札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

張 浦華の顔写真

張 浦華チャン プ ホァー

所属
デザイン学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

学歴:

  • 1991年筑波大学大学院芸術研究科修士課程デザイン学専攻修了
  • 2005年博士(感性科学)取得・筑波大学

職歴、教育歴:
  • 1985-1987年中央工芸美術学院(中国)助教授
  • 1991-1997年(株)GK、
  • 1998-2006年筑波大学芸術学系講師
  • 2006年札幌市立大学デザイン学部准教授

教育活動担当科目
スタートアップ演習、感性科学、感性デザイン論、感性情報学、感性インタラクションデザイン、ヒューマンケア機器デザイン、学部連携演習、デザイン総合実習、卒業研究
研究活動
研究概要
人間の感性反応は心理的反応、生理的反応と身体的反応として表れる。イメージ語やイメージを用いて選好評価、操作(行動)ログデータの収集、生理的データ収集等によって感性的反応を数値化する研究を行ってきた。電子機器コントローラやHPの操作シナリオなどにおいて、そのユーザビリティ向上を目指したデザインを実現する場合には、 意識的で論理的な手順構築に加えて無意識的で感性的な手順構築が有力な手がかりになる。

論文
  • Trend Analysis on the Domain of Kansei Engineering based on Related Research Publications、
    第3回アジアデザイン国際会議、1998・台湾。
     
  • A Study on the Evaluation for Usability of Home Page、
    第4回アジアデザイン国際会議、1999・日本。
     
  • Structural Consideration of Image Appreciation、 第5回アジアデザイン国際会議、2001・韓国。
     
  • Perspective of Relationship between Man and Machine、
    第6回アジアデザイン国際会議、 2003・日本。
     
  • Multi Dimensional Structure of Research on Appearance of Chicken, Relationship in the Form of Creature and Human being, HCMR, 2008

創作活動
  • 2009.8.24-9.15. Growth Power Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, CHEONAN 
     
  • 2009.9.24-10.7 Welfare Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, TAINAN
     
  • 2009.10.8-18. Stability Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, TIANJIN
     
  • 2010.9.6-15. Flat Flower Bowl, Asia Network Beyond Design
     
  • 2010,CHEONGJU
     
  • 2010.9.18-10.2. Candy Bowl , Asia Network Beyond Design 2010, TAIPEI
     
  • 2010.10.19-25. Bowl on Balls, Asia Network Beyond Design 2010, YOKOHAMA
     
  • 2010.11.23-30. Pickles Bowl, Asia Network Beyond Design 2010, TIANJIN

所属学会
日本デザイン学会、日本感性工学会

科学研究費補助金(研究代表者)
「形態に対する快・不快反応の計測システムの構築」 科学研究費補助金 基盤研究(B)(H20-22)
専門分野キーワード
感性情報学、感性官能計測・評価、情報デザイン、ヒューマンインタフェース
地域貢献・社会活動
札幌市円山動物園におけるホームページ編集会議の委員として、動物園の広報活動に参画している。
市立円山動物園構想プロジェクト
将来計画
これまで、人間の感性反応に対する刺激の数値化に焦点を当てて研究を進めてきたが、これからは、これまでの方法を用いて、形態に対する人間の感性的反応データを脳波計測装置によって計測し、それらの感性指標に対応した刺激要素を複合的に構成することによって、感性の多様なはたらきを再現する感性モデルの開発に焦点をあてて研究を進めたい。

Profile

Puhua ZHANG's photograph of face

Puhua ZHANG

School
School of Design
Status
Associate Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Degree

  • 2005 Ph.D. in Design, University of Tsukuba

Educational Background
  • 1985 Graduated from Tsinhua University of Art & Design, School of Product Design
  • 1991 Graduated from Master program of Art & Design, University of Tsukuba

Work Experience
  • 1991-1997 GK Industrial Design Associate
  • 1985-1987 Tsinhua University of Art & Design, School of Product Design, Assistant Professor
  • 1998-2006 University of Tsukuba, Institute of Art & Design, Senior Assistant Professor
  • 2006 Sapporo City University, School of Design, Associate professor

Research Activities
  • 1998 Trend Analysis on the Domain of Kansei Engineering based on Related Research Publications、3rd Asian Design International Conference, 1998, Taiwan
  • 1999 A Study on the Evaluation for Usability of Home Page 4th Asian Design International Conference, 1999, Japan
  • 2001 Structural Consideration of Image Appreciation, 5th Asian Design International Conference, 2001,Soeul
  • 2003 Perspective of Relationship between Man and Machine, 6th Asian Design International Conference, 2003, Japan
  • 2008 Multi Dimensional Structure of Research on Appearance of Chicken, Relationship in the Form of Creature and Human Being, HCMR, 2008
Work Activities
  • 2009.8.24-9.15. Growth Power Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, CHEONAN
  • 2009.9.24-10.7 Welfare Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, TAINAN
  • 2009.10.8-18. Stability Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design 2009, TIANJIN
  • 2010.9.6-15. Flat Flower Bowl, Asia Network Beyond Design 2010,CHEONGJU
  • 2010.9.18-10.2. Candy Bowl , Asia Network Beyond Design 2010, TAIPEI
  • 2010.10.19-25. Bowl on Balls, Asia Network Beyond Design 2010, YOKOHAMA
  • 2010.11.23-30. Pickles Bowl, Asia Network Beyond Design 2010, TIANJIN
  • 2009.11.19-2 Environmental Index in 12 Cities, Asia Network Beyond Design2009,Nara
Research Specific Key Words
Kansei information, kansei Measurement, Information Design, Human interface