札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

柿山 浩一郎の顔写真

柿山 浩一郎カキヤマ コウイチロウ

所属
デザイン学部
職位
教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

  1. 1976年生
  2. 2003年 日本学術振興会 特別研究員(21COE)
  3. 2005年 筑波大学 大学院 芸術学研究科にて博士(デザイン学)取得
  4. 2005年 静岡産業大学 情報学部 講師
  5. 2008年 札幌市立大学 デザイン学部 講師
  6. 2012年10月 札幌市立大学 デザイン学部 准教授
  7. 2019年4月より現職

教育活動担当科目
デザイン学部
情報製品製図、インタラクションデザイン、製品計画論、プレゼンテーション、プロトタイプシミュレーション2、学部連携演習、デザイン総合実習123、卒業研究

デザイン研究科 デザイン専攻(博士前期課程)
デザイン研究法、製品評価特論、デザイン特別演習、地域プロジェクト演習

デザイン研究科 デザイン専攻(博士後期課程)
横断型連携特別演習、博士デザイン特別演習、博士特別研究1、博士特別研究2、博士特別研究3
研究活動
研究概要
【感性評価】
人間の感性に基づく評価を対象とした、測定手法の提案と有効性の検証

主要論文
  • ・柿山 浩一郎, 多賀 昌江, 城間 祥之, スーディ・神崎 和代「オンラインアンケートを用いた回答者の理解度向上を通した製品設計手法-死産児安置の為の棺の悲しみを癒す要素の解明」日本感性工学会論文誌 Vol.15 No.3 p.337-343(2016)
  • ・ AGE DIFFERENCES IN THE COGNITIVE PROCESS OF SIGN RECOGNITION IN ZOOS:
    A CASE STUDY OF SAPPORO MURAYAMA ZOO
    Koichiro KAKIYAMA, Masayuki SAKAI, Kazuo YOSHIDA, Kayoko KOMIYA, Makoto SUDA, Syunji TAKEMOTO, Satoshi YOSHINO
    International Association of Societies of Design Research 2011 Book of abstracts p46 / CD-ROM 154.pdf
    p.1-p.11(CD-ROM出版)
  • ・Koichiro KAKIYAMA、
    「Evaluation of Lecture Styles in University Education- Report on the Development of a Lecture System based on Evaluation Results」、International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 Abstract + Program、CD-ROM C-2、2007
  • ・柿山 浩一郎、「感性に基づく評価に関する測定手法の有効性」、筑波大学(博士論文)、A4版 全354頁、2005
  • ・柿山浩一郎、原田昭、「鑑賞行動における操作要素と興味度の関係 ~遠隔鑑賞ロボットによる鑑賞実験~」、日本デザイン学会誌 デザイン学研究研究論文集 第50巻第4号 通巻160号、P.61~P.68、2003
  • ・Koichiro KAKIYAHA、Akira HARADA、「The Development of the Measurement Method to Make Relations Between the Chest Movement and the Kansei Clear」、6th Asian Design International Conference Bulletin of the 6th Asian Design Conference Vol.1、CD-ROM - 264、2003


所属学会
日本デザイン学会、日本感性工学会、教育工学会

受賞歴
  • 日本感性工学会 2002年大会 優秀発表賞
  • 平成16年度 筑波大学大学院 博士課程委員会 大学院生優秀論文表彰
  • 日本感性工学会 2006年大会 優秀発表賞
  • 日本デザイン学会 第59回春期大会 グットプレゼンテーション賞

科学研究費補助金(研究代表者)
  • 「感性情報抽出のための計測手法、および、計測時の刺激となるコンテンツの開発」科学研究費補助金 特別研究員奨励費(H15-16)
  • 「多様な学生層への対応が必要な大学全入時代の為の、理解度把握教育手法の開発」科学研究費補助金 (若手研究(B))(H19-20)
  • 「無意識動作で測るポジティブ感・ネガティブ感に関する研究」科学研究費補助金(若手研究(B)) (H26-H27)
専門分野キーワード
感性情報学、感性官能計測・評価、情報プロダクトデザイン、ヒューマンインタフェース、教育工学
地域貢献・社会活動
  • しずおかデジタルコンテンツグランプリ審査員(H17-20)
  • 日本デザイン学会広報委員会幹事(H18-H24)
  • 感性工学と感情研究国際会議2007(KEER2007)
  • 実行委員 広報委員長(H19)
  • 日本感性工学会編集委員会編集委員(H19-現在に至る)
  • NUDA(北のユニバーサルデザイン協議会)企画運営委員(H20-H23)
  • ANBD(Asia Network Beyond Design)理事 札幌事務局(H21-H24)
  • 日本デザイン学会
  • 春季研究発表大会概要集編集委員会 幹事(H24-現在に至る)
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
  • 市立赤平総合病院 医師確保募集ポスター制作事業
  • 北のユニバーサルデザイン協議会(NUDA)サロン ワークショップ
  • ユニヴァーサルデザインフォーラムin札幌 ワークショップ
  • 「UD視点からの図書館サイン計画の研究」におけるサインデザイン
  • フルCGアニメーション「TRAM(トラム)のある札幌の風景」
  • UDに配慮した 北のユニバーサルデザイン協議会 WebSite
  • 琴似再開発地区 自動販売機デザイン
  • 琴似再開発地区 空中歩廊/デジタルサイネージ・サイン計画
  • 琴似再開発地区 SNRサービス検証
主要な講演演題市民向、学術的等
市民向け
  • 「感性工学的アプローチによる魅力ある商品開発」
  • 「Web Siteを用いた販促活動 ~ブログの効果的な利用~」
  • 「人の感性(心)を読めるヒト。それがデザイナ」
  • 「プレゼンテーション基礎セミナー」

学術的
  • 「インタフェースデザインの新しい展開方法」
  • 「情報学・情報デザイン学はどうあるべきか」
将来計画
2008年度より、この札幌市立大学に赴任しました。以下のような項目を今後の研究課題とする計画ですので、お声をかけて頂ければ幸いです。
「感性価値の評価基準構築と、製品デザインプロセスへの適応に関する検討」
「製品・サービス発想における、リアルタイム集団アイデア発想システムの開発」
「教育における学生の理解度把握教育システムの開発」

Profile

Koichiro KAKIYAMA's photograph of face

Koichiro KAKIYAMA

School
School of Design
Status
Professor
Profile

Degree
2005 Ph.D. (Design Study) University of Tsukuba

Educational Background
2005 Doctoral Program in Art and Design at University of Tsukuba

Educational Experience

  • 2005-2007 Senior Assistant Professor, Shizuoka Sangyo University
  • 2008- Senior Assistant Professor, Sapporo City University
  • 2012- Associate Professor, Sapporo City University
  • 2019- Professor, Sapporo City University

Research Activities
  • AGE DIFFERENCES IN THE COGNITIVE PROCESS OF SIGN
    RECOGNITION IN ZOOS:
    A CASE STUDY OF SAPPORO MURAYAMA ZOO
    Koichiro KAKIYAMA, Masayuki SAKAI, Kazuo YOSHIDA, Kayoko
    KOMIYA, Makoto SUDA, Syunji TAKEMOTO, Satoshi YOSHINO
    International Association of Societies of Design Research 2011 Book of abstracts p46 / CD-ROM 154.pdf
    p.1-p.11(CD-ROM)
  • Koichiro KAKIYAMA, 「Evaluation of Lecture Styles in University Education - Report on the Development of a Lecture System based on Evaluation Results」, International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007
    Abstract + Program, CD-ROM C-2, 2007
  • Presentation Award, Japan Society of Kansei Engineering(2006,Japan)
  • Koichiro KAKIYAHA, Akira HARADA, 「The Development of the Measurement
    Method to Make Relations Between the Chest Movement and the Kansei Clear」, 6th Asian Design International Conference Bulletin of the 6th Asian Design Conference Vol.1, CD-ROM - 264, 2003
  • Presentation Award, Japan Society of Kansei Engineering(2002,Japan)
Research Specific Key Words
Kansei informatics, Kansei evaluation, Information Products, User Interface Design, Educational Technology