札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

新着情報

看護

看護学研究科博士前期課程院生らの研究が「Journal of Clinical Nursing」に掲載されました。 

本学看護学研究科博士前期課程2年の石黒未恵さん(指導教員:村松真澄准教授、高橋尚人特任准教授)の研究が「Journal of Clinical Nursing」に掲載されました。「Journal of Clinical Nursing」は、看護分野における権威ある国際的な査読付き学術論文誌です。 

 

論文名は、『Image diagnosis models for the oral assessment of older people using convolutional neural networks: A retrospective observational study(畳み込みニューラルネットワークを用いた高齢者の口腔内評価のための画像診断モデルの構築:後ろ向き観察研究)』です。 

論文では、AI(人工知能)画像判別技術を用いて口腔画像を解析し、口腔の状態を診断するモデル構築に取り組み、口腔アセスメントのうち多くの項目で90%以上の精度で診断できることを示しました。本研究は、看護実践分野へAIを導入していく先駆的研究として重要な位置付けとなります。 

 

「Journal of Clinical Nursing」公式サイト:https://onlinelibrary.wiley.com/journal/13652702 

論文掲載ページ:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/jocn.16182 

 

学生の活動

看護学研究科博士前期課程の院生がJANS41で若手優秀演題口頭発表賞を受賞

本学大学院看護学研究科博士前期課程2年、石黒未恵さん

が第41回日本看護科学学会学術集会にて、若手優秀演題口頭発表賞を受賞しました。

演題名は「高齢者の口腔アセスメントのためのAI画像診断モデルの構築」です

第41回日本看護科学学会学術集会 JANS41演題表彰:https://www.cs-oto.com/jans41/index.html

 

新着情報

札幌市立大学大学院看護学研究科「第2回公開発表会」を開催します

看護学研究科博士後期課程1名が、これまでの研究内容を発表いたします。

興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • 開催日時:2021年12月2日(木)10:40~
  • 開催方法:Zoomによるオンライン配信

 

看護学研究科第2回公開発表会プログラム

 

参加をご希望の方は、12月1日(水)12:00までに「所属・氏名・メールアドレス」を記載のうえ、

札幌市立大学桑園事務室教務係あて(so.kyomu★scu.ac.jp)へEメールでお申込ください。

※ 上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

地域貢献活動

オンラインで口腔ケアに関する健康講話を実施しました。

地域交流ボランティア同好会actは、2021年9月16日に礼文町の高齢者を対象にした口腔ケアに関する健康講話をZOOMオンラインで行いました。特別介護老人ホーム「礼宝園」に集まった高齢者やスタッフに「おいしく食べるためのお口の健康と入れ歯のケア」というテーマで、口腔ケアを行う目的やその方法について、スライドや動画を用いて伝えることができました。地域の方と一緒に、口の体操や歯磨き、スポンジブラシを使った口腔ケアを行いました。離れた場所にいる方とオンラインで交流をしながら、口腔ケアを行うことに、戸惑いもありましたが、参加者からは「これから歯みがきの仕方について意識したい」などという感想をいただきました。

とても楽しく貴重な体験となりました。講話には20名もの参加者が集いました。

 

地域交流ボランティア同好会act

  • 参加学生:成田陽香、山内涼楽(看護学部4年)
  • 教員:看護学部准教授 村松真澄

 

礼文町役場が発行している「広報れぶん2021年11月号」でも紹介されています。

http://www.town.rebun.hokkaido.jp/koho/

 

社会福祉法人 礼文福祉会 特別養護老人ホーム 礼宝園 ホームページ

http://www.reihouen.or.jp/

新着情報

札幌市立大学大学院博士前期課程「連携プロジェクト演習」公開成果発表会を開催します

大学院デザイン研究科と看護学研究科が連携して行っている博士前期課程の授業「連携プロジェクト演習」の成果について、公開発表会を開催します。ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●開催日時:2021年11月6日(土)14:50-16:00
  • ●開催方法:Microsoft Teamsによるオンライン配信
  • ●参加方法:参加をご希望の方は、11月3日(水)までにメールにてお申込みください。メールに氏名・メールアドレスおよび「連携プロジェクト演習」公開成果発表会に参加ご希望の旨を記載してください。お申込みの方には別途参加方法をお知らせします。
  • ●申込先:札幌市立大学学生課教務係(ge.kyomu★scu.ac.jp) ★を@に置き換えてください。

 

2021連携プロジェクト演習公開成果発表会プログラム

 

看護

2021年度「認定看護管理者教育課程サードレベル」が8月23日に開講しました

本学では13年目となる認定看護管理者教育課程サードレベルが開講しました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から休講としましたが、今年度は遠隔授業を中心とした講義とし、2年ぶりの開講となりました。
開講式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者を受講者と教職員のみとし、座席の間隔の確保や会場の換気等の感染対策を行い開催しました。最初に受講者一人ひとりの名前が読み上げられ、中島学長から受講を許可された後、学長、松浦副学長・教育支援プロジェクトセンター長、佐藤教育機関代表者から歓迎と励ましの言葉がありました。

今年度は、13名の方が受講されます。
今年度のプログラムは、第Ⅰ期が9月10日まで、第Ⅱ期が11月5日から11月19日まで、第Ⅲ期が来年1月6日から1月21日まで。計34日間の課程修了と認定看護管理者認定審査の合格を目指します。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
看護研究科博士前期課程 研究アーカイブス

札幌市立大学大学院看護学研究科「第1回公開発表会」を開催します

看護学研究科博士前期課程4名(うち9月修了予定者1名)、博士後期課程1名が、これまでの研究内容を発表いたします。

興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • 開催日時:2021年8月19日(木)8:50~
  • 開催方法:Zoomによるオンライン配信

 

 看護学研究科第1回公開発表会プログラムPDF

 

参加をご希望の方は、8月18日(水)12:00までに「所属・氏名・メールアドレス」を記載のうえ、

札幌市立大学桑園事務室教務係あて(so.kyomu★scu.ac.jp)へEメールでお申込ください。

※ 上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

新着情報

「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2021」開始式が行われました!

助産学専攻科では、7月2日(金)に「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2021」開始式が行われました。7月5日(月)から、いよいよ助産学実習が始まります。実習における自己の目標と目指す「なりたい助産師像」について皆で共有をしました。

妊産褥婦さんと赤ちゃん、そして家族との出会いが待っています。その出会いを大切に、そして「なりたい助産師像」に向かって歩んでくれることを願っています。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
新着情報

看護学部教員 卯野木健教授の研究が「PLOS ONE」に掲載

札幌市立大学看護学部教員、卯野木健教授の研究が科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました。

「PLOS ONE」は2006年からPublic Library of Science社より刊行されているオープンアクセスの査読つきの科学雑誌であり、オープンアクセスジャーナルとして、世界最大級の論文掲載数を誇る雑誌である。

掲載する研究のテーマは、「集中治療を受けた患者の1年後の集中治療後症候群の罹患率とリスク因子:12の日本のICUにいける多施設共同研究(SMAP-HoPe study)」(Prevalence of and risk factors for post-intensive care syndrome: multicenter study of patients living at home after treatment in 12 Japanese intensive care units, SMAP-HoPe study)である。

集中治療は患者の救命を唯一の目標として医療を提供してきた。しかし、医療の進歩とともに救命率は向上し、助かった人々がどのような症状を持ち、どのような生活を送っているか、という観点も注目されつつある。海外での研究では、集中治療を受けた多くの患者に、筋力の低下、PTSD、不安症状などがみられる。このような、集中治療中、集中治療後に起きる症状は、集中治療後症候群(PICS)と総称される。
PICSは患者のQOLに影響を及ぼす重要な問題であるにも関わらず、日本における研究は進んでおらず、特に大規模な調査が不足していた。
そこで、日本の12のICUと共同して、日本におけるPICSの現状を明らかにした。対象患者はICUから退室して1年後の患者である。分析対象患者は700人を超えており、現時点で国内最大の研究である。
結果、うつは海外と同程度、不安やPTSDは比較的少ないとの結果を得た。しかしながら、3人に1人が何らかのメンタルヘルスの問題を抱えていたことが明らかになった。また、予定手術などの入院と比較し、緊急入院でPTSDのリスクが上がることも示した。本論文は、日本での初の大規模調査であること、また、看護師を中心とした多施設共同研究は未だ多くなく、その点でも注目に値すると思われる。
 

「PLOS ONE」公式サイト: https://journals.plos.org/plosone/

掲載ページ: https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0252167

新着情報

SCU-TVに新たに動画を投稿しました

本学のYoutubeチャンネル「SCU-TV」にて新たに4本の動画を投稿しました。

 

  • ・SCUデザイン学部の流れ

  • ・SCUの看護学部の学びとは

  • ・SCUで保健師を目指す人へ

  • ・SCUで助産師を目指す人へ

 

その他の動画についてはこちら

https://www.scu.ac.jp/about/teach/scu-tv/

新着情報

台中科技大学(台湾)とオンライン国際交流プログラムを実施しました。

1月14日に、国立台中科技大学中護健康學院(看護学部)とオンライン(webex)による国際交流プログラムを実施しました!
札幌市立大学看護学部からは、6名の学生が茶道、YOSAKOIのサークル活動の紹介や、卒業研究の成果を発表しました。台中科技大学からも4名の学生がキャンパスライフや台湾の健康事情に関する報告をしてくれました。両大学の学生とも、慣れない英語での交流でしたが、楽しく有意義な機会となりました。

クリックで拡大表示
プログラムの様子
クリックで拡大表示
YOSAKOIの紹介
クリックで拡大表示
参加学生の様子
その他

札幌市立大学大学院看護学研究科「第3回公開発表会」を開催します

看護学研究科博士前期課程12名(うち3月修了予定者9名)、博士後期課程1名(3月修了予定者)が、これまでの研究内容を発表いたします。

興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • 開催日時:2021年2月5日(金)8:50~
  • 開催方法:Microsoft Teamsによるオンライン配信

 

 看護学研究科第3回公開発表会プログラム

 

参加をご希望の方は、2月4日(木)12:00までに「所属・氏名・メールアドレス」を記載のうえ、

札幌市立大学桑園事務室教務係あて(so.kyomu★scu.ac.jp)へEメールでお申込ください。

※ 上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

 

新着情報

「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2020」第2回経過報告会をしました!

助産学専攻科は、12月18日(金)「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2020」第2回経過報告会をしました。今年度は、臨地実習の他に学内実習も組み合わせながら、助産学実習を進めてきました。学生たちは、後期実習を振り返り自分自身の成長したところや今後の実習へ向けた自己の目標を新たに見つけていました。

なりたい助産師になれるよう、これからも切磋琢磨し歩んでくれることを願っています。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
デザイン学部 作品・研究アーカイブス

桑園商店街で配布するマスクケースのデザインを行いました。

桑園わくわく商店会からの協力依頼を受け、桑園商店街で配布するマスクケース(飲食時に外したマスクを衛生的に保管するためのケース)のデザインを行いました。桑園地域からの要望であり、また、食の安全性に関するグッズのデザイン提案であることから、デザイン・看護両学部の学生が参加し、最終的に6種類のデザインが採用されました。

デザインしたマスクケースは、5万枚用意され、桑園わくわく商店会お値引きチケットキャンペーンに参加している店舗を利用した皆さまに配布される予定です。

◎参加学生
看護学部:岩田 ちなみ、干田 結梨花
デザイン学部:村中 隆誓、山田 紗理唯

 

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第2回公開発表会」を開催します

看護学研究科博士前期課程1名、博士後期課程1名が、これまでの研究内容を発表いたします。

興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●開催日時:2020年12月3日(木)10:40~
  • ●開催方法:Microsoft Teamsによるオンライン形式

看護学研究科第2回公開発表会プログラム

参加をご希望の方は、12月2日(水)12:00までに「所属・氏名・メールアドレス」を記載のうえ、
札幌市立大学桑園事務室教務係あて(so.kyomu★scu.ac.jp)へEメールでお申込ください。
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

 

 

新着情報

「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2020」第1回経過報告会をしました!

助産学専攻科は、7月22日(水)に前期の実習を終えました。学生たちは、前期の実習を振り返り自分自身の成長したところや後期の実習へ向けた自己の目標を新たに見つけていきました。
助産師を志す仲間と切磋琢磨し、母子とその家族にとってよりよい助産ケアが提供できるよう、日々邁進してほしいと願っています。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
新着情報

令和3年度看護学部特別選抜(社会人)におけるプレゼンテーションについて

 令和3年度看護学部社会人特別選抜試験において、学生募集要項に記載のとおり、面接の際にプレゼンテーションを課します。その際の注意事項について以下のページにある「看護学部特別選抜(社会人)プレゼンテーションについて」をご確認ください。

令和3年度看護学部特別選抜(社会人)学生募集要項

新着情報

令和3年度看護学研究科博士後期課程入学者選抜試験における特例措置について

令和3年度看護学研究科博士後期課程入学者選抜試験において、特例措置を以下のとおり実施します。
なお、この特例措置は、今般の感染症拡大による不測の事態へ対応するためのものです。
詳細は以下のページにある特例措置をご確認ください。

令和3年度看護学研究科博士後期課程学生募集要項

新着情報

「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2020」開始式をしました!

 助産学専攻科学生10名は、対面授業が開始された初日である6月29日(月)に「私はこんな助産師になるぞ!プロジェクト2020」開始式を行いました。
 助産師を志す仲間と久しぶりに会い、心弾む思いを抑えながらではありましたが、新型コロナウイルス感染症の予防に留意して、各々が目指すなりたい助産師像を共有しました。3月の修了に向かって、邁進してほしいと願っています。

新着情報

令和3年度看護学研究科博士前期課程入学者選抜試験における特別措置について

 令和2年3月から6月までの期間に実施が予定されていた「TOEIC Listening & Reading公開テスト」及び令和2年6月21日(日)に実施が予定されていた「2020年度日本留学試験(第1回)」が中止されたことを受け、本入学試験の試験内容を一部変更いたしました。詳細は以下のページにある特例措置をご確認ください。

 令和3年度看護学研究科博士前期課程学生募集要項

新着情報

2020年度 助産学専攻科・大学院看護学研究科説明会の開催について

<2020年度 助産学専攻科説明会>
今年度の助産学専攻科説明会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、中止いたします。

<2020年度 大学院看護学研究科オンライン説明会>
今年度の大学院看護学研究科説明会は、パソコンやスマホ、タブレットで視聴できるオンラインによる説明会を開催いたします。

詳細は専攻科・研究科 説明会をご覧ください。

新着情報

2020年度(令和2年度)認定看護管理者教育課程サードレベルの休講について

本学教育支援プロジェクトセンターでは、新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、2020年度(令和2年度)認定看護管理者教育課程サードレベルを休講とすることといたしました。
遠隔授業や少人数での開催を検討いたしましたが、今後の感染拡大防止が最優先事項であることを鑑み、大変残念ではありますが今年度の休講を決定した次第でございます。
何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

認定看護管理者教育課程サードレベル

新着情報

新型コロナウイルス感染症拡大にかかる看護学部「学内キャリア説明会」の開催中止について

本年2月27日(木)開催の看護学部「学内キャリア説明会」について、新型コロナウイルス感染症が日本各地において拡大している状況を受け、感染機会となる可能性が否定できないことから、本年度は開催を中止することといたしました。
ご参加を予定していた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただきます様、何卒よろしくお願いいたします。

【開催日時・場所】

  • ・名称:札幌市立大学看護学部「学内キャリア説明会」
  • ・日時:令和2年2月27日(木)14:00~16:30
  • ・場所:札幌市立大学 桑園キャンパス体育館

令和2(2020)年2月19日

札幌市立大学 看護学部

看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第3回公開発表会」を開催します。

看護学研究科博士前期課程10名(うち今春修了予定者9名)がこれまでの研究内容を発表いたします。
興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • 日時:2020年2月7日(金)8:50~(8:40~受付開始)
  • 場所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室

※参加にあたって事前の申込みは必要ありません。

看護学研究科第3回公開発表会プログラム

看護

2019年度認定看護管理者教育課程サードレベルが修了しました

2019年8月27日から計37日間の日程で開講していた今年度のサードレベルは、2020年1月22日に修講式を行い、受講者23名が本課程を修了しました。

修講式では、受講者一人ひとりが中島学長から修了証を受け取った後、中島学長と猪股教育機関代表者及び中村特別顧問から今後の活躍への期待と激励の挨拶があり、来賓の北海道大学病院 佐藤ひとみ企画マネジメント部長から祝辞をいただき、受講者は、安堵と達成感で晴れ晴れとした笑顔に包まれていました。最後に受講者を代表して挨拶に立った田熊裕美さんは、感謝と今後の看護の発展に努力する決意の言葉を述べられました。

本学のサードレベルは今年度で12年目、修了者は合計204名となりました!

2020年度の受講者募集については、4月上旬を目途にこちら(/department/nursing/thirdlevel/)に掲載する予定です。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第3回公開発表会」を開催します。

看護学研究科博士前期課程13名(うち今春修了予定者10名)及び博士後期課程2名(今春修了予定者)がこれまでの研究内容を発表いたします。
興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●日時:2019年2月8日(金)8:50~(8:40~受付開始)
  • ●場所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室
  • ※参加にあたって事前の申し込みは必要ありません。

看護学研究科第3回公開発表会プログラム

新着情報

2018年度の看護学部高大連携公開講座の修講式を行いました

 専門教育科目5科目を開講した2018年度の看護学部高大連携公開講座には、札幌市立高校の2年生、3年生合わせて33人が受講。受講者は、「看護学原論」、「地域保健学概論」、「人間発達援助論」、「チーム医療論」、「国際看護学」を本学学生と一緒に学び、1月31日の修講式を迎えました。

 修講式には31名の受講者が参加、高校関係者のほか本学の教員が同席する中で、受講者一人ひとりに中島学長から修了証が手渡された後、中島学長と松浦看護学部長から激励の言葉がありました。また、札幌市立高校長会の林会長(市立札幌旭丘高校長)から「大学生と一緒に勉強できたことは進路を考える上で貴重な体験。ここでの経験を活かして自分の道を進んでください。」とご挨拶いただきました。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
看護

2018年度認定看護管理者教育課程サードレベルが修了しました

2018年8月21日(火)から計38日間の日程で開講していた今年度のサードレベルは、2019年1月24日(木)に修講式を行い、受講者17名が本課程を修了しました。

修講式では、受講者一人ひとりが中島学長から修了証を受け取った後、中島学長と中村教育機関代表者から今後の活躍への期待と激励の挨拶があり、来賓の市立札幌病院 勝見真澄副院長から祝辞をいただき、受講者は、安堵と達成感で晴れ晴れとした笑顔に包まれていました。最後に受講者を代表して挨拶に立った上野好美さんは、感謝と今後の看護の発展に努力する決意の言葉を述べられました。

本学のサードレベルは今年度で11年目、修了者は合計181名となりました!

2019年度の受講者募集については、4月上旬を目途にこちら(http://www.scu.ac.jp/department/nursing/thirdlevel/)に掲載する予定です。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第1回公開発表会」を開催します。

看護学研究科博士前期課程13名(うち9月修了予定者4名)がこれまでの研究内容を発表いたします。
興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●日 時:平成30年8月23日(木)8:50~(8:40~受付開始)
  • ●場 所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室
  • ※参加にあたって事前の申し込みは必要ありません。

 

看護学研究科第1回公開発表会プログラム

看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第2回公開発表会」を開催します。

看護学研究科博士前期課程4名が、これまでの研究内容を発表いたします。興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●日 時:平成29年12月7日(木)13:10~(12:50~受付開始)
  • ●場 所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室
  • ※参加にあたって事前の申し込みは必要ありません。

 

看護学研究科第2回公開発表会プログラム

 

 

新着情報

看護学部H29年度学内キャリア説明会参加施設の公募告知!

人事・採用ご担当者様へ

平成29年度札幌市立大学看護学部「学内キャリア説明会」を下記のとおり開催いたします。
この「学内キャリア説明会」は、主に本学看護学部3年生を対象にしたキャリア教育の一環で、個別ブースにて医療機関等の人事・採用ご担当者から学生と対面形式による説明会です。

[開催日時・場所]
  • ○日時:平成30年2月28日(水) 14:00~17:00
  • ○場所:札幌市立大学桑園キャンパス(看護学部) 体育館
[ 申込み要領等 ]
  • ○募集施設数: 道内(32)、道外(18) 計50施設
  • ○参加施設の決定方法:道内枠、道外枠、先着順で決定します。
  • ○申込方法:11/14(火)10:00から本ウェブサイトに「申込専用フォーム」を開設します。
    (電話・FAX・メール等での事前申込みは受付できません。)
  • ○申込受付期間:平成29年11月14日(火)10:00~
            平成29年11月28日(火)17:00
  •  ※参加枠に達した場合、募集を終了させていただきます。なお、参加の可否・キャリア説明会詳細につきましては、別途お知らせいたします。
    (応募多数の場合は、ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。)
学生の活動

助産学専攻科生が「学生によるオレンジリボン運動」を実施しました!

助産学専攻科生10名は9月16日(土)に開催されたオープンキャンパスにて、子ども虐待のない社会の実現を目指す「学生によるオレンジリボン運動」を実施しました。
来学された516名の皆様に自分たちで製作したリーフレットと一つ一つ思いを込めて手作りしたオレンジリボンを配布しました。
オレンジリボンの色は「子供たちの明るい未来を示す色」といわれています。私たちが配布したオレンジリボンを早々に胸につけていただいている光景を目にし、とてもうれしく思うとともに活動の意義を強く感じました。
この活動を通してオレンジリボンの環が拡がっていくことを願っています。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
地域貢献活動

けんこうフェスタ2017 inちゅうおうに参加しました。

地域連携研究センター地域連携部門では9月18日に「けんこうフェスタ2017 inちゅうおう」の開催に協力し、「妊婦体験コーナー」を出展しました。当日は台風のため、予定していたボランティアの学生が参加できないこととなり、大変残念でした。しかし、雨の中幅広い年齢層の方々に胎児モデルや新生児モデル、妊婦ジャケットなどを体験していただきました。多くの方々に妊娠・出産・育児に関心を持っていただいたと思います。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
新着情報

常盤地区町内会(スマイルクラブ)の健康づくりを応援してきました!

健康づくりと介護予防を目的に町内会の主催で開催された企画に「COCまちの健康応援室」も協力しました。学生も骨密度と体組成の測定を担当し、地域の多くの皆さんの健康づくりを応援することができました。

参加学生:安田衣吹さん、和田希来里さん(看護学部1年)

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
学生の活動

安産クラスを開催します!!

2017年9月1日(金)13:00~14:30  札幌市立大学COCキャンパス(まこまる内)にて、助産学専攻科生10名が妊婦さんとそのご家族を対象に「安産クラス~赤ちゃんを迎えるためにお母さんと家族ができること~」を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております!!
詳細につきましてはポスター及びリーフレットをご覧ください。

安産クラスチラシ 安産クラスチラシ2

看護

札幌市立大学大学院看護学研究科「第1回公開発表会」を開催します。

看護学研究科博士前期課程12名(うち9月修了予定者3名)及び博士後期課程3名が、これまでの研究内容を発表いたします。興味のある方は是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • ●日 時:平成29年8月24日(木)8:50~(8:40~受付開始)
  • ●場 所:本学桑園キャンパス大学院棟1階 大講義室

※参加にあたって事前の申し込みは必要ありません。

 

看護学研究科第1回公開発表会プログラム

 

その他

臨地教授称号授与式を行いました。

2017年7月12日(水)午前10時、桑園キャンパスで臨地教授の称号授与式を行いました。臨地教授は、実習先機関の実習指導を担当する方の中から一定の経験を有する方にお願いし、学内と実習先の連携を強め、より充実した臨地教育を目指すものです。

称号を授与された勝見真澄 様(市立札幌病院看護部長)、田中いずみ 様(手稲渓仁会病院看護部長)、堀由美様(北海道病院看護部長)及び石川奈津江様(札幌市保健所課長)の4名には、理事長・蓮見 孝より、臨地教育の更なる充実と発展に向けてお力添えをお願いしたいとの挨拶がありました。
引き続き意見交換会を行い、大学と臨床のつながりの強化等意見が出され、今後も話し合いの場を持つこととしました。

クリックで拡大表示
称号授与式の模様
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
地域貢献活動

2017年度高大連携公開講座を開講しました。

2017年度の高大連携公開講座を開講し、4月10日、開講式が行われました。

高大連携公開講座は、本学と札幌市が設置する市立高等学校との間の連携事業として、平成19年度から毎年実施されているもので、今年度で11回目を迎えます。
講座は、看護学部の専門教育科目である「看護学原論」、「地域保健学概論」、「人間発達援助論」、「チーム医療論」、「国際看護学」の計5科目の中から高校生自身が1科目を選択します。
今年度は29名の方に受講いただくことになりました。

開講式では、受講生の名前がひとり一人紹介された後、蓮見学長、樋之津副学長・看護学部長から歓迎と励ましの言葉があり、続いて札幌市立高校長会の武内会長(札幌新川高校長)からご挨拶をいただきました。
受講生は、7回または15回の授業を看護学部の学生と一緒に受講します。

クリックで拡大表示
クリックで拡大表示
クリックで拡大表示