札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

協力依頼、受託研究など

地域貢献活動

ものづくりワークショップ ~障がい者事業所製品の商品化への開発手法研究~

特定非営利活動法人 さっされんより受託研究を受け、本学デザイン学部教員 横溝賢 准教授とゼミ所属の4年生(岩井彩香さん,高畠栞さん,小島千乃さん,平尾実唯さん)が「ものづくりワークショップ ~障がい者事業所製品の商品化への開発手法研究~」を実施しました。

本受託研究の目的は、障がい者事業所で製造・販売する商品の独自性を高めるため、オリジナルの新商品開発に結びつけるデザインリサーチ手法を構築することです。

横溝准教授とゼミ生4人は、さっされんと連携する事業所・風の子さんたが製造する「昆布加工品」を選び、デザインリサーチを展開しました。リサーチでは、昆布生産地である厚岸町、様似町、そして札幌の加工工場に出向き、話を聞いて、学び、実際に手伝ってみることから調査を展開しました。実地調査を通じて学んだことは、人と昆布の共生関係でした。この共生関係をデザイン価値と捉え、共生的営みを持続させる知恵と技を図解によってビジュアライズし、パッケージデザイン事例まで盛り込んでリサーチブックをまとめました。約30の事業所が集まった成果報告会ではリサーチブックを使ったパッケージデザイン方法について説明しました。

 

横溝賢教授の研究内容についてはこちら

https://www.scu.ac.jp/about/introduction-research/yokomizo/

 

受託研究

「ものづくりワークショップ ~障がい者事業所製品の商品化への開発手法研究~」(特定非営利活動法人さっされん)

成果報告【研究代表者:デザイン学部 横溝 賢准教授】