札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

金子 晋也の顔写真

金子 晋也カネコ シンヤ

所属
デザイン学部
職位
助教
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

1980年生まれ、2004年 琉球大学卒業、2006年 琉球大学博士前期課程修了
2010年 東京工業大学修了 博士(工学)
2010〜2013年 神戸芸術工科大学助手
2013年4月より現職

教育活動担当科目
建築構法、デザイン総合実習、スタートアップ演習
研究活動
主要論文
  • 架構との対応からみた民家再生における意匠表現に関する研究,東京工業大学博士学位論文,2010
  • The characteristics of inner area in refurbished traditional Japanese timber houses, 8th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 2010-11
  • 民家再生における外形と部位の構成からみた外観表現,日本建築学会計画系論文集 75(653), 2010-07, pp1665-1672
  • 民家再生における隣接空間との関係からみた主出入口空間の性格,日本建築学会計画系論文集 75(647) , 2010-01, pp85-92
  • 民家再生における主空間の架構の表現, 日本建築学会計画系論文集73(626), 2008-04, pp757-763

所属学会
日本建築学会
専門分野キーワード
建築意匠
地域貢献・社会活動
日本建築学会 木造建築構法小委員会
将来計画
風土の特性からみた建築意匠論の展開、北海道における木造建築構法に関する研究。
大学内外の交流を促進させるプログラムや地域社会の課題に対して、空間デザインの視点から取り組み、その研究成果を地域社会へ還元するための方法を充実させる。
地域と関わりの深い大学の特徴を生かし、現代社会に適応できるような人材を育成したい。

Profile

Shinya KANEKO's photograph of face

Shinya KANEKO

School
School of Design
Status
Assistant Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

  • 2010:Received Ph.D. (Engineering) from Tokyo Institute of Technology
  • 2010-2013: Assistant., Kobe Design University
  • 2013-: Assistant Professor, Sapporo City University

Research Activities
The characteristics of inner area in refurbished traditional Japanese timber houses, 8th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 2010-11

Facade design in refurbished traditional timber houses of Japan focusing on roof shape and compositions of exterior elements, J.Archit.Plann., AIJ, Vol75, Jul., 2010
Spatial characteristics of the main entrance in refurbished traditional timber houses of Japan focusing on the relationship to the adjacent rooms, J.Archit.Plann., AIJ, Vol75, Jan., 2010 Frameworks Expression of Main Room in Refurbished Traditional Japanese Timber Houses, J.Archit.Plann., AIJ, Vol73, Apr., 2008
Research Specific Key Words
Architectural design