札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

森 朋子の顔写真

森 朋子モリ トモコ

所属
デザイン学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

大阪生まれ、奈良女子大学卒業、コロンビア大学大学院建築・都市デザイン学専攻修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了(2013) 博士(工学)、一級建築士

民間企業にて不動産開発事業に従事後、2010年東京大学大学院博士課程進学、2013年修了。 お茶の水女子大学特任リサーチフェロー、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻助教を経て、2018年4月より現職。

教育活動担当科目
都市計画論、人間空間デザイン論、デザイン研究法(人間空間)、フィールドスタディ、デザイン総合実習3(建築・環境)
研究活動

研究概要
都市や地域にある歴史的環境保全に立脚した計画立案に係る研究

主要論文

  • ・森朋子:東京医学校本郷移転再考,東京大学本郷キャンパス成立に関する研究,萌芽期,日本都市計画学会都市計画論文集, 52(3),pp.895-900,2017.10
  • ・Tomoko MORI, Takefumi KUROSE: Re-understanding of the Lumbini project from the regional scale, focusing on the preliminary stage before Kenzo Tange’s Master Plan, Sustainable urban development: opportunities and challenges, pp.32-42, 2015
  • ・森朋子:近代における集落形成プロセスから見た山村集落の空間構成原理, 五箇山地域相倉集落における水利システムと集落社会の関係性に着目して,日本建築学会計画系論文集,79(706),pp.2671-2678,2014.12
  • ・森朋子・黒瀬武史:カンボジア・アンコール遺跡群における文化遺産地域の保全手法,途上国における世界遺産登録を契機とした文化遺産地域の保全手法に関する事例報告,日本都市計画学会都市計画論文集,49(3), pp.249-254,2014.10
  • ・森朋子:伝統的建造物群保存地区制度成立に至る議論から見た集落の保存概念,日本建築学会計画系論文集,79(702),pp.1839-1844,2014.8
  • ・森朋子:大字単位から見た五箇山の文化的景観の深層構造,世界遺産相倉・菅沼集落と周辺山村集落の文化的景観の保全に関する研究,日本都市計画学会都市計画論文集,48(3),pp.579-584, 2013.10
  • ・森朋子:大字を基礎とする集落の保全手法に関する研究,五箇山における相倉・菅沼集落と周辺集落群が持つ特性に着目して,東京大学学位請求論文,2013.9

所属学会
日本建築学会、日本都市計画学会

受賞歴
The 2nd winner, International Competition on Cultural Landscape in Bhutan 2014 (共同)
専門分野キーワード
都市計画、都市デザイン、地域保全計画、歴史的集落・町並み、文化遺産
地域貢献・社会活動
  • 文部科学省「青少年教育施設の建物劣化調査」技術審査委員会技術審査専門員(2015.8)
  • 日本イコモス国内委員会第8小委員会(バッファゾーン)幹事(2015.8-)
  • 中国・富錦市郷村観光国際顧問(2018.1-)
  • 国指定史跡越中五箇山相倉・菅沼集落保存活用計画策定委員会委員(2018.3-)
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
外務省ユネスコ文化遺産保存日本信託基金
  • ネパール・世界遺産ルンビニ遺跡保全強化第2期事業(2014-2017)
  • ネパール・世界遺産ルンビニ遺跡保全強化第3期事業(2018-2021)
文化庁文化遺産保護国際事業(東京文化財研究所受託事業)
  • 平成27年度文化遺産保護国際貢献事業(専門家交流)「ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業」
  • 平成28・29・30年度文化遺産保護国際協力拠点交流事業「ネパールの被災文化遺産保護に関する技術的支援事業」
文化遺産国際協力コンソーシアム
  • 平成26年度協力相手国調査「ネパール連邦民主共和国調査」
主要な講演演題市民向、学術的等
第22回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会『文化遺産のリコンストラクションに関する世界動向』、「被災した伝統的建造物群保存地区における復興事例と海外事例の比較」、2018. 2.16
将来計画
都市計画論の講義では、開拓都市札幌の都市形成の歴史に触れながら、私自身も札幌という都市を理解すべく進めています。将来は、札幌が持つ地域資源を保全しながら、直面する現代的課題に対処することを通じ、都市や地区を総合的に整備する計画立案に向け、研究を行なっていきたいと考えています。

Profile

Tomoko MORI's photograph of face

Tomoko MORI

School
School of Design
Status
Associate Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Degree:
Ph.D. (Engineering), The University of Tokyo (2013)

Education:

  • Doctor of Engineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo (2013)
  • M.S. in Architecture and Urban Design, Columbia University (2003)

Career:
  • Assistant Professor, The University of Tokyo (2015-2018)
  • Research Fellow, Institution of Advanced Study, Durham University, U.K. (March– April 2015)
  • Project Researcher, The University of Tokyo (2014-2015)
  • Research Fellow, Ochanomizu University (2014)

Research Activities

Tomoko MORI is a Japanese registered architect and urban conservation planner with a degree of Ph.D., in the field of urban engineering from the University of Tokyo in 2013. She is currently working as Associate Professor at School of Design, Sapporo City University, where she teaches urban planning and design. Her Doctoral thesis was a study on the conservation method of villages through a case study in Gokayama, a part of “Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama”, one of world cultural heritage sites in Japan. She clarified the spatial peculiarities and dynamic mechanisms in Gokayama region, and proposed not only conservation methods of villages but also conceptual planning methods for regional planning. Since her doctoral study, she has been exploring how to conserve historical environment as living heritage and trying to find the methods, how conservation of historic environment meets regional planning practically in Lumbini and Kathmandu, Nepal.


Selected Papers:

  • 1. Tomoko MORI, “Reconsideration of the relocation of Tokyo Medical College to Hongo, a study on the formation history of the Hongo campus, the University of Tokyo, germination period, Journal of the city planning institute of Japan, 52(3), pp.895-900, 2017.10
  • 2. Tomoko MORI, Takefumi KUROSE: Re-understanding of the Lumbini project from the regional scale, focusing on the preliminary stage before Kenzo Tange’s Master Plan, Sustainable urban development: opportunities and challenges, pp.32-42, 2015
  • 3. Tomoko MORI, “The spatial composition of a mountain settlement through its formative process in modern times – focusing on the relationship between a water system and a village community in Ainokura, Gokayama”, Journal of architecture, planning and environmental engineering, 79(706), pp.2671-2678, 2014.12
  • 4. Tomoko MORI, Takefumi KUROSE “The methodology of conservation for cultural heritage areas in Angkor, Cambodia – the case study on the methodology of conservation for cultural heritage areas by world heritage inscription in developing countries”, Journal of the city planning institute of Japan, 49(3), pp.249-254, 2014.10
  • 5. Tomoko MORI, “Preservation Concepts of villages in the policy establishing process of preservation districts for groups of traditional buildings”, Journal of architecture, planning and environmental engineering, 79(702), pp.1839-1844, 2014.8
  • 6. Tomoko MORI, “The spatial deep structure of Cultural Landscape in Gokayama based on oaza, the study on cultural landscape conservation of mountain villages, Ainokura, Suganuma World Heritage Villages and their surroundings”, Journal of the city planning institute of Japan, 48(3), pp.579-584, 2013.10
Research Specific Key Words
Urban Planning, Urban Design, Regional Conservation Planning, Historic Environment, Cultural Heritage