札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

小林 重人の顔写真

小林 重人コバヤシ シゲト

所属
デザイン学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

  • 1979年 札幌生まれ
  • 2010年 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 博士後期課程修了 博士(知識科学)
  • 2009-2010年 日本学術振興会特別研究員(DC/PD)
  • 2010年 トリノ大学経済学部客員研究員(日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業)
  • 2011-2018年 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 助教
  • 2018-2019年 北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 講師
  • 2018年-現在 専修大学 デジタルコミュニティ通貨コンソーシアムラボラトリー 研究員
  • 2019年-現在 札幌市立大学 デザイン学部 准教授

教育活動担当科目
地域ブランド構築特論,デザイン特論,メディア社会論,地域ブランド構築,デザイン研究法(人間空間デザイン),デザイン総合実習24(地域コミュニケーション・総合),卒業研究,スタートアップ演習,フィールドスタディ,学部連携演習,人間空間デザイン論
研究活動

【著書】

  • ●Kobayashi, S. & Yoshida, M., How can we ensure middle school students acquire economic thinking? -Developing and evaluating an analog game involving smartphones simulated with LEGO® blocks, In: Hamada, R. et al. (Eds) Neo Simulation and Gaming Toward Active Learning, Springer, pp. 147-156, 2019.
  • ●小林重人,橋本 敬,西部 忠,「ブラジル・フォルタレザのパルマス:制度生態系としてのコミュニティバンクと住民組織」,『地域通貨によるコミュニティ・ドック』,第6章,西部 忠 編著,専修大学出版局,pp. 226-245, 2018.
  • ●Kobayashi, S., Hashimoto, T., Kurita, K., & Nishibe, M., Relationship between people’s money consciousness and circulation of community currency. In Gomez, G. (Ed.) Monetary Plurality in Local, Regional and Global Economies, Routledge, pp. 224-242, 2018.
  • ●小林重人,橋本 敬,「複製子と相互作用子による制度進化の記述-サーキットブレーカーを例として」,第3章1節,『進化経済学 基礎』,江頭 進・澤邊紀生・橋本 敬・西部 忠・吉田雅明 編,日本経済評論社, pp. 37-45, 2010.

【主要論文】

  • ●Kobayashi, S., Miyazaki, Y., & Yoshida, M., Historical transition of community currencies in Japan, International Journal of Community Currency Research, Vol. 24 (Winter), Issue 1, pp. 1-10, 2020.
  • ●吉田昌幸,小林重人,「スマホ製造ゲームを使った機会費用の学習:中高生を対象とした実践を通じて」,『経済教育』,No. 37, pp. 48-52, 2018.
  • ●Yoshida, M.* & Kobayashi, S.*, Using simulation and gaming to design a community currency system, International Journal of Community Currency Research, Vol. 22 (Winter), Issue 1, pp. 132-144, 2018. (*equal contribution)
  • ●小林重人,「持続的なボランティア活動と地域団体間の連帯を促進するための地域通貨-同一地域で実践された2つの地域通貨の比較から-」,『地域活性研究』,Vol. 8, 2017.
  • ●小林重人,「サードプレイスにおける利用者の多様性とコミュニケーションが生み出すもの」,『建築と社会』,Vol. 97, No. 1137, pp. 20-21, 2016.
  • ●吉田昌幸,小林重人,「地域通貨の発行形態に応じた利用者の意識・行動分析-ゲーミング・シミュレーションを用いた検討-」,『経済社会学会年報』,Vol. 38, pp. 144-160, 2016.
  • ●山田広明,小林重人,「個人志向と社会志向が共存するサードプレイスの形成メカニズムの研究」,『情報処理学会論文誌』, Vol. 57, No. 3, pp. 897-909, 2016.
  • ●小林重人,山田広明,「サードプレイスにおける経験がもたらす地域愛着と協力意向の形成」,『地域活性研究』,Vol. 6, pp. 1-10, 2015.
  • ●吉田昌幸*,小林重人*,「地域通貨使用経験がもたらす行動・意識の変容-ゲーミング・シミュレーションを用いた検討-」,『経済社会学会年報』,Vol. 36, pp. 67-80, 2014. (*equal contribution)
  • ●小林重人,山田広明,「マイプレイス志向と交流志向が共存するサードプレイス形成モデルの研究-石川県能美市の非常設型「ひょっこりカフェ」を事例として-」,『地域活性研究』,Vol. 5, pp. 3-12, 2014.
  • ●小林重人,吉田昌幸,橋本 敬,「ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討」,『シミュレーション&ゲーミング』,Vol. 23, No. 2, pp. 1-11, 2013.
  • ●Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Benefits and limits of circuit breaker-Institutional design using artificial futures market-, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 2, pp. 355-372, 2011.
  • ●Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of Institutional Evolution in Circuit Breakers Using the Concepts of Replicator and Interactor, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 1, pp. 101-112, 2010.

【受賞歴】

  • ●2019年度(第4回)進化経済学会賞,2020年5月
  • ●第9回 知識共創フォーラム 萌芽研究賞,2019年3月
  • ●ISAGA 2018 Best Poster Award, 49th International Simulation and Gaming Association Conference (ISAGA), 2018年7月
  • ●第3回 市民共創知研究会 ベストペーパー賞,人工知能学会,2017年12月
  • ●2017年度(第22回)日本シミュレーション&ゲーミング学会 論文賞,2017年11月
  • ●第6回 未来教育研究所研究助成 優良賞,2016年10月
  • ●第12回 金融教育に関する小論文・実践報告コンクール(実践報告部門) 優秀賞,金融広報中央委員会,2015年12月
  • ●第2回 知識共創フォーラム 共創賞,2012年11月
  • ●第1回 FOST熊田賞,科学技術融合振興財団(FOST),2009年3月
専門分野キーワード
社会デザイン,制度設計,進化経済学,複雑系科学,知識科学
地域貢献・社会活動
  • ●一般社団法人専修大学デジタルコミュニティ通貨コンソーシアムラボラトリー,理事,2019年6月-現在
  • ●日本シミュレーション&ゲーミング学会,理事,2019年6月-現在
  • ●能美市 平成30年度行政評価,外部評価委員,2018年度
  • ●石川県立羽咋高等学校,クリエイティブ・アドバイザー,2017年度
  • ●白山ろく将来ビジョン策定委員会,委員,白山ろく里山活性化協議会,2015年10月-2016年3月
  • ●能美のあんやと券の会,アドバイザー,2015年7月-現在
  • ●能美市 第3の生活拠点創出事業成果検証委員会,座長,2013年6月-2014年3月
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
  • ●原子炉施設廃止措置の知識体系化に関する研究,研究アドバイザー,2018年8月-2019年3月.(日本原子力研究開発機構 敦賀廃止措置実証部門との共同研究)
  • ●北陸地域づくり協会 「新・買い物弱者支援システム:安心ネットワークの可能性調査・研究」研究会,アドバイザー,2014年4月-2015年3月
主要な講演演題市民向、学術的等

【小・中学生向け授業】

  • ●カードゲームで学ぶお金のしくみ

【中・高校生向け授業】

  • ●レゴブロックで学ぶ社会で立つ経済学

【一般向け】

  • ●仮想通貨って何だろう?~仮想地域通貨の可能性~
  • ●お金の正体を知る?マネーダイバーシティのお話
  • ●21世紀における日本の地域通貨の変化
  • ●ミヒャエル・エンデのモモに学ぶ これからの生き方
  • ●お金を超えて-幸せはどこからやってくるのか

【学術的な講演】

  • ●地域コミュニティへの愛着と貢献意識を高める手作りの仕組み
  • ●ブラジル・パルマス銀行の試みにみる地域通貨流通の要因と発行・流通の設計方法
  • ●デジタルマネーは社会を変えるか?

【専門職向け】

  • ●農とコミュニティを繋ぐ地域通貨
  • ●「メイキング」を取り入れた中学校社会科授業の実践
  • ●シビックテックによる共創社会の実現と課題

その他,ゲーミングを用いたワークショップ及びファシリテーターの経験多数あり

将来計画
持続可能な社会システムを形成するためのソーシャルデザインに関する研究を行っていきます。とりわけ自分たちが望む暮らしのために自分たちでつくる制度や仕組みを研究対象とすることで、ソーシャルデザインによる人々の認知や行動(ミクロ)への影響,それに伴う社会的帰結(マクロ)の変化について理論・実践の両面から明らかにしていきます。

Profile

Shigeto KOBAYASHI's photograph of face

Shigeto KOBAYASHI

School
School of Design
Graduate School of Design
Status
Associate Professor
Profile

Degree

  • Ph.D. in Knowledge Science (Japan Advanced Institute of Science and Technology)

Educational Background

  • 2006 – 2010 School of Knowledge Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
 

Research and Professional Experience

  • 2009–2011 Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
  • 2010 Visiting Researcher, Department of Economics and Finance, University of Torino
  • 2011–2018 Assistant Professor, School of Knowledge Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
  • 2018–2019 Senior Lecturer, School of Knowledge Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
  • 2019–present Associate Professor, School of Design, Sapporo City University

Research Activities

In a dynamic social environment, social institutions often change through the interaction loop between the micro level—consisting of individuals’ behavior and cognition—and the macro level—as a social consequence of such behavior and cognition. We are studying institutional design to form a sustainable social system, principally targeting institutions that people create to better our lives. We are trying to clarify how social institutions and norms are actually created and how social structures function as a result of the interaction between social institutions: both micro and macro level.

【Books】

  • ●Kobayashi, S. & Yoshida, M., How can we ensure middle school students acquire economic thinking? :Developing and evaluating an analog game involving smartphones simulated with LEGO blocks, Neo Simulation and Gaming Toward Active Learning, Springer, 2019.
  • ●Kobayashi, S., Hashimoto, T., Kurita, K., & Nishibe, M., Relationship between people’s money consciousness and circulation of community currency. In Gomez, G. (Ed.) Monetary Plurality in Local, Regional and Global Economies, Routledge, pp. 224-242, 2018.

【Papers】

  • ●Kobayashi, S., Miyazaki, Y., & Yoshida, M., Historical transition of community currencies in Japan, International Journal of Community Currency Research, Vol. 24 (Winter), Issue 1, pp. 1-10, 2020.
  • ●Yoshida, M.* & Kobayashi, S.*, Using simulation and gaming to design a community currency system, International Journal of Community Currency Research, Vol. 22 (Winter), Issue 1, pp. 132-144, 2018. (*equal contribution)
  • ●Kobayashi, S. & Yoshida, M., How can we ensure middle school students acquire economic thinking? Developing and evaluating an analog game involving smartphones simulated with LEGO blocks, Proc. 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association, pp. 294-301, 2018.
  • ●Kobayashi, S., Miyazaki, Y., & Yoshida, M., Historical transition of community currencies in Japan, Proc. the 4th International Conference on Social and Complementary Currencies, 9pp, 2017.
  • ●Yamada, H. & Kobayashi, S., Agent-based simulation of formation of local third place, Proc. the 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 25-29, 2015.
  • ●Kobayashi, S., Hashimoto, T., Kurita, K., & Nishibe, M., Correlation between currency consciousness among participants of community currency and its circulation,Proc. the 2nd International Conference on Complementary Currency Systems, 12pp , 2013.
  • ●Kobayashi, S., Takahashi, Y., & Hashimoto, T., Circulation mechanism of community currency in hilly and mountainous area: An agent-based simulation study, Proc. the 8th Conference of the European Social Simulation Association, pp. 169-174, 2012.
  • ●Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Benefits and limits of circuit breaker-Institutional design using artificial futures market-, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 2, pp. 355-372, 2011.
  • ●Kobayashi, S. & Hashimoto, T., Analysis of institutional evolution in circuit breakers using the concepts of replicator and interactor, Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 7, No. 1, pp. 101-112, 2010.
Research Specific Key Words
Social Design, Evolutionary Economics, Complex Systems, Third Place, Fintech, Civic Technology, Game Design, Educational Design