札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

原 俊彦ハラ トシヒコ

所属
デザイン学部
職位
教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

1953年東京生まれ。1975年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
1977年-1982年 独フライブルグ大学・哲学部第四類に留学、社会学・政治学・経済政策専攻、社会学博士(Ph.D.)取得。帰国後、(財)エネルギー総合工学研究所(主任研究員)を経て(株)研究開発コーディネーター を設立(代表取締役)。1988年 北海道東海大学国際文化学部 助教授、1995年 同教授、2006年より現職。

教育活動担当科目
札幌を学ぶ、スタートアップ演習、現代社会と家族、統計の世界、家族社会学、少子高齢社会特論
研究活動
人口問題を中心に社会統計分析、コンピュータシミレーション・モデルの開発を行う。
著書「思想は一瞬」、「日本株式会社の崩壊」、「狩猟採集から農耕社会へ」、「縮減する社会−人口減退とその帰結」(翻訳書)、「統計の世界-物の見方・考え方・心構え」(教科書)など。
専門分野キーワード
人口社会学、家族社会学、情報社会学、シミュレーション、人口減少社会
地域貢献・社会活動
国立社会保障・人口問題研究所(外部研究員・ 研究員評価委員)
(財)厚生統計協会 人口問題基礎講座 講師
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
(株)ダイキン・システム・ソリューションズ研究所「10年後の社会創造プロジェクトI・II」
主要な講演演題市民向、学術的等
「ドイツ-オランダ語圏の出生動向と家族政策」(内閣府経済社会総合研究所ESRI少子化問題セミナー)
「人口減少下の日本社会:3. 高年齢者層を中心として」(日本人口学会シンポジウム)
「人口減少社会のゆくえ」(日本社会学会シンポジウム)
将来計画
過去に開発してきた一連の人口モデルから得られた知見をベースに、産業・経済・労働・環境・行政などの諸分野のシミュレーションモデルとの相互接続が可能な、汎用型人口モデルの開発を進めて行くとともに、市町村・都道府県・国単位・地球レベルでの「人口減少社会」への政策的対応を検討して行く。

Profile

Toshihiko HARA

School
School of Design
Status
Professor
Profile

1975 B.A.(Politics), School of Political Science and Economics, Waseda University
1982 Ph.D.(Sociology),School of Philosophy, Albert-Ludwigs-University of Freiburg i. Br., Germany
1988 Associate Professor, School of International Cultural Relations, Hokkaido-Tokai-University 2006- Professor, School of Design, Sapporo City University (SCU)

Research Activities
Hara,Toshihiko(1982),"Bevölkerungsentwicklung und Geburtenrückgang in der Bundesrepublik Deutschland 1950-1979 -Analyse durch statistische Daten sowie Computersimulation", Dissertation an der Philosophischen Fakultäten der Albert-Ludwigs-University inFreiburg i. Br..
Hara,Toshihiko,Takeshi Ueki, Masakatsu Murakami(1994),"Estimate of the number of International Children in Japan,based on trends in Intermarriage International Journal of Japanese Sociology (IJJS),Vol.3-1,29-43[http://onlinelibrary.wiley.com/
doi/10.1111/j.1475-6781.1994.tb00021.x/ abstract]
Hara,Toshihiko(1998),"Geburtenrückgang in Deutschland und Japan seit dem Zweiten Weltkrieg" in Beschorner, Dieter (ed.), Umweltschutz und Krisenmanagement Die weltweite Bevölkerungsentwicklung; Ursachen, Hintergründe, Handlungsansätze, 2. Jahresworkshop des 2. Bursenjahres 1997/98 der Deutsch-Japanischen Akademischen Burse (DJAB) der Universität Ulm,pp.93-124
Hara,Toshihiko(2003),"Fertility Trend and Family Policies in Germany, Austria, Switzerland and the Netherlands", The Japanese Journal of Population, Supplement to Volume 1 (June 2003) pp.169-199[www.ipss.go.jp/webjad/webjournal.files/population/2003_6/6.hara.pdf]
Hara,Toshihiko(2008),"Impacts of Social Welfare, Education, Retail Shops,and Community Budget on Out-migration", in ejcjs(ed.) Shrinking Cities: Case Study Japan [http://www.japanesestudies.org.uk/special/shrinking- regions/ shrinking-cities-contents.html]
Hara,Toshihiko(2008),"Increasing Childlessness in Germany and Japan: Toward a Childless Society?", International Journal of Japanese
Sociology (IJJS), Vol.17, pp.42-64[http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1475-6781.2008.00110.x/abstract]
Research Specific Key Words
Population Sociology, System Dynamics, Fertility Decline, Depopulation, Regional Population