札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

芸術の森キャンパス

大学本部、デザイン学部、デザイン研究科

緑豊かな自然に包まれる芸術の森キャンパスはデザイン学部の拠点。隣接する札幌芸術の森は、約40haの敷地に野外美術館や工房、アトリエなどを有するアートの発信地。 夏にはパシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)野外コンサートも開かれ、未来のクリエーターたちの創造力を大いに刺激することでしょう。近隣にはコンビニエンスストアやレストラン、喫茶店などもあります。


所在地:〒005-0864 札幌市南区芸術の森1丁目
TEL:011-592-2300 FAX:011-592-2369

施設案内図

施設案内図画像

施設紹介

#01誇りを胸に
自身の道を見つけ学ぶ誇りを胸に、毎朝見上げる2つのタワー。芸森キャンパスの象徴的存在です。

芸森キャンパスの象徴的存在、2つのタワーがある風景写真

#02未来を見つめて
学び舎へと続く全長約140mのスカイウエイはギャラリーとしても活用されます。まっすぐに続く道は、学びの先にある未来へとつながっているようです。

学び舎へと続く全長約140mのスカイウエイの写真

#03学びの基盤を作る
講義室は1〜2年次の授業でよく使用される学びの入り口となる場所です。専門的学修を支える基礎をしっかりとつくります。

講義室での授業風景写真

#04創造を刺激する
コンピュータ室やデザイン実習室など、自由に使える創作場所が校内の至るところにあります。何かを生み出す風土と刺激に満ちた大学です。

デザイン実習室で一人、創作に取り組んでいる女学生の写真

#05創り、伝える
広いアトリウムでは創作と発表が一年を通して繰り広げられます。教員や仲間と関わり、創る力と伝える力を高めていきます。

作品が並ぶ広いアトリウムの写真

#06挑戦を支える
多様な設備を備えた工房が、尽きることのないデザイントライアルを支援します。

設備を使用している写真

#07飽くなき探求
ゼミ活動や教員とのディスカッションの拠点です。学びを深め、進むべき道を見つめます。

探求という言葉を象徴するかのようなどこまでも高い天井のイメージ写真

#08心地よい自分の居場所
食堂、ホール、ちょっとした休憩スペースなど、学内のあちこちに、自分の居場所を見つけることができます。

学生の談話する姿が見えるホールの写真

施設ギャラリー

  • 自然の木材の色をそのまま使用した芸術の森キャンパスのアリーナ
    アリーナ