札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

ポリシー

博士前期課程のアドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーについてご紹介しています。

アドミッション・ポリシー

本課程では、広い視野に立って看護学の基盤を学修した個々人の専門性及び学識を深めつつ、看護学の発展、様々な形態での看護の実践及び幅広く地域社会に貢献できる高度で専門的な人材を育成することを目的としています。この目的を達成するために、本課程が求める学生像は次のとおりです。

  1. 看護学の基礎知識と総合的な学力を有し、豊かな人間性と高い探究心を持って、自主的・意欲的に看護実践の向上に寄与できる人
  2. 柔軟で論理的な思考を持って保健・医療・福祉の諸問題に積極的に取り組み、問題解決に向けた研究を遂行できる人
  3. 高い倫理観を有し、地域社会や国際社会に貢献する意志と責任感を持った人

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程では、本課程に掲げる理念・目的のもと教育・研究活動を展開し、目標とする人材を育成するため、以下の方針に基づき教育課程を編成します。

  1. 課程制大学院の趣旨に沿い、教育目的を達成するため必要な授業科目を体系化するとともに、組織的に展開する教育課程とする。
  2. 実践看護学分野と看護マネジメント学分野の2つの分野を設け、卓越した実践能力や統合的な調整能力を育む授業科目を配置する。
  3. 段階的・効率的な学修が可能な配当年次を設定し、基礎的知識から各領域に特化した専門的知識までを一貫して修得できる教育課程とする。
  4. 専門看護師(CNS)コースを設け、専門看護師の育成を目的とする授業科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程では、所定の授業科目を履修し、必要単位を修得すると共に当該専攻、分野および領域等の専門性に応じて求められる下記の能力を有し、修士論文等の審査及び試験に合格した者に学位を授与します。

  1. 高度な臨床看護実践を展開し、リーダーシップを発揮する能力
  2. 倫理的判断に基づき行動し、評価する能力
  3. 看護学の将来を展望し、実践に活用可能な研究を遂行する能力
  4. 地域特性を活かし、課題解決を導く能力