札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

蓮見 孝の顔写真

蓮見 孝ハスミ タカシ

所属
デザイン学部
職位
特任教授(デザイン研究科) 
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

1948年神奈川県生まれ、東京教育大学卒。博士(デザイン学)。
1971年日産自動車(株)入社、モデル課長、エクステリアデザイン室代表主担等歴任、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート社命留学。1991年筑波大学に転籍、芸術系教授。芸術専門学群副学群長、広報戦略室長、学長補佐等歴任。2012年度から2017年度まで札幌市立大学学長。2018年度から現職。

教育活動担当科目
デザイン特論、生活と文化
研究活動
著書
  • 蓮見孝、単著、地域再生プロデュース−参画型デザイニングの実践と効果、文眞堂、pp.1-308、2009
  • 蓮見孝、分担、医療環境を変える−「制度を使った精神療法」の実践と思想、多賀茂・三脇康生 編、第3章第3節A、環境デザインという考え方、京都大学学術出版会、pp.171-179、2008
  • 蓮見孝、分担、デザインと感性、井上勝雄編、第11章 ユニバーサルデザイン、pp.229-252、2007
  • Takashi HASUMI, Ayano MATSUI, Ishi M. SHIRAISHI, Comparison and evaluation of Shopmobility and Townmobility by QOL Maps、CD-ROM, Include 2005、2005
  • 蓮見孝、単著、ポスト「熱い社会」をめざすユニバーサルデザイン モノ・コト・まちづくり、工業調査会、pp.1-251、2004
  • 蓮見孝、単著、マルゲリータ女王のピッツァ−かたちの発想論、筑波出版会、pp.1-238、1997

受賞歴
  • 1993年 ヒューマンデザインコンペ’93
  • 京都府知事賞
  • 1999年 日本デザイン学会年間作品賞
  • 2005年 日本感性工学会賞 出版賞
  • 2012年 文部科学省・社会教育功労者表彰

所属学会
日本デザイン学会会員(評議員)、日本感性工学会会員、道具学会会員、日本認知科学会会員、日本インダストリアルデザイナー協会会員、日本デザインコンサルタント協会会員、他
専門分野キーワード
プロダクトデザイン、ユニバーサルデザイン、ソシオデザイン
地域貢献・社会活動
  • 茨城県総合計画策定審議委員会委員(副会長)、2009.11~現在
  • 茨城県生涯学習審議会、社会教育委員会委員(会長)、2010.8~2012.7
  • いばらきデザインセレクション審査委員(委員長)、2005年度~現在
  • 土浦市観光戦略推進会議委員(委員長)、2009.4~2012.3
  • 小美玉市「空の駅」整備事業推進委員(委員長)、2011.2~2012.3
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
  • グッドデザイン賞審査委員、1994.6~2013.3
  • 東海旅客鉄道(株)デザイン委員、2010年度〜現在
  • 純茨城県産の酒「ピュア茨城」のブランディングデザイン、茨城県酒造組合、2002〜2004:
  • 蓮見孝、共著、プロジェクト・ピュア茨城 −純県産酒のデザインプロモーション、デザイン学研究作品集 第11 巻第11号 11号 2005、日本デザイン学会、pp22-27、2005
  • 茨城県地域産学官共同研究事業総合コーディネータ、茨城県工業技術センター1995〜1997:蓮見孝、共著、EVムーバ「ペルメ」−茨城県地域産学官共同研究事業の運営と成果、デザイン学研究作品集 第4巻第4号 4号1998日本デザイン学会、pp62-67、1998
主要な講演演題市民向、学術的等
  • 地域再生と大学の役割 -地と知の拠点-、福井工業大学:福井フィールドワークシンポジウム2014.3
  • 地域再生プロデュース -カーデザインから酒蔵再生まで-、北海道日建設計:設計フォーラム2014.2
  • 筑波大学で生まれ育った病院のアート、「病院のアートの芽」展:シンポジウム、2014.1
  • デザインの基本、(公社)日本サインデザイン学会:サインセミナー、2013.10
  • Post-"Hot society"for promoting QOL、2013 LOCHAS国際学会(Taiwan):Key-note Speech 、2013.10
  • 新しいデザインの役割、崇城大学:教養講座、2013.10
  • 地域資源を活用した観光客の誘致について、茨城空港周辺地域資源活用推進連絡会総会:講演会、2013.6
  • 井上先生からの手紙、北海道札幌平岸高等学校:進路講演会、2013.5
将来計画
持続的に高度化する地域社会の可能性を実践的に探求し、そのベースとなる新たな社会制度の構造化を試みる。

Profile

Takashi HASUMI's photograph of face

Takashi HASUMI

School
School of Design
Graduate School of Design
Status
Appointed Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Born in Kanagawa Japan in 1948.

Degree
2007 Ph.D. in Design,
University of Tsukuba

Educational Background
1971 Graduated from School
of Art & Design, Tokyo University
of Education

Work Experience
1971-1991 Nissan Motor Company Ltd.
1976-1977 Royal College of Art (Non-degree)
1991-1993 Assistant Professor at Institute of Art & Design, University of Tsukuba
1993-2000 Associate professor at Institute of Art & Design, University of Tsukuba
2000-2012 Professor at Institute of Art & Design, University of Tsukuba
2012- present President of Sapporo City University

Research Activities
  • 2009 Produce for Revitalization of Region –Trial and Evaluation of Collaboration for Social Designing, pp.1-308
  • 2008 Transforming Mental Environment –Pratique and Idea of Psychotherapy with Institution, pp.171-179
  • 2007 Design and Kansei, pp.229-252
  • 2004 Comparison and evaluation of Shopmobility and Townmobility by QOL Maps, CD-ROM, Include 2005
  • 2004 Universal Design toward the Post “Hot Society” –Product planning, Renovation and Community development, pp.1-251
  • 1997 Pizza for Queen Margheita di Savoia –Methodology of Styling Design, pp.1-238

Awards
  • 1993 Kyoto Prefecture Governor prize, Human Design Competition
  • 1997 Prize of the Annual Design Review, Japanese Society for the Science of Design
  • 2005 Prize for Publish, Japan Society of Kansei Engineering
Research Specific Key Words
Product design, Universal design, Socio-design