札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

学生の活動

デザイン学部 作品・研究アーカイブス

日本造園学会北海道支部大会ポスター発表にて学生2名が受賞

10月16日(土)に2021年度日本造園学会北海道支部大会が開催され、本学からポスター発表に応募した学生2名が受賞しました。

ポスター発表優秀賞:能戸 紫月さん(デザイン学部 2年)

「der wald」

【作品要旨】

グリム童話では「森」は「walt」と書かれ、この言葉には人が入り込めない境界という意味があります。グリム童話の多くの物語で森が舞台となり、森は真逆の性質が入り混じった不思議な空間です。森は誰もが主人公になり新しい物語が起こる「日常と異世界の境界」であり、善い生き物と悪い生き物の両極端が共存する「善と悪の境界」であり、試練を乗り越え新しい自分に生まれ変わる「死と再生の境界」です。そんな不思議で人の入り込めない境界であるメルヒェンの森を体験する野外美術館の提案です。

【講評】

直感的に理解しやすいレイアウト構成になっており,童話をモチーフにした遊歩道のアイディア,絵本のような描画のタッチも含め,ポスターとしての訴求力,構成力が高く評価されました。またWeb上での事前審査,オンラインでの当日審査ともに適切な質疑応答ができており,ポスター発表としての総合的なバランスが高く評価されました。

 

ポスター発表奨励賞:来田 玲子さん(デザイン学部 2年)

「憶えゆく森 -心は想う、身体は感じる-」

【作品要旨】

札幌市南区に位置する札幌市立大学の森は、北海道の在来植生で構成される豊かな美しい森である。その森に遊歩道「憶えゆく森-心は想う、身体は感じる-」を提案したい。この遊歩道のコンセプトは、記憶である。記憶には、時の流れによって生じる記憶と感覚・感情によって生じる記憶があると私は考えた。時の流れによって生じる記憶のエリアは、二つの広場とメイン通路に広がる。各場所に時に由来した題名がつけられ、題名に基づいた展示物の観覧や体験ができる。そして、感覚・感情によって生じる記憶のエリアは、四つの通路に分岐している。それぞれの通路は「喜怒哀楽」、「視覚、聴覚、嗅覚、触覚」のいずれかを表す。この二つのエリアによって記憶を呼び、自身、そして、森を再認識させる遊歩道となっている。

【講評】

独創性のある世界観がポスターとして丁寧にまとめられていました。時の流れや記憶といったコンセプトが絵本のような描画のタッチにより表現され,遊歩道で展開されるそれぞれのシーンの理解を深めています。質疑応答についても的確に回答されており,ポスターの表現力とともに評価されました。

 

日本造園学会北海道支部HP「2021年度北海道支部大会 口頭発表・ポスター発表審査結果」:https://www.jila-hokkaido.com/?p=1624

クリックで拡大表示
「der wald」
クリックで拡大表示
「憶えゆく森 -心は想う、身体は感じる-」