札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

OPEN CAMPASオンライン配信!

札幌市立大学デザイン学部のオンラインオープンキャンパスにお越しくださりありがとうございます!
デザイン学部のこと、教員のこと、芸術の森キャンパスのこと…少しでも皆さまに知ってもらえるようなコンテンツをご用意しました。

プログラム

説明会動画

学長挨拶
~札幌市立大学デザイン学部へようこそ!~

学部・入試概要説明
~デザインって何?2つのコースは何が違うの?
入試の対策は何をしたらいいの?そんな疑問にお答えします!~

保護者説明会
~デザイン学部の就職は?家庭で日常的に支援できる受験準備は?
そんな疑問にお答えします!~

きいてみよう !

人間空間デザインコース・人間情報デザインコースの教員が、自身の研究分野などについて動画でご紹介します!

人間空間デザインコース 教授 山田 良

人間空間デザインコース 准教授 小宮 加容子

人間情報デザインコース 准教授 横溝 賢

人間情報デザインコース 講師 松永 康佑

人間空間デザインコース 教授 西川 忠

人間空間デザインコース 准教授 森 朋子

人間情報デザインコース 教授 藤木 淳

人間情報デザインコース 准教授 金 秀敬

NEW人間空間デザインコース 准教授 金子 晋也

NEW人間空間デザインコース 講師 石田 勝也

NEW人間情報デザインコース 教授 若林 尚樹

NEW人間情報デザインコース 助教 矢久保 空遥

みてみよう !

デザイン学部を有する芸術の森キャンパスの主な施設をご紹介いたします。

#01コンピュータ室
MacとWin専用のコンピュータ室がそれぞれ2室、合計4室あります。IllustratorやPhotoshopなど、デザインに役立つソフトを搭載しています。授業時間外の利用も可能です。

#02デザイン実習室
デッサンの基礎を学ぶ授業などに使われています。北側のみ採光窓をつけ、一枚ガラスではなくガラスブロックを埋め込むことで、柔らかい光が差し込み、強い陰影がつかないよう設計されています。

#03プラザA、プラザB
採光が良く、開放的な空間です。プレゼンテーションの場やディスカッションの場として利用されています。また、木工室や金工室等の工房が隣接しているプラザBは、制作活動の拡張の場としても利用されており、デザインの実践の場となっています。床には床暖房が施工されており、冬でも作業ができるよう配慮されています。


#04木工室、金工室
様々な工作機械を設置しています。機械の利用には専門的な知識を要するため、両工房には技術職員が常駐しており、学生への指導や安全管理をしています。


#05デジタル造形工房
ものづくりのデジタル化を見据え、マイコンを活用したデジタルデバイスを開発する環境が整備されており、また、3D-CADデータからの造形を可能にする3Dプリンタが設置されています。


#06塗装樹脂成型室
レーザー加工機、真空成型機、大規模塗装ブースなどがあり、樹脂を中心とした素材を精密に加工し、塗装することができます。


#07大型プリンタ室
最大でA0判まで印刷可能なプリンタを2機設置しています。展示用のパネルやポスターの制作などに使われ、特に連携授業の公開発表時期や卒業研究の制作繁忙期には、多くの学生が利用します。

#08セラミック工房(陶磁工房)
陶芸用電気炉や電動ろくろなど、陶磁器を制作するために必要な機器や諸道具を揃えています。

#09写真スタジオ
天井が高く広々としており、写真や動画を撮影するのに最適な空間です。大型の照明機材があります。学生向けに一眼レフカメラ、デジタルビデオカメラ、三脚等の撮影用機材の貸出しもしています。


#10附属図書館
芸術の森キャンパスの附属図書館は、約6万冊の本を所蔵しています。デザイン関連の専門書はもちろん、小説や絵本などの一般図書や、映像資料も所蔵しています。館内には、PCコーナー、視聴コーナー、学習室などがあります。


#11大講義室
芸術の森キャンパスの中で最も大きな教室です。約200名収容可能であり、デザイン学部と看護学部の学生が一同に会して行う、D×Nの連携教育の場としても使われています。(※現在は新型コロナウイルス感染症感染防止対策のため、両学部間の連携教育はオンラインで実施しています。)

オンラインオープンキャンパスは楽しんでいただけましたか?
皆さまの進路選択の助けに少しでもなっていたら幸いです。
また、本学デザイン学部で学びたいと思っていただけたなら、ぜひ受験を考えてみてください。
皆さまの入学をお待ちしています!

お問合せ先

デザイン学部 学生課

〒005-0864 札幌市南区芸術の森1丁目 TEL.011-592-2371