札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

御厩 美登里の顔写真

御厩 美登里ミマヤ ミドリ

所属
看護学部
職位
助教
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

岡山県生まれ

学歴
2002年 北海道医療大学 看護福祉学部 看護学科 卒業
2013年 北海道医療大学大学院 看護福祉学研究科 看護学専攻 地域・在宅看護領域 修了 
修士(看護学)

職歴

  • 岡山県内の総合病院で病棟看護師として勤務後、東京都内の訪問看護ステーションで約5年間勤務。
  • 大学院進学後、北海道総合在宅ケア事業団当別訪問看護ステーションに、非常勤訪問看護師として1年間勤務。

教育暦
  • 2013年 札幌市立大学看護学部 助手
  • 2016年 より現職

教育活動担当科目
在宅看護援助論、在宅看護技術論、在宅看護学臨地実習、基礎看護学臨地実習12、成人看護学臨地実習1、スタートアップ演習、卒業研究
研究活動
主要論文
  • 1)訪問看護におけるスタッフ教育に関する文献的考察
    北海道医療大学看護福祉学部学会誌,10(1),49-55.2014
  • 2)訪問看護師の職務継続意向に関連する要因
  • -同僚間コミュニケーションと関連職種とのコミュニケーションに焦点をあてて-
    日本地域看護学会誌,17(1),32-39.2014
  • 3)訪問看護師の職務継続意向に関連する要因
    -個人属性と働く喜びに焦点をあてて-
    日本在宅ケア学会誌,18(2),37-45.2015
  • 4)在宅死を可能にするための在宅ケア基盤づくりの方略
    ‐フィンランドと日本の比較検討に向けての2014年度基礎調査
    地域ケアリング,17(6),p42-46.2016.(共著)
  • 5)訪問看護師の職務継続意向に関連する要因
    -訪問看護特有の職場環境に焦点をあてて-
    日本地域看護学会誌,19(2),66-73.2016

所属学会
日本在宅ケア学会、日本地域看護学会、北海道医療大学看護福祉学部学会、北海道公衆衛生学会、日本看護科学学会、日本看護教育学会、日本看護管理学会
専門分野キーワード
在宅看護、訪問看護、職務継続、職場環境、在宅での看取り
将来計画
訪問看護師が支えあい、育ちあうことのできる職場環境づくりに役立つ研究を行っていきたいと考えています。

Profile

Midori MIMAYA's photograph of face

Midori MIMAYA

School
School of Nursing
Status
Assistant Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Health Sciences University of Hokkaido, Graduate School of Nursing and Social Services - MS in Nursing

Professional Experience

  • 2016- Assistant Professor, Sapporo City University
  • 2013-Research Associate, Sapporo City University
  • 2012-2013 Visiting Nurse in Hokkaido
  • 2006-2010 Visiting Nurse in Tokyo

Research Activities
  • ・Factors associated with intention to continue job of visiting nurse.
  • ・Factors associated with facilitation of dying at home.
Research Specific Key Words
home nursing, visiting nurse, job continuity, communication, work environment