札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

デザイン

新着情報

札幌市の原動機付自転車ご当地ナンバーのデザインを学生が作成

札幌市からの協力依頼でデザイン学部2年大村 莉乃さんの作品が原動機付自転車ご当地ナンバーに採用されました。原動機付自転車ご当地ナンバーのデザイン制作は、札幌市より本学にデザイン作成の依頼がありました。デザイン学部生や大学院生から応募を募集し、応募作品8点の中から選考会で大村さんの採用デザインが選ばれました。

ご当地ナンバーは市制施行100周年を迎える令和4年8月1日に交付開始予定で、原動機付自転車第一種(排気量50cc以下、白色ナンバー)を対象に600枚程度作成を予定しています。対象車種の新規取得時または通常のナンバープレートからの交換を希望する方に交付を予定しております。

作品タイトルは『私たちが見ている札幌』

札幌市民の目線と視界を意識し、実際に大通公園にいるときのような遠近感や空間の広がりを感じられるようなデザインを心がけました。札幌市のシンボルともいえるライラックとさっぽろテレビ塔を札幌市民の目線から見た時の景色をイメージしたデザインになっています。特にさっぽろテレビ塔はナンバープレートという狭い面積の中で最大限に迫力を感じられるような構図となっています。

クリックで拡大表示
採用された作品『私たちが見ている札幌』