札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

協力依頼、受託研究など

地域連携研究センター新着情報

キウシト湿原保全基礎研究(登別市・受託研究)成果報告

本学の矢部和夫名誉教授が、登別市からの受託研究「キウシト湿原保全基礎研究」を実施いたしました。

 

【実施内容】

2019年春にミズゴケ属再生試験地にオオミズゴケとワラミズゴケを移植し、その後の成長を追跡した。この結果に基づき今後の保全事業計画の提案を行った。2年間の成長の追跡で、ミズゴケ属の再生が確認でき、同時にミズゴケ属の急激な成長を促すためには除草が重要であることがわかった。これは継続する労力が必要である。

 

受託研究「キウシト湿原保全基礎研究」(登別市)

成果報告【研究代表者:名誉教授・専門研究員 矢部和夫】

 

キウシト湿原の貴重植物

クリックで拡大表示
カキツバタ
クリックで拡大表示
ワラミズゴケ
クリックで拡大表示
オオミズゴケ