札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

国際交流

海外大学と学術交流及び協力についての協定を結んでいます。

札幌市立大学では海外の大学と提携を結び、学術交流や学生交流を行っています。異なる言語や文化に触れ、国は違えど同じ志をもって学ぶ仲間と出会う経験は、学内では得られない発見や刺激をもたらします。もちろん本学から海外提携校への留学のチャンスもあります。

提携大学の情報はこちら

デザイン

SCU -UL国際ワークショップ

2020年2月14日(金)~ 2020年2月17日(月)提携大学であるラップランド大学と本学の国際共同ワークショップがラップランド大学で開催されました。デザイン学部 金講師引率のもと、デザイン学部の学生3名(芦口瑞歩さん、田美里さん、宮浦志穂さん)が参加し、午前・午後に分けて準備されていたプログラムに沿って、意見交換を交えた制作活動をしました。アトリエ見学や文化視察活動、ワークショップを通して、相互理解を深めるとても貴重な体験となりました。

アトリエ見学
アイディア創出
制作過程
デザイン

「SCU-PNCA 異文化理解と制作活動を通じた国際交流ワークショップ」 成果展

ポートランド国際交流事業の成果展のご案内・ご報告です。2019年9月に札幌市立大学デザイン学部の学生(青木 光さん、及川 紗良さん、河波 百伽さん、髙田 若葉さん、いずれもデザイン学部3年生)が、提携校であるPNCA(Pacific Northwest College of Art;アメリカ・ポートランド)を訪問し、ポートランドの文化についての取材、及び交流活動を行いました。取材活動に基づく成果物を、チ・カ・ホ北2条広場のデジタルサイネージでご覧いただけますので、現地を通られる際には是非ご観覧ください。

番組タイトル:「knock knock Portland – 私たちが見たポートランドの日常」
日時:2020年2月29日〜3月31日の期間。毎時決まった時刻。放映時間については、下記Sapporo North2公式HPの番組表を参考にされてください。
http://www.sapporo-north2.com/

また、作品放映に先立つ2020年2月27日、28日には、チ・カ・ホ 北2条広場にて、交流事業参加学生が展示紹介を行いました。本事業に助成金を頂いた在札幌米国総領事館より、総領事のアンドリュー・リー氏と職員の牛丸由恵氏が現地にお越しくださり、学生作品を丁寧に観覧して頂きました。

展示メインビジュアル デザイン:髙田 若葉さん(デザイン学部3年)
在札幌米国総領事館 総領事 アンドリュー・リー氏に観覧して頂きました
北2条広場での展示の様子
新着情報

「SCU-PNCA 異文化理解と制作活動を通じた国際交流ワークショップ」について在日米国大使館公使に報告しました(10/24)

この度、提携校のPNCA(Pacific Northwest College of Art;アメリカ・ポートランド)を訪問(9/12-19)し、実施した国際交流ワークショップ(引率:須之内講師、石田講師)に対して、アメリカ政府の助成金を受けました。
ついては、参加学生4名から直接話を聞きたいと10月24日に、広報文化交流を担当しているC.グラスマン在日米国大使館公使、R.イングラッシア在札幌米国総領事館領事ならびに情報資料補佐官が来学しました。
報告者の青木 光さん、及川 紗良さん、河波 百伽さん、髙田 若葉さん(デザイン学部3年)は、取りまとめを見せながら、英語で報告をしました。
それぞれのユニークな視点からの調査ならびにその調査結果の中間報告を聞き、公使たちは2020年3月に予定されている地下歩行空間での成果発表が楽しみであると喜んでいました。

新着情報

台中科技大学(台湾)に学生を派遣しました。

2019年9月15日(日)~2019年9月19日(木)の日程で、提携大学である国立台中科技大学(台湾)への派遣プログラムとして、看護学部教授・菊地ひろみ引率のもと、看護学部3年生2名、1年生3名の計5名が、国立台中科技大学中護健康學院(看護学部)を訪問しました。台中科技大学への派遣プログラムは今年からスタートし、授業見学、施設見学、学生交流など充実したプログラムで、内容の濃い5日間でした。異なる言葉・歴史・文化をもつ海外の大学での学修体験は、学生の視野が広がる絶好の機会になりました。

台中科技大学前にて

学生相互交流

新着情報

承徳医学院(中国)に学生を派遣しました。

2019年9月17日(火)~9月23日(月)提携大学である承徳医学院の短期派遣プログラムに、看護学部 卯野木教授引率のもと、大学院生(博士前期課程)4名が参加しました。承徳医学院の学生との文化交流、大学院生や教員との研究に関する交流を行いました。本学の大学院生はそれぞれの研究計画に関して発表を行い、また、承徳医学院の大学院生も関心分野に関してプレゼンテーションを行い、お互いの研究活動に関して活発な意見交換が行われました。その他、大学教育に関する意見交換や病院見学、文化交流を通して、相互理解が深まり、とても貴重な体験となりました。

承徳医学院前にて
新着情報

アメリカ・サバナ州立大学関係者が本学を視察しました(6/3)

本学のメディア・デザインに関心を持ったサバナ州立大学学生11名、教員1名、引率1名計13名が、夏のプロジェクト学習の一環で、本学を訪問しました。最初に、クローバーホールにて本学学生と交流しながら昼食を取った後、若林教授の「ビジュアライゼーション」を見学。その後、須之内講師が本学紹介ならびに昨年度実施したアメリカの大学との交流成果の本学学生の作品を紹介しました。本学の施設及び教育内容は来学した学生たちにとって、印象深いものとなったようです。