札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

古都 昌子の顔写真

古都 昌子フルイチ マサコ

所属
看護学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

学歴

  • 鳥取大学大学院医学系研究科修士課程修了 修士(保健学)
  • 東京女子医科大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程修了 博士(看護学)

職歴
  • 米子医療センター(鳥取県)臨床看護師
  • 米子(鳥取県)、松江(島根県)の国立病院機構附属看護学校専任教員
  • 国立病院機構本部医療部看護大学・大学院開設準備室教育専門職
  • 東京医療保健大学東が丘看護学部看護学科准教授
  • 岡山医療センター附属岡山看護助産学校看護学科教育主事
  • 2014.4より札幌市立大学看護学部准教授

教育活動担当科目
看護学部
看護過程論、看護教育学、医療安全管理論、看護倫理学、援助的人間関係論、基礎看護学臨地実習1 2、卒業研究など

大学院
看護倫理学特論、看護コンサルテーション特論、継続教育特論など
研究活動
主要論文
  • 1)看護学生の医療安全観を高めるための授業の検討-法的根拠に基づいた学びの効果から-(2006)
  • 2)看護学生の自己効力感を高める人的実習環境の分析(修士論文)(2007)
  • 3)人間存在を尊重した看護実践を顕在化させたカリキュラム開発(2008)
  • 4)看護基礎教育の臨床実習に関する過去5年間の研究タイプの概観(2012)
  • 5)看護基礎教育における医療安全観を高める教育方法の検討
    -日常生活におけるエラーから振り返るリスク認知とリスク感性- (2013)

看護基礎教育の学生理解、カリキュラム開発につながる研究、看護職の生涯発達に関連した研究に取り組んでいる。

所属学会
日本看護科学学会、日本看護学教育学会、日本看護管理学会、東京女子医科大学看護学会、日本医療マネジメント学会、日本医学看護学教育学会
専門分野キーワード
看護職生涯発達学、継続教育、コミュニケーション、医療安全
地域貢献・社会活動
地域において青年期の段階での職業選択を考える支援となる活動に努めたいと考えている。
主要な講演演題市民向、学術的等
「看護職として生きるって」、「学生の思考と感性を育む臨地実習指導」「振り返ろう!日頃のコミュニケーション」
将来計画
今後の看護職として未来に向かう学生を生涯発達していく存在であり、看護職の一員として、
その生涯発達につながるカリキュラムおよび教育プログラムの検討に取り組みたい。
また、看護職の発達段階に応じた支援が提供できるように臨床の現実をふまえて、看護基礎教育と現場の継続教育をつなげる創造的な取り組みに努力したいと考えている。

Profile

Masako FURUICHI's photograph of face

Masako FURUICHI

School
<ul>
<li>School of Nursing</li>
<li>Graduate School of Nursing</li>
</ul>
Status
Associate Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Degree

  • 2014 Ph.D. (Nursing) ,Tokyo Women's Medical University

Educational Background
  • 2007 Graduated Master Course at Graduate School of Health Sciences,Tottori University
  • 2014 Graduated Doctral Course at Graduate School of Nursing , Tokyo Women's Medical University

Work Experience
  • 1982-1998 Yonago medical center (Tottori Prefecture)

Educational Experience
  • 1999-2007 Nursing School of National Hospital Organization in Yonago, Matsue ,Okayama
  • 2008-2009 Nursing faculty development administration
    Establishment preparations room of Nursing University and Graduate school of Nursing at Headquarters of National Hospital Organization
  • 2010-2012 Associate Professor, Tokyo Healthcare University Faculty of Nursing,Graduate school of Nursing at Higashigaoka
  • 2013 Educational director, Nursing School of National Hospital
    Organization in Okayama
  • 2014 Associate Professor, Sapporo City University

Research Activities
Selected research
  • 1)Examination of the lesson for raising view of medical safety management :based on ebidence of law(2006)
  • 2) Analysis of the human environment in clinical practice of nursing which raises a student nurse's self-efficacy(2007)
  • 3) Curriculum development which actualized the nursing practice which respected the human being(2008)
  • 4)Survey of clinical practice of nursing science education in our country: Literature review over the last five years(2012)
  • 5) Examination of the education for raising view of medical safety management: risk cognition and risk sensitivity of turning round from the error in life(2013)

Academic Social Activities
Japan Academy of Nursing Science, Japan Academy of Nursing Education, Academy of Nursing Administration and Policies, The Nursing Research Colloquium of Tokyo Womens Medical University, The Japan Society for Health Care Management
Research Specific Key Words
Life long Development for Nurses, Continuing Professional Development Communication, Medical Safety Management