札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

プロフィール

丸山 洋平の顔写真

丸山 洋平マルヤマ ヨウヘイ

所属
デザイン学部
職位
准教授
略歴(生年、最終学歴、学位、職歴、教育歴)

生年
1983年

学歴
  • 2006年 慶應義塾大学総合政策学部 卒業
  • 2008年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程 修了(修士(政策・メディア))
  • 2012年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程 単位取得退学

学位
  • 博士(学術)(2013年、慶應義塾大学)

職歴・教育歴
  • 2009~2011年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2012~2015年 新宿区新宿自治創造研究所 非常勤研究員
  • 2013~2015年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教
  • 2013~2015年 公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構 客員研究員
  • 2015~2018年 福井県立大学地域経済研究所 特命講師
  • 2018年より現職

教育活動担当科目
前期
スタートアップ演習、家族社会学、札幌を学ぶ、少子高齢社会特論
後期
現代社会と家族、統計の世界(デザイン3年)、統計の世界(看護1年)
研究活動
研究概要
  • 1) 人口移動と家族変動との関連性に関する研究
  • 2) 地域人口の居住構造に関する研究
  • 3) 将来人口・世帯推計に関する研究

主要業績
【著書】
  • ・ 「人口変動と地方創生―北陸、地方圏と都市圏の比較分析から―」,丸屋豊二郎他編著,2017,『北陸地方創生と国際化・イノベーション』日本評論社,pp.17-40.(共著・分担執筆)
  • ・ 『戦後日本の人口移動と家族変動』,2018,文真堂(単著)
  • ・ 「政策形成に寄与する将来人口推計とは―新宿区を事例として―」,金安岩男・牧瀬稔編著,2019,『都市・地域政策研究の現在』,一般財団法人地域政策研究所,pp189-202.(共著・分担執筆)

【論文】
  • ・ 「潜在的他出者仮説の再検討―地域的差異とコーホート間差異に着目して―」(共著)『人口学研究』第42号,pp.1-19.(2008)
  • ・ ”Migration Structure of Fertility Decline Age in Japan -Changes in Woman’s Migration and Marriage Behavior-” Proceedings of the 15th Inter-University Seminar on Asian Mega-cities,C3-02,pp.1-10.(2010)
  • ・ ”Late-marriage and migration of the generation born after the 1960s‐Marriage behavior of women migrants to the Tokyo region‐” Proceedings of the 3rd Next-Generation Global Workshop Migration: Global Reconstruction of Intimate and Public Spheres,pp.14-31.(2011)
  • ・ 「東京圏への人口移動と晩婚化:1940~80年代女性コーホートの比較分析」『人文地理』第64巻第4号,pp.350-365.(2012)
  • ・ 「将来の住宅供給を考慮した地域人口推計手法」(共著)『都市計画論文集』Vol.48 No.3,pp.897-902.(2013)
  • ・ 「家族・世帯属性による高齢者の居住状態の将来見通し」公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構編『2020年代以降の超高齢社会における社会保障制度のあり方に関する研究』,pp13-31.(2015)
  • ・ 「合計調整が都道府県別将来人口推計結果に与える影響」『人口学研究』第51号,pp.19-31.(2015)
  • ・ 「福井県の高齢者の居住状態―世帯の家族類型と子どもとの同別居に着目して―」『ふくい地域経済』第21号,pp.81-95.(2015)
  • ・ 「コーホート別人口分布に着目した将来人口推計手法の地方圏への適用可能性の検討」『第27回日本都市計画学会中部支部研究発表会論文・報告集』,pp.39-42.(2016)
  • ・ 「北陸地域の出生力較差の要因分析」『ふくい地域経済』第23号,p.37-53. (2016)
  • ・ 「地域人口推計を用いた住宅所有関係別将来住宅ストックの推計」(共著)『都市計画論文集』Vol.51 No.3,pp.847-853.(2016)
  • ・ 「北陸地方の一人当たりGDP成長のための視点―要因分解による地域間比較―」(共著)『ふくい地域経済』第24号,pp.15-28.(2017)
  • ・ “A Study on Future Population in Disaster Reconstruction Plan in Population Decline Era”, (共著)Proceedings of Asian-Pacific Planning Societies 2017, No.054.
  • ・ 「北陸地方の人口移動分析-転入と転出の県間差異-」『福井県立大学論集』第49号,pp.59-79.(2017)
  • ・ 「人口移動経験が生きづらさに与える影響の考察―地理空間情報の活用―」『「よりそいホットライン」平成29年度報告書』,pp.222-234.(2019)

所属学会
日本人口学会、日本家族社会学会、経済統計学会、人文地理学会、日本地理学会、日本都市計画学会、人口学研究会
専門分野キーワード
人口移動、家族変動、少子高齢化、人口減少、将来人口・世帯推計
地域貢献・社会活動
  • 一般社団法人政策人口研究所客員研究員
  • 新宿区新宿自治創造研究所研究アドバイザー
  • 国立社会保障・人口問題研究所外部委員
  • 人口学研究会総務幹事
産学連携プロジェクト等既存のプロジェクト等
  • 神奈川県人口推計・分析共同研究会(2005年度~)
  • 福井県高浜町の人口動態分析と将来人口推計(2018年度)
主要な講演演題市民向、学術的等
【学術的】
  • ・ “Cohort Analysis of Population Distribution Change in Japan focusing on Processes of Population Concentration to the Tokyo Region”,共同報告(Moriyuki OE),9th International Conference on Population Geographies(2017年6月)
  • ・ “A Study on Future Population in Disaster Reconstruction Plan in population decline era”,共同報告(Tsubasa YOSHITSUGU, Moriyuki OE),Asian-Pacific Planning Societies 2017(2017年8月)
  • ・ 「東日本大震災による外国人の国内人口分布変動の考察」,単独報告,人口学研究会第598回定例会(2017年10月)
  • ・ 「不詳が少ない住宅所有関係データの精度の関する考察」,単独報告,日本人口学会第70回大会(2018年6月)
  • ・ 「子世代の人口移動が親子同居率の地域的差異に与える影響」,単独報告,日本人口学会第71回大会,2019年6月1日,於香川大学
  • ・ ‘Substantive Regional Differences of Parent–Child Co-Residence in Japan -Considered with the Influence of Migration-’, 単独報告, 10th International Conference on Population Geographies, Loughborough University (2019年7月)


【公開講座等】
  • ・ 「春日部市はなくなってしまうのか ~推計人口の意味を正しく理解するために~」,春日部市平成26年度第3回実践型政策形成能力向上研修有識者講演
  • ・ 「人口推計の手法および推計結果の応用例について」,福井県平成29年度地域人口の推計・分析に関する研修会
  • ・ 「地域人口の推計・分析に関するExcelを用いたデータ演習」,福井県平成29年度地域人口の推計・分析に関する研修会
  • ・ 「孤立的高齢世帯の分析における不詳の扱いについて」,神奈川県平成29年度地域人口研究会
  • ・ 「人口減少社会の家族変動~札幌市の将来像は?~」,札幌市立大学公開講座
  • ・ 「札幌市立大学専門セミナー『将来人口推計をどう行い、どう使うか』」,札幌市立大学公開講座
将来計画
少子高齢化と人口減少が地域差を伴って進行していく日本社会において、人口移動と家族形成行動との関係がどのように変化するか、それがどのような地域差として表出するかということを明らかにしたい。また、北海道内の人口分布変動メカニズムについて、各地方自治体と協力して分析したい。

Profile

Yohei MARUYAMA's photograph of face

Yohei MARUYAMA

School
School of Design
Status
Associate Professor
E-mail
Send Message
URL
-
Profile

Degree
Ph.D. Keio University (2013)

Educational Background
  • 2006 Faculty of Policy Management, Keio University
  • 2008 Graduate School of Media and Governance Master’s Program, Keio University
  • 2012 Graduate School of Media and Governance Doctoral Program, Keio University
  • (coursework completed without degree)

Educational Experience
  • 2012-2015 Researcher (part-time), Shinjuku Institute for Policy Studies at Shinjuku City
  • 2013-2015 Project Research Associate, Keio University
  • 2013-2015 Visiting Researcher, Research Institute for Policies on Pension & Aging
  • 2015-2018 Specially Appointed Assistant Professor, Fukui Prefectural University
  • 2018- Associate Professor, Sapporo City University

Research Activities
Area of Research
  • 1) Relationship between Migration and Family Formation
  • 2) Regional Housing Demography
  • 3) Method of Projection of Population and Household
Research Specific Key Words
Regional Population Study, Family Sociology, Human Geography, Relationship between Migration and Family Formation, Projection of Population and Household