札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

新着情報

学生の活動

札幌市立大学大学院看護学研究科「第1回公開発表会」を開催します

看護学研究科博士前期課程6名(うち9月修了予定者2名)、博士後期課程1名(9月修了予定者)が、これまでの研究内容を発表いたします。

興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●日時:2020年8月20日(木)8:50~(8:40~受付開始)
  • ●場所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室

※参加にあたって事前の申し込みは必要ありません。

看護学研究科第1回公開発表会プログラム

 

デザイン

SCU -UL国際ワークショップ

2020年2月14日(金)~ 2020年2月17日(月)提携大学であるラップランド大学と本学の国際共同ワークショップがラップランド大学で開催されました。デザイン学部 金講師引率のもと、デザイン学部の学生3名(芦口瑞歩さん、田美里さん、宮浦志穂さん)が参加し、午前・午後に分けて準備されていたプログラムに沿って、意見交換を交えた制作活動をしました。アトリエ見学や文化視察活動、ワークショップを通して、相互理解を深めるとても貴重な体験となりました。

アトリエ見学
アイディア創出
制作過程
デザイン

「SCU-PNCA 異文化理解と制作活動を通じた国際交流ワークショップ」 成果展

ポートランド国際交流事業の成果展のご案内・ご報告です。2019年9月に札幌市立大学デザイン学部の学生(青木 光さん、及川 紗良さん、河波 百伽さん、髙田 若葉さん、いずれもデザイン学部3年生)が、提携校であるPNCA(Pacific Northwest College of Art;アメリカ・ポートランド)を訪問し、ポートランドの文化についての取材、及び交流活動を行いました。取材活動に基づく成果物を、チ・カ・ホ北2条広場のデジタルサイネージでご覧いただけますので、現地を通られる際には是非ご観覧ください。

番組タイトル:「knock knock Portland – 私たちが見たポートランドの日常」
日時:2020年2月29日〜3月31日の期間。毎時決まった時刻。放映時間については、下記Sapporo North2公式HPの番組表を参考にされてください。
http://www.sapporo-north2.com/

また、作品放映に先立つ2020年2月27日、28日には、チ・カ・ホ 北2条広場にて、交流事業参加学生が展示紹介を行いました。本事業に助成金を頂いた在札幌米国総領事館より、総領事のアンドリュー・リー氏と職員の牛丸由恵氏が現地にお越しくださり、学生作品を丁寧に観覧して頂きました。

展示メインビジュアル デザイン:髙田 若葉さん(デザイン学部3年)
在札幌米国総領事館 総領事 アンドリュー・リー氏に観覧して頂きました
北2条広場での展示の様子
デザイン学部 作品・研究アーカイブス

円山動物園ホッキョクグマ館で学生が制作した映像作品を展示上映

札幌市円山動物園のホッキョクグマ館で学生が制作した映像作品を展示上映しています。デザイン学部3年次「デザイン総合実習IV」の授業課題として制作したホッキョクグマ館をたのしむためのポイントを紹介するアニメーション「ぼくの円山動物園 見えない壁」と、デザイン学部4年次「博物館実習」で制作した海氷の減少によるホッキョクグマの生息環境の問題を解説した映像作品「海氷とホッキョクグマ」の2作品が、2月16日(日)から3月1日(日)の期間、園内の2カ所で開園時間中繰り返し放映されています。

■放映場所
ホッキョクグマ館1Fレクチャールーム(水中トンネル前)
動物園センター情報ホール
■映像作品
  • 「ぼくの円山動物園 見えない壁」 デザイン学部4年 吉岡優さん
  • 「海氷とホッキョクグマ」 2019年デザイン学部卒 伊藤知世さん
新着情報

サッポロ・シティ・ジャズのシアタージャズライブのために10種類のコースターをデザインしました。

2019年12月18日から22日まで札幌文化芸術劇場 hitaruで開催されたサッポロ・シティ・ジャズのシアタージャズライブのために本学デザイン学部生がコースターのデザインをしました。㈱オーディオテクニカ との協働プロジェクトとして取り組んできた「アナログってなんだろう?」最後のイベントとして、『レコードでJAZZを聴こう』をテーマに10名の学生が10種類のコースターをデザイン。このコースターは㈱オーディオテクニカからシアタージャズライブに提供され、期間中に開催された7公演で計3500枚も配布されました。また、ロビーにはコースターを紹介するパネルも展示され、多くの来場者の関心を引いていました。
21日のシアタージャズライブにはデザインした学生10名も招待され、迫力のあるステージを間近で体験し、JAZZの良さをかみしめました。

参加学生:デザイン学部人間情報デザインコース2年 小泉 花乃さん、小島 千乃さん、澤田 春風さん、鈴木 萌乃さん、竹内 菜実さん、中茂 裕貴さん、古内 あやなさん、森宗 優香さん、山岸 小百合さん、山田 実来さん
指導教員:デザイン学部教授・若林 尚樹、安齋 利典

 
看護

公開講座「訪問看護スキルアップ講座2019」を実施しました! 2019.11.9

 2019年11月9日(土)に、公開講座「訪問看護スキルアップ講座2019」<訪問看護のフィジカルアセスメント~お腹を診る看る~>を実施しました。

 札幌在宅クリニックそよ風の吉崎秀夫先生を講師に「いつもと違う!」様子に気づくための消化器疾患のフィジカルアセスメント(身体の様子、症状のアセスメント)の知識と身につけたい診察技術について、約2時間の講義を行いました。
 アンケートでは、「訪看とクリニックの連携の様子が入っていてわかりやすい」「経験とあわせて学ぶことができた。実践的な内容」「すぐに実践できそう」など、大変好評でした。
 例年すぐに定員になってしまう人気講座です。来年もお楽しみに。

教員の活動

2019年度 第9回SCU産学官金研究交流会を開催しました!

人間重視と地域社会への貢献を理念に掲げている札幌市立大学では、デザインと看護の分野の特色を活かした研究成果を生み出しています。
産学官金の連携強化のみならず、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングをすることを目的として、産学官金研究交流会を開催しました。

9回目を迎える今年のテーマは「看護」、「デザイン」でした。今年度も双方向の交流を目指し、34件のポスター・展示発表を実施し、学内外から93名の方にご参加頂きました。

ポスター・展示発表には、ノーステック財団、北海道立総合研究機構、北洋銀行、北海道中小企業家同友会、看護系大学連携による知的財産創出ネットワークに加え、本学もメンバーとなっている北海道医療福祉産業研究会にもご参加いただきました。

多くの方にご参加いただき大変有意義な研究交流会となりました。

  • 日時:2019年11月27日(水)

15:00~17:50 研究交流会(口頭発表・ポスター発表・セッション)
17:50~19:00 マッチング相談会

  • 会場:研究交流会、マッチング相談会 ACU-A 大研修室1614

   (札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16階)

  • 対象:産学官金連携に関心がある企業・行政等の関係者、技術者、研究者など
  • 発表概要

1)上遠野地域連携研究センター長 挨拶(15分)

2)口頭発表[15:15-16:45]

     口頭発表のテーマを「看護」、「デザイン」に分け、8件の口頭発表を実施した。

3)ポスター・パネル等展示発表[16:55~17:45(20分×17件×2班)]

・札幌市立大学19件・北海道立総合研究機構5件・北海道中小企業家同友会4件・北洋銀行1件・ノーステック財団1件・看護系大学連携による知的財産創出ネットワーク3件・北海道医療福祉産業研究会1件 計34件

  • 主催:SCU産学官金研究交流会実行委員会(事務局:札幌市立大学地域連携課)
  • 共催:公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)
  • 後援:北海道立総合研究機構、北海道中小企業家同友会、北洋銀行、北海道経済産業局、札幌市
当日の様子
研究交流会
デザイン

㈱土屋ホームトピア主催、ショップバッグデザインコンぺで入賞しました。

㈱土屋ホームトピアと本学、北海道科学大学のコラボ企画によるショ ッ プバッグデザインコンペに本学の学生24名が参加し、「北のデザイン賞」に足立岬さん(デザイン学部4年)、「社長特別賞」に藤田花南さん(同学部3年)が入賞しました。入賞した2人のデザインは、ショップバッグのデザインとして実際に使用されます。

「北のデザイン賞」足立岬さんのデザイン
「社長特別賞」藤田花南さんのデザイン
デザイン

NoMapsで㈱オーディオテクニカと協働して体験教室『アナログってなんだろう?』を開催しました

2019年10月19日(土)、20日(日)の2日間、札幌市民交流プラザで開催されたNoMapsにて、株式会社オーディオテクニカ主催の体験教室『アナログってなんだろう?』に参加しました。
アナログとは何か?工作キットを使って音の出るしくみを体験できる子ども向けの体験教室を実施しました。工作キットのデザイン制作からイベントでの紙芝居による解説、工作のサポートまで、デザイン学部2年の学生10名が㈱オーディオテクニカと協働して7月から準備をしてきました。イベント2日間で330名の子どもたちとその保護者の参加があり、会場はとても賑わいました。

参加学生:小泉 花乃さん、小島 千乃さん、澤田 春風さん、鈴木 萌乃さん、竹内 菜実さん、中茂 裕貴さん、古内 あやなさん、森宗 優香さん、山岸 小百合さん、山田 実来さん(デザイン学部2年)

新着情報

「SCU-PNCA 異文化理解と制作活動を通じた国際交流ワークショップ」について在日米国大使館公使に報告しました(10/24)

この度、提携校のPNCA(Pacific Northwest College of Art;アメリカ・ポートランド)を訪問(9/12-19)し、実施した国際交流ワークショップ(引率:須之内講師、石田講師)に対して、アメリカ政府の助成金を受けました。
ついては、参加学生4名から直接話を聞きたいと10月24日に、広報文化交流を担当しているC.グラスマン在日米国大使館公使、R.イングラッシア在札幌米国総領事館領事ならびに情報資料補佐官が来学しました。
報告者の青木 光さん、及川 紗良さん、河波 百伽さん、髙田 若葉さん(デザイン学部3年)は、取りまとめを見せながら、英語で報告をしました。
それぞれのユニークな視点からの調査ならびにその調査結果の中間報告を聞き、公使たちは2020年3月に予定されている地下歩行空間での成果発表が楽しみであると喜んでいました。

新着情報

台中科技大学(台湾)に学生を派遣しました。

2019年9月15日(日)~2019年9月19日(木)の日程で、提携大学である国立台中科技大学(台湾)への派遣プログラムとして、看護学部教授・菊地ひろみ引率のもと、看護学部3年生2名、1年生3名の計5名が、国立台中科技大学中護健康學院(看護学部)を訪問しました。台中科技大学への派遣プログラムは今年からスタートし、授業見学、施設見学、学生交流など充実したプログラムで、内容の濃い5日間でした。異なる言葉・歴史・文化をもつ海外の大学での学修体験は、学生の視野が広がる絶好の機会になりました。

台中科技大学前にて

学生相互交流

新着情報

承徳医学院(中国)に学生を派遣しました。

2019年9月17日(火)~9月23日(月)提携大学である承徳医学院の短期派遣プログラムに、看護学部 卯野木教授引率のもと、大学院生(博士前期課程)4名が参加しました。承徳医学院の学生との文化交流、大学院生や教員との研究に関する交流を行いました。本学の大学院生はそれぞれの研究計画に関して発表を行い、また、承徳医学院の大学院生も関心分野に関してプレゼンテーションを行い、お互いの研究活動に関して活発な意見交換が行われました。その他、大学教育に関する意見交換や病院見学、文化交流を通して、相互理解が深まり、とても貴重な体験となりました。

承徳医学院前にて
新着情報

もりの仲間のさわやかクラブ健康まつり2019にて「がん治療と口腔ケアについての啓発活動」を実施しました。

2019年8月29日(木)に「もりの仲間のさわやか健康まつり2019」が札幌市立大学芸術の森キャンパスアリーナで開催されました。芸術の森地区社会福祉協議会の依頼により、「がん治療と口腔ケア」のポスターを貼り、地域の方にもがん治療中や手術前に口腔ケアが重要になることを伝えました。来場した地域の方に口の体操とスポンジブラシを使った口腔ケアを学生と一緒にしながら体験しました。口腔ケアのブースに来た地域の方に学生がついて1人1人に丁寧に説明することができました。口腔ケアのブースに来場した人数は35名でした。

  • 参加学生:西條杏子、田上良子(看護学部4年)、安田衣吹(看護学部3年)、奥村真灯(看護学部1年)
  • 教員:看護学部准教授 村松真澄
新着情報

第10回ミニ大通りお散歩まつりに参加しました。

2019年9月8日(日)に「第10回ミニ大通りお散歩まつり」がミニ大通りで開催されました。ミニ大通り実行委員会の依頼により、モロオアネックス2会場の健康セミナー、および健康測定コーナーの企画運営に携わりました。地域交流ボランティア同好会「act」の学生と看護学部准教授・村松真澄は「がん治療と口腔ケア」の講話と子供向け紙芝居、「地域プロジェクト」の学生は、同准教授・大野夏代と一緒に「音楽で遊ぼう」で楽器演奏や歌を披露して会場を盛り上げました。同准教授・藤井瑞恵は、高血圧と生活に生かせる減塩の講話をしました。健康測定コーナーは、学生全員でモロオの職員の方と組んで携わり、たくさんの人が立ち寄り、市民の健康意識の高さを知ることとなりました。

  • 参加学生:地域交流ボランティア同好会act:西條杏子、田上良子(看護学部4年)、安田衣吹、竹田美聖、高橋春希、中村理子(看護学部3年)、石田鈴佳、菅野明日香、小林聖奈、水野夏海(看護学部1年)
  • 地域プロジェクト:⽔野絢菜(看護学部3年)、尾崎未来、佐々⽊りの、髙野実奈、⼟屋萌、⼭﨑千奈美(看護学部2年)、秋本真希(デザイン学部1年)
  • 教員:看護学部准教授・村松真澄(実行委員・企画運営)、同准教授・大野夏代(音楽で遊ぼう)、同准教授・藤井瑞恵(講話)
その他

道立総合研機構 産業技術研究本部 工業試験場視察に行ってきました

札幌市立大学×道立総合研究機構との連携事業の一環として、「道立総合研機構 産業技術研究本部 工業試験場」の視察に行ってきました。

道立総合研究機構研究者の方から①「工業試験場におけるAI関連の取り組み」、②「工業試験場における医療・福祉分野の取り組み」の興味深い事例紹介をして頂きました。

その他にも本道初となる「ロボットSIerの育成拠点」の「ROBOLABO」、今年3月にオープンしたばかりの「寒冷地ものづくりラボ(MONOLABO)」の視察を通して様々な意見交流をすることが出来ました。今後の共同研究や研究のヒントに繋がることを期待しています。

  • ・日時:2019月9月13日(金)14:30~16:00
  • ・参加者:札幌市立大学教職員10名(デザイン学部4名、看護学部3名、事務職員3名)
地域貢献活動

もりの仲間のさわやかクラブ 健康まつり2019に「健康応援室」が参加しました

2019年8月29日(木)に「もりの仲間のさわやか健康まつり2019」が札幌市立大学芸術の森キャンパスアリーナで開催されました。芸術の森地区社会福祉協議会の依頼により、健康応援室からは(1)骨密度測定、(2)左記の結果を踏まえた健康相談のコーナーに教員2名と学生3名が協力し、参加者は男性37名、女性35名で、測定者からは様々なご意見を頂き、高い関心をもつ健康測定となりました。この他にも認定NPO法人ふまねっと札幌支部では学生2名が協力し介護予防運動の「ふまねっと」を実施しました。本健康まつりでは合計5名の学生が参加し、地域住民との関わりを通して、看護者として住民の健康教育を支援する重要性を認識しました。

  • 参加学生:岩田七海さん、午來真由さん(看護学部4年)/春木礼果さん(看護学部3年)/小髙優子さん(看護学部2年)/北村穂乃佳さん(看護学部1年)
  • 教員:看護学部講師 山本真由美、武冨貴久子

 

公開講座報告

公開講座「AIとロボットの未来」を開催しました。 2019.7.12.

7月12日(金)に開催した公開講座「AIとロボットの未来」に233名の方にご来場いただきました。
ロボット研究ならびにAI研究者の第一人者である石黒浩大阪大学教授、松原仁公立はこだて未来大学教授、松尾豊東京大学教授ならびに本学学長の中島秀之が講演した後、石黒教授、松原教授、中島学長がフロアからの質疑に対して、率直かつ分かりやすい応答をしました。その結果、アンケート結果にも「人選が素晴しかった」「深く、難しいテーマを分かりやすく説明された」等の回答をいただき、大変好評でした。

質疑応答の様子
地域貢献活動

「北洋銀行ものづくりテクノフェア 2019」に出展しました!

2019年7月25日(木)、札幌市白石区の「アクセスサッポロ」で開催された「北洋銀行ものづくりテクノフェア2019」に出展しました。
このイベントは優れた技術や製品を有する中小企業、大学、支援機関等が一堂に会する場を提供し、販路拡大や企業間連携の促進、情報交換、技術交流を通じて、「北海道のものづくり産業の振興」を図ることを目的に開催されるものです。今回は道内外から225社・団体が出展し、約4,600名の来場があり、情報交換等が活発に行われました。
本学からは、デザイン学部・田島助教のメディアアートによるまちづくり活動の研究紹介として、「みなとメディアミュージアム」をテーマとした小規模地域芸術祭の研究や、来場する人々の顔を使った参加型プロジェクションマッピングの作品を展示しました。

主催/北洋銀行
http://hokuyo-monotec.jp/
(札幌市立大学公式サイト外にリンクします)

新着情報

アメリカ・サバナ州立大学関係者が本学を視察しました(6/3)

本学のメディア・デザインに関心を持ったサバナ州立大学学生11名、教員1名、引率1名計13名が、夏のプロジェクト学習の一環で、本学を訪問しました。最初に、クローバーホールにて本学学生と交流しながら昼食を取った後、若林教授の「ビジュアライゼーション」を見学。その後、須之内講師が本学紹介ならびに昨年度実施したアメリカの大学との交流成果の本学学生の作品を紹介しました。本学の施設及び教育内容は来学した学生たちにとって、印象深いものとなったようです。

新着情報

円山動物園で景観調査を実施しました

現在、札幌市円山動物園では、北海道に生息・自生する動植物の新しい展示エリア「北海道ゾーン(仮称)」の将来的な整備が検討されています。
ゾーン整備検討に向けて必要となる景観要素を把握するため、動物園内の景観調査を受託研究として実施しました。2018年8月から2019年1月にかけて、毎月1回程度園内を調査し、景観の季節変化や時間帯による日照範囲の変化などを記録していきました。

  • 受託研究:「北海道産動物の生息・飼育・展示環境の総合デザイン研究」(札幌市)
  • 研究代表者:デザイン学部講師・大島 卓
デザイン

情報プロダクト研究室が、実験的な健康エージェントアプリのキャラクターデザイン、キャラクターアニメーションを手がけました。

札幌市立大学 デザイン学部の情報プロダクト研究室では、人間が扱う機器の使いやすさに関わる研究を行っています。その一環で、実験的に開発が進んでいる「健康エージェントアプリ(株式会社なごみテクノロジー製)」のキャラクターデザイン、キャラクターアニメーション制作を手掛けました。
 本アプリは、利用者が、スマートフォン内に存在する健康エージェント(キャラクター)を相手に会話をするものですが、この会話を通じて利用者の健康状態を推定し、必要に応じて運動や食事のアドバイスをしたり、かかりつけ医や地域のケアセンターなど関係先への連絡を可能とするシステムの構築を最終目的とするものです。
 まず、発話が「インプット」となりますが、この「インプット」として想定される利用者の心理状態を定義し、対応する「アウトプット」を類別しました。その上で、心理状態毎に対応する「アウトプット」として適切な、表情、ジェスチャーの検討を行い、具体的なキャラクターアニメーションを制作するプロセスをとりました。

地域貢献活動

「災害を考える/災害から考える」を実施しました!

2019年3月16日(土)、本学まこまないキャンパスにおいて「災害を考える/災害から考える」を実施しました。南区の防災リーダー研修を兼ねたこのイベントでは、厚真町理事の大坪秀幸氏、同町職員の長瀧夢子氏による講演会のほか、本学教員と水道局職員によるミニ講座、防災・避難用品の展示、非常食の試食と配布、本学学生によるワークショップや作品展示を実施しました。何れも「災害」をテーマとしており、230名の来場者からは、『参考になった』との感想の他、『継続して開催してほしい』、『町内会を対象として開催してほしい』などの要望をいただきました。

デザイン学部 作品・研究アーカイブス

「厚別区誕生30周年」記念ロゴマークをデザインしました

平成元年11月6日に白石区から分区し、今年で30年を迎える厚別区。この記念すべき節目の年を区民の皆さんとともに祝い、地域との一体感をより一層深めていく機会にしたいとの考えから、厚別区誕生30周年を記念するロゴマークを作成することとなりました。
本学デザイン学部の学生23名がデザイン提案を行い、選定の結果、石井桃子さん(人間空間デザインコース3年)のデザインが採用されました。
厚別区のホームページにも掲載されていますのでぜひご覧ください。
http://www.city.sapporo.jp/atsubetsu/machi/fureai/30logo.html
(外部サイトへリンクします)

デザイン

「おじさんハンコ」が発売されました!

「おじさんハンコ」は、株式会社ミツウマ、北海道立総合研究機構、札幌市立大学のタッグによるゴムを用いた北海道のお土産プロジェクトから生み出されました。北海道内12の町村で名物となっているご当地名物おじさんをリアルに捉えた「おじさんハンコ」。企画開始から1年半、ついに2019年3月1日(金)より道内12箇所で販売が開始されました! 「何につかうの?」「しらないおじさん?」との声も聞こえますが、SNSやネットニュースで注目を浴びています。ぜひ「おじさんハンコ」を通して、その街の魅力を発見してください。

  • 参加学生:上山朝史さん、高橋清伽さん(デザイン学部4年)、田島奈々さん(デザイン学部2年)
  • 指導教員:デザイン学部助教・矢久保空遥

おじさんハンコ ウェブサイト⇒ http://oji-han.com/ (外部サイトへリンクします)

 

地域連携新着情報

西2丁目地下歩道に受託研究の成果であるストリートファニチャーが設置されました

札幌市の西2丁目地下歩道に、『賑わいのある都市空間』と『地域資源の活用』をコンセプトとしたストリートファニチャーが設置されました。
設置されたストリートファニチャーは、道産のナラ材が使用されており、CAD-CAMで検討した波型の座面形状が特徴的なベンチです。

  • 受託研究:「地域資源を活用した都市空間におけるストリートファニチャーの研究と計画 -西2丁目地下歩道の賑わいを目的としたストリートファニチャー」(札幌市)
  • 研究代表者:デザイン学部助教・金子晋也
公開講座報告

公開講座「将来人口推計をどう行い、どう使うか」を実施ました! 2019. 2.22

2019年2月22日(金)に、公開講座(専門セミナー)「将来人口推計をどう行い、どう使うか」を実施しました。

本講座は経済産業省が進める「プレ金大学」としての開講でもあり、道内初の事例となりました。当日は27名の参加がありました。

講演内容としては、人口減少対策を考えるのに有用な情報を提供しうる将来人口推計について、実施する際のポイント、その結果の活用事例として将来世帯推計の方法を紹介しました。

アンケート結果からも「人口推計から見えるまちの姿が興味深かった」「人口減少を様々な視点から捉えていて面白かった」など良い評価を頂いています。

デザイン

SORAこそだてフェスタ2018にて子ども向け遊び「おうちにとどけ!プレゼント」を実施しました!

2018年12月15日(土)、札幌コンベンションセンターにて開催されたSORAこそだてフェスタ2018で遊び場の1つとして、あそびlab!オヘソが子ども向けの遊び「おうちにとどけ!プレゼント」を実施しました。
今回の遊びは、子どもたちがサンタさんに代わって、クリスマスプレゼントをお家に届けるストーリーで、配達先のお家の特徴が書かれたヒントカードを参考に、ダンボールで作った大小さまざまなお家がある街の中から配達先のお家を探し回りました。
遊びの導入部分では、サンタさんからのメッセージを伝える紙芝居やソリに乗って空を飛んでいる映像を見せるなど、遊びの世界へ入るための工夫をし、遊びの最後には、サンタさんへ子どもからメッセージを書くコーナーを作り、遊びの振り返りをしてもらいました。
学生スタッフと一緒にお家を探したり、気づいたことを楽しそうに教えてくれたりする子どもの様子が多く見られ、改めて地域のみなさんとの交流の重要性を実感しました。

  • 参加学生
  • 1年:中茂裕貴さん、畠中彩さん、平尾実唯さん(デザイン学部)、⽑利ちひろさん(看護学部)
  • 2年:猪股祐衣さん、大山ひとみさん、木村はるなさん、小林万莉果さん、近藤菜緒さん、佐藤花映さん、孫亜男さん、園部唯さん(デザイン学部)
  • 3年:佐竹希里さん、高橋真由さん、宮浦志穂さん、吉田奏子さん(デザイン学部)
公開講座報告

公開講座「パリの街とデザイン(その3)」を開催しました 2019.02.09

2019年2月9日(土)に、公開講座「パリの街とデザイン(その3)」を実施し、本学学生を含む一般市民の方、合計25名の参加がありました。
講座では、フランスやパリの概要に加え、石畳、橋、壁画、カフェの食事を事例として、パターンや機能美、色彩の力、街全体のキャンバス的扱いについて解説、考察しました。
アンケートから、参加者全員におおむね満足いただき、「多方面からのアプローチが楽しかった。」という意見があった一方、「都市機能とデザインの関係など、もう少し掘り下げて欲しい。」というご指摘もいただき、今後に生かしてまいります。

地域貢献活動

公開講座「災害を考える/災害から考える」~厚真町の事例から学ぶ~ を開催します。2019年3月16日(土)

市立大学公開講座「災害を考える/災害から考える」を開催します。

災害が発生してから対応策を考えるのでは間に合わないため、災害について情報収集し、災害に備えることができるように学びます。

  • ●期日:2019年3月16日(土) 12:30~16:30
  • ●会場:札幌市立大学まこまないキャンパス(南区真駒内幸町2丁目2-2まこまる)
  • ●対象:防災リーダー及び防災に関心がある市民
  • ●内容:
    ①厚真町の事例から学ぶ
    • ・北海道胆振東部地震による被害状況とその対応について 13:30~14:15 
       (講師:厚真町理事 大坪秀幸 氏)
    • ・震災発生後の情報発信業務について 14:15~15:00
       (講師:厚真町まちづくり推進課 長瀧夢子 氏)
    ②ミニ講座
    • ・厚真町の復興するチカラをデザインのチカラで支援する 15:10~15:40 
       (講師:デザイン学部講師 福田大年)
    • ・被災地で行う足湯ボランティアを看護の視点で考える 16:00~16:30
       (講師:看護学部講師 工藤京子)
    • ・災害時の水の確保のしかた 15:45~15:55
       (講師:札幌市水道局給水部計画課 土田悠樹 氏)
    ③学生ワークショップ(備災同好会「EZO学サイボー」+絵本ボランティアサークル「しゃぼん玉」)
     12:30~16:30
    ④市立大学学生成果発表
    ⑤スイスイ!クイズラリ~、水道用品の展示(札幌市水道局)12:30~16:30
    ⑥防災・避難用品の展示(札幌市防災協会)
    ⑦非常食の試食/数量限定(札幌市南区)
  • ●主催:札幌市立大学、共催:札幌市南区
  • ●協力:札幌市水道局、公益財団法人札幌市防災協会
         子どもの体験活動の場Coミドリ(特定非営利活動法人さっぽろAMスポーツクラブ)

詳細はこちらの案内パンフレットから

新着情報

第24回中国デザイン「DASHI組」関係者が来学しました。

1月22日に、本学のデザイン教育と施設視察を目的として、第24回中国デザイン「DASHI組」関係者が芸術の森キャンパスを訪問しました。
この中国デザイン「DASHI組」とは、毎年中国のデザイン分野の関係者が「全国デザインマスター組」を結成し、世界各地の大学を含むデザイン教育施設、デザイン組織、文化クリエイティブ組織と芸術研究機構を訪問するグループです。
今回は、上海にある同済大学を含む中国各地の大学教員17名、デザイナー等事業者9名、大学院生等5名ならびに通訳1名の総勢32名の方たちが来学しました。
本学のデザイン教育及び施設紹介をした石井研究科長に、来学者は熱心に質問をしていました。また、学内に展示されている卒業修了研究にも強く関心を持ったようです。

国際交流

承徳医学院からの学生受入れ研修プログラムを実施しました。

20181019日(金)~1023日(火)の5日間、提携大学である承徳医学院の学部生5名、大学院生2名が、札幌市立大学桑園キャンパスを訪問し、研修を受けました。日本や本学の看護教育について学ぶと共に、本学の学生と交流し、看護学生間の交流を図り相互理解を深めました。また、日本の文化について学び、体験をしました。

 

新着情報

国立台中科技大学と学術交流協定を調印しました。

2018年12月10日、国立台中科技大学と学術交流に関する協定を調印しました。デザイン学部、看護系の学部に加え、全部で5学部を有する国立台中科技大学は来年創立100年を迎える歴史がある台湾の大学です。
台湾と日本の社会的な課題が類似していることから、両大学が力を合わせて、デザイン×看護×AIの力を連携することによって、両国の社会的な課題解決に向けた新たな研究を始めることができるのではないかと期待しています。
もちろん、研究ばかりではなく、学生交流も計画されています。

新着情報

Asia Digital Art Award FUKUOKA 2018に本学教員の作品が優秀賞を受賞

高度なメディアテクノロジーを背景に論理的な思考と芸術的感性との融合を標榜し、さらにアジアの文化、風土に深く根差した世界レベルのメディアアート作品の公募展Asia Digital Art Award FUKUOKA 2018に本学デザイン学部講師・松永康佑の作品が優秀賞を受賞しました。

■Asia Digital Art Award FUKUOKA 2018
・受賞作品展:
2019年2月7日(木)~2月12日(火)
・会場:
福岡アジア美術館
・ウェブサイト:
https://adaa.jp/
(札幌市立大学サイト外にリンクします。)
■展示作品『Platomino』
・作品動画ウェブサイト:www.youtube.com
(札幌市立大学サイト外にリンクします。)
Platomino
公開講座報告

公開講座「より豊かな社会を築く最新テクノロジー」を実施しました! 2018.11.2

AIの可能性に関する関心が高く、150名を超える受講者が集まりました。まず、日本マイクロソフトの榊原彰氏から、人工知能(AI)を活用し開発された、暮らしに密着した新技術の紹介がありました。この中には、画像認識やディープラーニングによるデータ解析等を活用したサングラス型のHoloLens等も含まれます。その後、AIへの理解をさらに深めるために、中島秀之(本学学長)も交え、人工知能の歴史も含めた概要説明及び対談を行いました。

新着情報

2018年度SCU産学官金研究交流会を開催しました!

人間重視と地域社会への貢献を理念に掲げている札幌市立大学では、デザインと看護の分野の特色を活かした研究成果を生み出しています。
産学官金の連携強化のみならず、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングをすることを目的として、産学官金研究交流会を開催しました。
8回目を迎える今年のテーマは「医療・福祉・看護」、「技術・デザイン」、「シーズ活用の取り組み」でした。今年度も双方向の交流を目指し、30件のポスター・展示発表を実施しました。その後、情報交換会も開催しました。
ポスター・展示発表には、北海道立総合研究機構、北洋銀行、北海道中小企業家同友会、看護系大学連携による知的財産創出ネットワークに加え、新たに連携協定を結んだ公立はこだて未来大学、本学もメンバーとなっている北海道医療福祉産業研究会にもご参加いただきました。
多くの方にご参加いただき大変有意義な研究交流会となりました。

  • ●日時:2018年11月28日(水)
          15:00~18:05 研究交流会(口頭発表・ポスター・展示発表)
          18:15~19:30 情報交換会
  • ●会場:研究交流会 ACU-A 大研修室1614
        情報交換会 ACU-A 多目的ラウンジ1612
       (札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16階)
  • ●対象:産学官金連携に関心がある企業・行政等の関係者、技術者、研究者など
  • ●発表概要
    • 1)中島学長挨拶(15分)
    • 2)口頭発表[15:25-17:10]
       口頭発表のテーマを「医療・福祉・看護」、「技術・デザイン」、「シーズ活用の取り組み」に分け、9件の口頭発表を実施した。
    • 3)ポスター・パネル等展示発表[17:20~18:00(20分×15件×2班)]
      ・札幌市立大学15件・北海道立総合研究機構5件・北海道中小企業家同友会3件・北洋銀行1件・看護系大学連携による知的財産創出ネットワーク3件・公立はこだて未来大学2件・北海道医療福祉産業研究会1件 計30件
  • ●主催:SCU産学官金研究交流会実行委員会(事務局:札幌市立大学地域連携課)
  • ●後援:北海道立総合研究機構、北海道中小企業家同友会、北洋銀行、北海道経済産業局、札幌市
国際交流

SCU-PNCA 国際交流ワークショップ①(札幌開催)

「SCU-PNCA 国際交流ワークショップ①(9/15~9/23)」として、Pacific Northwest Collage of Art [PNCA] (アメリカ ポートランド) の学生らが札幌を訪問し、本学学生との交流、札幌に関するリサーチを行いました。PNCA 学生による札幌での様々な体験・リサーチ結果について、発表とディスカッションを実施しました。また、PNCA 学生の最終成果物形式であるイラストレーションとモーショングラフィックの制作アイデアの発表を行い、帰国後の制作プロセスを確認しました。なお、このワークショップは、Pacific Northwest Collage of Art [PNCA] (アメリカ ポートランド)と札幌市立大学[SCU]の学生とが相互に札幌とポートランドを訪問し、異文化理解・文化交流を行いながら、相手の都市のアイデンティティや文化的魅力を題材として、映像作品(SCU)とグラフィックワーク(PNCA)を制作する取り組みの一環で実施しました。
ワークショップ②として、9/24~9/29に本学の学生がポートランドを訪問しました。(参照:/campus/crc/international/#pdn-46019
また、このワークショップで制作した作品は、それぞれの都市中心部にある公共サイネージで2019年1月頃に展示・放映される予定です。

・日程:2018 年 9 月 15 日(土)〜9 月 23 日(日)
・開催:札幌市立大学(日本 札幌)
・参加者:PNCA学生8名、教員1名
                   本学学生5名、教員2名

デザイン

SCU-PNCA 国際交流ワークショップ②(ポートランド開催)

SCU-PNCA 国際交流ワークショップ9/249/29)」として、本学学生らがポートランドを訪問し、Pacific Northwest Collage of Art [PNCA] (アメリカ ポートランド)の学生・教員・コーディネーターとの交流、リサーチ活動に関するディスカッションを行い、その後、2チームに分かれリサーチ・撮影・取材活動を行いました。
1
チームは、PNCA 学生との交流を重視し、PNCA 学生の自宅を訪間しながら相手文化の色々な様子を撮影したり、PNCA 学生が普段過ごしているポートランドの文化拠点や消費活動などを積極的にリサーチ・撮影・取材しました。
もう1チームは、ポートランドの都市空間における様々なモニュメントやパブリック・アート、ポートランドのトレンドに着目し、自ら足を運び精力的にリサーチ・撮影・取材しました。
なお、このワークショップは、Pacific Northwest Collage of Art [PNCA] (アメリカ ポートランド)と札幌市立大学[SCU]の学生とが相互に札幌とポートランドを訪問し、異文化理解・文化交流を行いながら、相手の都市のアイデンティティや文化的魅力を題材として、映像作品(SCU)とグラフィックワーク(PNCA)を制作する取り組みの一環で実施しました。
これに先立ちワークショップとして、9/159/23PNCA学生が札幌を訪れました。(参照:/campus/crc/international/#pdn-45269
また、このワークショップで制作した作品は、それぞれの都市中心部にある公共サイネージで20191月頃に展示・放映される予定です。

・日程:2018 9 24 日(月)〜9 29 日(土)
・開催:PNCA(アメリカ ポートランド)
・参加者:本学学生7名、教員2
        
  PNCA学生7名、教員4名他

本学学生のポートランド活動記録ブログ
https://note.mu/pncascuws2018
(外部サイトにリンクします)

デザイン

台日デザインワークショップに本学学生12名、教員2名が参加しました。

札幌市立大学と華梵大学(台湾)とのデザインワークショップ(以下WS)は、2009年8月に第1回を札幌市立大学で開催し、その後両大学で毎年交互に開催されております。
今年(2018)は第10回WSが華梵大学(台湾)で開催され、本学学生12名、教員2名を派遣しました。

  • 日程:2018年8月26日~9月2日
  • テーマ:大学に於ける山地都市文化の伝承とコミュニティー開発に関する提案
  • 主催校:華梵大学(台湾)芸術設計学院 工業設計系
  • 参加校:札幌市立大学、雲林科技大学(台湾)、台中科技大学(台湾)
  • 参加者:49名
    本学14名(学生12名、教員2名)
    雲林科技大学12名(学生10名、教員2名)
    台中科技大学7名(学生6名、教員1名)
    華梵大学16名(学生10名、教員6名、ほか華梵大学アシスタント 7名(学生6名、教員1名))

〇WSで得られたこと

・異文化に触れて見識を広げることができました。
調査のため台湾の山地都市に行き、日本と異なる文化、生活様式、等に直接触れることができ、多様な価値観を理解し、異なる地域のデザインテーマや問題意識を共有することによって、地域の将来へ向けて複眼的思考による解決方法ならびにデザインプロセスを学ぶことができました。
・デザインスキルの向上
各大学のデザインスキルの差異や特徴を学ぶ事によって強い刺激が得られ、新たなデザインスキルへの学習意欲が高まりました。また、国際的な連携作業のノウハウが共有化されているので、短時間であってもチームワークと集中力によって高度な学習効果が得られるという実感を持つことができました。
・日本の都会で失われつつある人間の優しさや、素朴な感動表現、伝統や民俗を重んじる心、礼儀正しさ、感謝の表現に触れることができ、日本人として考えさせられることの多いワークショップとなりました。
教員の活動

道立総合研究機構「中央水産試験場」視察について

札幌市立大学×道立総合研究機構との連携事業の一環として、北海道の水産加工を担って研究している「道立総合研究所 中央水産試験場」の視察に行きました。現在、中央水産試験場で取り組んでいるマーケティング及び本学大学とのレトルト加工技術「骨まで食べられるニシン」のネーミング・ロゴマーク開発プロジェクトについてお話しいただき、ヒラメ、ニシンなど北海道の食産業と加工技術、その他、ムール貝の養殖技術開発、実験棟で加工試験室など研究開発の現場を紹介いただきました。また、食品開発、商品化販売、ブランディングなどのデザイン、食育、病院食など食、健康、看護に係る意見交換を実施しました。今後の共同研究や研究のヒントに繋がることを期待しています。

  • ・日時:2018月9月18日(火)8:40~16:30
  • ・参加者:札幌市立大学教職員14名(デザイン学部4名、看護学部6名、事務職員4名)、道総研連携推進本部職員3名
学生の活動

「もりの仲間のさわやかクラブ 健康まつり2018」でお赤飯についての思い出やレシピについてヒヤリングを行いました

2018年8月29日(水)、「もりの仲間のさわやかクラブ 健康まつり2018」で「お赤飯プロジェクト」を実施しました。お赤飯の歴史や南区発祥といわれる甘納豆をパネルで紹介したり、お赤飯についての思い出やレシピについてのヒヤリングを行い、たくさんの地域の方と交流を深めました。今回の交流でお赤飯にまつわる思い出や様々なレシピを聞くことができ、次の活動に繋がるいい経験となりました。

  • 参加学生:デザイン学部3年 小熊凛さん、同2年 本間しおりさん
         看護学部1年 青山美里さん
  • 教員:デザイン学部准教授・三谷篤史、看護学部准教授・村松真澄
地域連携研究センター新着情報

もりの仲間のさわやかクラブ 健康まつり2018に「健康応援室」が参加しました

2018年8月29日(水)に「もりの仲間のさわやかクラブ 健康まつり2018」が札幌市立大学芸術の森キャンパスアリーナで開催されました。芸術の森地区社会福祉協議会の依頼により、健康応援室からは(1)骨密度測定、(2)足指力測定の健康測定および、(3)左記の結果を踏まえた健康相談のコーナーに教員2名と学生2名が協力し、参加者は男性27名、女性54名となりました。学生は夏季休暇中でしたが、「地域プロジェクト3(発展編)」の授業の一環で参加し、地域住民との関わりを通して、看護者として住民の健康教育を支援する重要性を認識しました。

 

  • 参加学生:岩田七海さん、午來真由さん(看護学部3年)
  • 教員:看護学部講師・山本真由美、武冨貴久子
新着情報

本学学生の樺太慰霊碑デザインが採用されました。

旧樺太島内には一般社団法人全国樺太連盟に所属する協議団体が戦後に建立した慰霊碑等が23基存在しています。しかし、元島民の高齢化に伴い、渡航や慰霊、碑の維持管理が困難となりつつあることから、樺太が眺望できる稚内公園に合祀した慰霊碑を建立することとなりました。その慰霊碑のデザインを学内公募したところ、19名の学生から応募があり、審査の結果、最優秀賞としてデザイン学部2年 佐藤 結衣さんのデザインが採用されました。なお、建立は2019年8月の予定となっています。
最優秀賞:佐藤祐衣さん(デザイン学部2年)
優秀賞:安田朱里さん(デザイン研究科2年)、坂元あかりさん(デザイン学部3年)、石川潮音さん(デザイン学部2年)

教員の活動

2018年度学内研究交流会を開催しました。

 本学では「人間重視を根幹とした人材の育成」及び「地域社会への積極的な貢献」という教育研究上の理念のもと、「デザインと看護の連携」を目指しています。その連携を促進するためには、お互いの研究内容を理解する必要があるため、お互いの研究について情報交換をする機会として今年度で13回目となる2018年度学内研究交流会を実施しました。
 開催セレモニーとして、オープニングトークを行い、ポスター・作品発表の形式によって、全教員がポスターセッションを実施し、活発な意見交換を行い、教員の研究交流を図りました。
 さらに、今年度は、連携協定を締結した「公立大学法人はこだて未来大学」の関係者と国際交流事業として台湾の「台中科技大学・康寧大学」の関係者が参加し、研究交流を図りました。

新着情報

デザイン学部教員が建築デザイン賞「WAN world architecture news AWARD」で最優秀賞受賞!

デザイン学部准教授・山田良がロンドンを拠点とする建築デザイン賞「WAN world architecture news AWARD」にて最優秀賞を受賞しました(Category : small space)。同賞は世界から現代建築作品を公募し授与されるもので、山田良の作品は日本から唯一選ばれました。

Air Garden / 空の枯山水の画像
新着情報

デザイン学部生が、株式会社メルシーとデイサービスのロゴを作成しました。

起業を予定している「株式会社メルシー」及びデイサービス「みんなの家」のロゴを、デザイン学部2年生の小熊凛さんが作成しました。この会社の起業については、本学看護学部の卒業生が参加しており、作成したロゴを活用して、富山型デイサービス・地域共生ホームの事業を始める予定です。
※富山型デイサービスとは、ひとつ屋根の下で高齢者や障がいのある方、子どもなど年齢問わず利用できる複合施設のことです。

担当教員:看護学部 村松真澄

地域貢献活動

けんこうフェスタ2017 inちゅうおうに参加しました。

地域連携研究センター地域連携部門では9月18日に「けんこうフェスタ2017 inちゅうおう」の開催に協力し、「妊婦体験コーナー」を出展しました。当日は台風のため、予定していたボランティアの学生が参加できないこととなり、大変残念でした。しかし、雨の中幅広い年齢層の方々に胎児モデルや新生児モデル、妊婦ジャケットなどを体験していただきました。多くの方々に妊娠・出産・育児に関心を持っていただいたと思います。

新着情報

誰もが一緒に楽しめる遊びワークショップを開催しました!

昨年度に引き続き、「北海道アール・ブリュット2017 in 岩見沢」にて、「あそびlab!オヘソ」が遊びワークショップを実施しました。
今回は2つの部屋を使い、「暗い部屋でのお絵かき」と「明るい部屋でのお絵かき」の遊び場を設けました。「暗い部屋でのお絵かき」では、ブラックライトで照らした暗室の中で、参加者は天井から吊るした複数の的に向けて紙テープを投げたり、紙吹雪を撒いたりします。「明るい部屋でのお絵かき」では、ガラス窓や床に、様々な色や模様のマスキングテープを自由に貼っていきます。どちらの遊びも、ひとりひとりの関わりが蓄積され、大きな作品になっていく遊びです。
多くの方と一緒に楽しむことができ、とても貴重な時間をもつことができました。

  • 実施日:2017年9月9日~10日
  • 会 場:岩見沢市民会館・文化センター「まなみーる」
  • 参加学生(デザイン学部):
  • 木村はるなさん(1年)
  • 佐竹希里さん、高橋真由さん、宮浦志穂さん(2年)
新着情報

常盤地区町内会(スマイルクラブ)の健康づくりを応援してきました!

健康づくりと介護予防を目的に町内会の主催で開催された企画に「COCまちの健康応援室」も協力しました。学生も骨密度と体組成の測定を担当し、地域の多くの皆さんの健康づくりを応援することができました。

参加学生:安田衣吹さん、和田希来里さん(看護学部1年)

デザイン学部 作品・研究アーカイブス

手造通(てあるとおり)プロジェクトに協力しました!

本学デザイン学部の学生が、発寒商店街を中心に木工クラフトとデザインで地域のにぎわいを創出する「手造通プロジェクト」の拠点となる「手造通ショールーム」のインテリアデザイン及び、シンボルマークの提案を行いました。ショールームの内装はデザイン研究科の神守優二さんの案が採用され、企画・運営を行なったグランドオープンイベントには、多くの地域住民の方もご参加いただきました。

●参加学生(所属は参加当時)

  • デザイン研究科:船山哲郎さん、畠山慎吾さん、佐々木賢吾朗さん、神守優二さん
  • デザイン学部:坂元文さん、田邉和音さん、河口紘亮さん、松島弘樹さん