札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

山田 信博の顔写真

山田 信博ヤマダ ノブヒロ

所属
デザイン学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

藤の家建築設計事務所 勤務
山田信博建築設計事務所 設立
2014年 大阪市立大学大学院 生活科学研究科後期博士課程修了
2016年 札幌市立大学 准教授
博士(学術)、一級建築士

教育活動担当科目
学部
人間空間デザイン論 , 表現基礎(製図), スタートアップ演習 , 3DCG(建築), 建築計画論 , 学部連携演習 , デザイン総合実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ , 卒業研究

大学院博士前期
建築計画特論 , デザイン特別演習 , 特別研究

大学院博士後期
人間空間デザイン特講 , 横断型連携特別演習 , 博士デザイン特別演習 , 博士特別研究
研究活動
主要論文
  • 公営住宅におけるグループホーム等の使用に関する研究 日本建築学会計画系論文集 Vol.75 No.650 2010年
  • 大阪府営住宅におけるグループホーム及びケアホームの使用に関する研究
  • 日本建築学会計画系論文集 Vol.77 No.679 2012年
  • 公営住宅を活用した高齢者自立支援拠点に関する研究 日本建築学会計画系論文集 Vol.78 No.687 2013年
  • 公営住宅の福祉的利活用に関する研究 博士論文 大阪市立大学 2014年
  • 公営住宅を活用した地域支援活動拠点に関する研究 住総研研究論文集 No.41 2015年

所属学会
日本建築学会、日本居住福祉学会

受賞
2014年度日本建築学会「奨励賞」
第10回都市住宅学会博士論文コンテスト「優秀賞」
専門分野キーワード
建築設計、居住計画、リノベーション、既存ストック活用
主要な講演演題市民向、学術的等
公営住宅の福祉的利活用
将来計画
建築設計を中心とした教育活動
空き施設の福祉活用、地域再生をテーマとした研究活動
札幌市内における地域連携活動

Profile

Nobuhiro YAMADA's photograph of face

Nobuhiro YAMADA

School
Spatial Design
Status
Associate Professor
Profile

Fujinoya Architectural Design Office
Yamada Nobuhiro Architectural Design Office
2014 Osaka City University, Graduate School of Human Life Science, Doctoral Degree Program
2016 Sapporo City University, Associate Professor
Ph.D. (Philosophy), Architect

Research Activities
Academic Papers
  • A study on use for group home in public housing, Architectural Institute of Japan, Planning system Papers, Vol.75, No.650, 2010
  • A study on use for group home and care home in osaka public housing, Architectural Institute of Japan, Planning system Papers, Vol.77, No.679, 2012
  • A study elderly independence support base that utilized a public housing, Architectural Institute of Japan, Planning system Papers, Vol.78, No.687, 2013
  • A study on the active use of public housing for welfare, Osaka City University, Doctoral thesis,2014

Award
Architectural Institute of Japan, Incentive award, 2014
Association of Urban Housing Sciences, Outstanding performance award, 10th
Research Specific Key Words
Architectural Design, Residential Planning, Renovation, Stock Utilization