札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

学生の活動

デザイン

学生と企画実施した「アナログってなんだろう?」が第14回キッズデザイン賞を受賞

2019年10月19、20日にNoMapsのイベントの一つとして実施した子ども向け工作ワークショップ「アナログってなんだろう?」が第14回キッズデザイン賞を受賞しました。

このワークショップは、株式会社オーディオテクニカ との協働プロジェクトとして企画実施したもので、アナログレコードの素晴らしさを子どもたちに体験してもらうために、フォノシートプレイヤーの工作キットを教材としたワークショップです。デザイン学部学生10名がワークショップで使用する教材のデザイン制作をし、2日間で約330人の参加した子どもたちとワークショップをたのしみました。

キッズデザイン賞とは、「子どもが感性や創造性豊かに育つ」ための優れた取り組みを選び、広く社会へ伝えることを目的として、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が実施している顕彰制度です。今回、子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門のコミュニケーション分野としてキッズデザイン賞を受賞しました。

参加学生:デザイン学部人間情報デザインコース3年

小泉花乃,小島千乃,澤田春風,鈴木萌乃,竹内菜実,中茂裕貴,古内あやな,森宗優香,山岸小百合,山田実来

指導教員:若林尚樹、安齋利典