slant from horizontal size disparity, Optical Review, 2009.
  • Vergence, pin interval, and the double-nail illusion, Journal of Vision, 2011.
  • Percept of shape distortion induced by binocular disparity and motion parallax, Journal of Vision, 2010.
  • Binocular disparity as a cue to perceive direction, Journal of Vision, 2009.
  • Binocular advantage on percept of continuous motion, Perception, 2010.
  • Depth percept from horizontal and vertical motion parallax by to-and-fro head motion, Perception, 2010.
Research Specific Key Words
Design Psychology, Visual Psychophysics, Human space perception, Visual psychology, Image Processing, Virtual Reality, Vision and Action, Eye movements, Human Computer Interaction, Computer Science, Neural Network, 3D vision, Brain measurement, etc.